スペインの盆栽ブームの仕掛け人は、なんと◯◯◯! 『Discover Japan』6月号はボタニカルライフ特集

2015.5.14 (木) 17:02

シェア

「草木」を通して、日本の良さを確認する『Discover Japan』6月号

毎月、色々な切り口で日本の魅力を再発見していく雑誌『Discover Japan』(エイ出版社)。5月7日(木)発売の6月号は、「草花生活 日常を潤すBotanical Life」と題して盆栽や生け花、鉢植えからフラワーアレンジまで様々な植物にフィーチャーしている。


盆栽好きに悪い人はいない……のか?

  

『Discover Japan』によると、いまスペインで盆栽がブームらしい。火付け役は、なんと元首相なのだとか! フェリペ・ゴンザレス首相(1982~96年就任)は、85年に日本を公式訪問した際、夫人に盆栽が贈られたことをきっかけに夢中になり、「ボンサイ首相」と呼ばれるまでに。

見開きで紹介されているマドリードのアトチャ駅は、植物園の様に数十メートルはあるであろう木々が生い茂って、人間がまるでミニチュアだ。ところが次のページでは、盆栽を手に微笑むスペインの人々が写され、急な双方の立場の逆転に植物の不思議を感じる。

彼らは「生きる彫刻」だとか「アート」という言葉を用いて、盆栽への愛を表現している。異国の方々がはるかに盆栽について詳しいというのが何とももどかしいが、盆栽好きというだけで良い人に見えてしまうから不思議だ。


F.L.ライトの名建築を舞台に、名手ふたりがコラボ!

一方、「日本人だって負けちゃいません!」とばかりに、世界中を駆け回るプラントハンター・西畠清順さんが見つけた花々と、慈照寺(銀閣寺)の初代花方を努めた後、花士(はなのふ:草木に仕える人)として活躍する珠寳(しゅほう)さんが紙面でコラボ。芦屋にあるF.L.ライト設計の名建築「ヨドコウ迎賓館」を舞台に、アフリカや中南米など世界の花々を使用した繊細でたおやかな生け花は必見だ。生け花の作法や、「花」にまつわる逸話も心憎い。

プロダクトデザイナーと盆栽家のコラボも面白く、色んなアイデアが交差して、最終的には腕に巻きつける盆栽まで! 盆栽って何でもありなんだな……と、その自由っぷりに恐れ入る。

第二特集は、今すぐビールが飲みたくなる「涼しいグラス」

ひとしきり草木を愛でた後は、第二特集の「夏の支度をはじめませんか? 涼しいグラス」と題されたグラスの特集に目がいく。今年の夏は、光をかすかに反射するグラスの美しさにうっとりしつつ、冷えたビールを飲みながら青々と茂った植物たちを愛でたいものだ。

『Discover Japan』公式サイト

◆『Discover Japan』購入ページ

『Discover Japan』最新号・バックナンバー


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

『スッキリ』で紹介された赤ちゃんのための絵本『うるしー』『もいもい』って? 【2018年3月8日放送】

  1. No.1 『スッキリ』で紹介された赤ちゃんのための絵本『うるしー』『もいもい』って? 【2018年3月8日放送】
  2. No.2 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 レンタル邸宅「THE HOUSE」5施設が今夏オープン。5月22日から予約開始

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)