「今」を見るならインディペンデント誌に注目! 世界の「雑誌」を読み解く『QUOTATION』の雑誌特集

2015.6.14 (日) 12:33

シェア

かつて、雑誌が勢いのあった時代には、『STUDIO VOICE』などの雑誌で不定期に雑誌特集が組まれていた。雑誌による雑誌特集は、その時代の流行、カルチャー、価値観などを切り取った、雑誌好きのみならず必見の特集であった。

時代は移り、出版不況と呼ばれて久しい昨今、雑誌特集を見かけることも少なくなった。そんな中発売された『QUOTATION』No.21の「THE MAGAZINE ISSUE」は、いまの時代だからこそできる雑誌特集だ。

さまざまな立場の人が語る、世界の雑誌の現在地

世界のクリエイティブ・ジャーナル誌『QUOTATION』は、ファッション特集、写真特集などエッジーなクリエイティブの特集で定評のある雑誌。今回の雑誌特集では、海外を中心に新しいスタイルのインディペンデントマガジンを多数紹介し、世界というフィールドでの雑誌の現在地を切り取っている。この特集について、代官山 蔦屋書店の雑誌コンシェルジュ・谷口貴美代氏はこのように話す。

「『QUOTATION』の雑誌特集は、最新の雑誌の集大成という感じですね。最近、ほかの雑誌でも雑誌特集ってなかったので興味深いですね。特に、洋雑誌の情報が特集されているのは貴重だと思います。あと、作る立場の人、売る立場の人、デザイナーなど、いろいろな立場の人のインタビューが載っているのがおもしろいですよね。

私も僭越ながらインタビューをしていただいて、代官山 蔦屋書店として、雑誌の魅力や売り方などをお話しています。そして、おすすめの雑誌10冊をご紹介しているのですが、おすすめした『MOOD』『NOT TODAY』などの編集長を取材して、より雑誌のことを掘り下げているので、特集として立体的になっています」

ビジネスとしてのインディペンデントマガジン

本誌は、インディペンデントマガジンを、デザインやビジネスなどの観点からも切り取っているのが興味深い。

「『QUOTATION』の編集長はエディトリアルデザインに注目していましたね。他の人も多くデザイン面に触れています。あとは、ビジネスとしてどう成立させていくか、評価はどうなっていくかなど、今後の雑誌業界はどうなると思うかをインタビューしていて興味深いですね。

今はメジャー誌よりインディペンデントな雑誌のほうが元気がいいし、それぞれの規模でビジネスとして成立しているのがおもしろいと思うんです。やはりインディペンデント誌は値段も高いんですよ。ただ、では値段に関係なく売れるんですよね。雑誌の値段についてどう思うかという質問を受けたんですが、代官山 蔦屋書店に限るかもしれませんが、結果的にいいものを作るとなればお金がかかると思うので、価格もそれなりの値段がする。ただ、それでも売れるので、やりたいことでお金がかかるのであれば、それは貫いて堂々としているほうが成功すると思っています」


現在から未来に向けて、雑誌の価値はどのように変化していくのだろうか。雑誌のみならず社会全体が二極化している昨今、『QUOTATION』の「THE MAGAZINE ISSUE」からは、雑誌のみならず、いまという時代にものづくりをする上でのヒントを見出すことができるかもしれない。

(文:岡崎咲子)

QUOTATION magazine.jp

◆『QUOTATION』購入ページ

最新号・バックナンバー

【代官山 蔦屋書店】
雑誌コンシェルジュ 谷口貴美代 氏

六本木ヒルズのTSUTAYA TOKYO ROPPONGIのオープンに携わり、その後、代官山 蔦屋書店の企画段階から関わる。現在は同店のチーフコンシェルジュ兼雑誌コンシェルジュ。国内外の雑誌2,300タイトルが55mに及び並ぶマガジンストリートを統括している。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)