雑誌「POPEYE」が教える“『スター・ウォーズ』祭り”への準備 5段階

2015.5.9 (土) 13:28

シェア
新たな3部作の幕開けに向けて…/(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

新たな3部作の幕開けに向けて…/(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

流行に敏感なシティボーイに向けた雑誌「POPEYE」が、5月9日(土)発売号でお送りしている映画特集「僕の好きな映画。」。ここでの『スター・ウォーズ』の扱い方が秀逸だったのでご紹介したい。その内容はこうだ。

【その1】今まで公開された6作品をつなげた全体のあらすじ
【その2】『スター・ウォーズ』を知らないライターが、2ページにわたってフィーバーぶりを調査
【その3】『映画秘宝』アート・ディレクターの高橋ヨシキ氏が語る各話のツボ
【その4】ラッパーのダースレイダー氏によるツッコミ
【その5】『スター・ウォーズ』を身近な世界に置き換えてみよう

この特集の前提としてまず、『スター・ウォーズ』(以下SW)とはなんぞや? を知る必要がある。そこで導入の【その1】で「遠い昔、はるか彼方の銀河系で……」から始まるお話のあらすじ(ネタバレあり)をひとつなぎにして教えてくれる。つまるところ、“3分で分る『SW』”といったところか。

ひと通りの概要を叩き込んだところで、『SW』を知らないライターによる2Pの特集。これはこのページが完成するまでのドキュメンタリーなのだが、ここは文章よりも写真に価値がある。『SW』プチ資料館的存在だ。

貴重な写真がこれでもかとばかりに掲載

貴重な写真がこれでもかとばかりに掲載

次にやってくるのは『スター・ウォーズ』好きの高橋ヨシキ&ダースレイダー両氏による愛のあふれる原稿。二人とも「遠い昔、はるか彼方の銀河系で……」から書き始めるあたりからも熱狂っぷりがわかる。

しかも、高橋氏が語るツボというのが、各6作の話の面白さよりも「ヨーダもここでパペットからCGになって…」とかそういった話がメイン。さすがというべきか、ファン目線というよりも業界目線なのである。その高橋氏と対照的なダースレイダー氏は「映画観てて思うんだけど、いっつもピンチなジェダイの騎士って本当に強いの?」など自由気ままにツッコミ。

この2人を見ているだけでも、人が思う『SW』愛っていろんな形があるんだなと。【その2】で『SW』を知らないライターが「前から感じていたけどSWファンって何かアツいんだよなあ。あのアツさは一体何なんだ?」とこぼすのもわからなくない。

「シティボーイ」=つまり「師弟(シテイ)」ボーイ?

ここまでで『SW』のほぼ大枠は分かった。しかし、そこまで映画に詳しくない人にいかにわかりやすく『SW』の面白さを伝えるのがPOPEYE流!? ということで最後に登場するのは「師弟ボーイならこうするネ!」である。その理論は「『SW』って、POPEYE読者にピッタリの映画。『SW』は師弟関係も一つのテーマ。そして読者はシティボーイ…あ、シテイボーイズじゃない??」らしい。

身近で例えるとこれほど親近感が湧くとは!

身近で例えるとこれほど親近感が湧くとは!

ちなみに、「スター・ウォーズを身近に感じよう!」との言葉に偽りなし。例えば、女子高生のギャルは「C-3PO」を金色のアイツではなく地井武男の「ちい散歩」という意味で使うとか、「南海キャンディーズの山ちゃんはフォースの力でダイエットに成功した」「新三部作(I~III)、旧三部作(IV~VI)、最新の三部作(VII~XI)の関係を若い女の子に説明するときは、EXILE TRIBEに置き換えるといい」といったライトなところから、高橋ジョージやASKAをイジったようなきわどいところをついているものまで幅広く置換。

ロボット界の助さん格さん(※勝手に命名)ことC-3PO(左)とR2-D2(右)

ロボット界の助さん格さん(※勝手に命名)ことC-3PO(左)とR2-D2(右)

芸能界に『SW』を置き換えたこの記事、漫才を観ているような感覚で最後の最後までグイグイ引きこまれていく。記事中に書かれたイラストがまた秀逸で、文章と組み合わせるとそれこそニヤニヤが止まらないのである。結果、置換が多すぎて『SW』よりも芸能に詳しくなる…というのは冗談だが正直見事としか言い様がない。

そして当たり前だけど『SW』以外にもギッシリ「映画」が詰まったPOPEYEの映画特集号「僕の好きな映画。」は絶賛発売中なのでお忘れなく!(※TSUTAYA 店頭で購入するとTポイントが10倍です!!)

→Special特集「POPEYE 僕の好きな映画。」

POPEYE 6月号

POPEYE 6月号
2015年5月9日(土)発売

映画特集って、なんとなくいつも上から目線じゃありませんか? あの感じは、とにかく嫌だ。ポパイが作る映画特集は、下から目線。「最近映画観ていないなー」というあなたのために、面白そうな映画の話をしようじゃないか。

POPEYE(マガジンワールド)


★「STAR WARS READY FOR NEW ADVENTURE」特設サイト
└最新情報発信中


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 スタバ新作「ほうじ茶 クリーム フラペチーノ with キャラメルソース」9月15日から
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)