文芸誌『MONKEY』で小沢健二と松本大洋が16年ぶりのコラボ! テーマは「音楽の聞こえる話」

2015.6.22 (月) 11:26

シェア

『MONKEY』Vol.6 2015年6月15日発売号

翻訳家で、アメリカ文学研究者の柴田元幸が責任編集をつとめる文芸誌『MONKEY』(スイッチ・パブリッシング)vol.6が、6月15日に発売。「音楽の聞こえる話」という特集で、小川洋子柴崎友香小山田浩子穂村弘松田青子ら気鋭の作家11名が「音楽」をテーマにした短編や短歌を執筆。さらに、国内外のコミック作家やアーティスト11名がそれぞれの作品の挿絵となるようなヴィジュアルを提供している。

90年代カルチャーの最重要人物、小沢健二と松本大洋

錚々たる作家の名前が並ぶが、なかでも注目は、漫画家・松本大洋がイラストを寄稿したミュージシャン・小沢健二のエッセイ。このふたりはこの特集で、カルチャーマガジン『H』(ロッキング・オン)での対談以来およそ16年ぶりのコラボレーションを果たすこととなる。小沢健二、松本大洋といえばそれぞれ1990年代カルチャーを象徴するような人物だが、2010年代の我々の目にこのふたりのコラボはどのように映るのか? タモリも絶賛、オザケンの言葉やいかに…?

エッセイは、南米・ボリビアのポトシ市での滞在を振り返るところから始まる。旅行の際は、その土地の学術論文を読むのだという小沢は、16〜17世紀のポトシでの銀の採掘についての論文を読み進める。ポトシ銀山から流出した大量の銀は、ヨーロッパに価格革命を引き起こした。それまでの富というのは、家畜や畑などその土地に縛られたものだったが、銀貨という富は持ち運びが可能だった、と述べた上で、小沢はそのことを

銀貨という形で、自分の富をポケットに入れて、自由に、新しい場所へ。新しい都市へ、新しい国へ。 土地に縛られることなく。

と表現している。タモリこと森田一義をして「生命の最大の肯定」と言わしめた小沢健二のソングライティングだが、このエッセイにもそんなエッセンスが偏在している(ちなみに、小沢は東大時代に柴田元幸のゼミに所属しており、90年代初頭、かつてオリーブ少女と呼ばれたようなフリッパーズ・ギター好きの女の子たちは、オースターフィッツジェラルドなどのアメリカ文学を直訳したような彼の言い回しにうっとりしたものだ。たぶん)。銀貨からヨーロッパのクラシック楽器の精巧さに話が及んだところで、このエッセイが「音楽の聞こえる話」というテーマだということを思い出すが、彼の意図する「音楽」は別の場所にあったらしい。エッセイの最後で種明かしされる「音楽」の所在だが、人を食ったようなその一文はいかにも“オザケン”らしい。

村上春樹の連載が最終回! 秋には単行本化も

また『MONKEY』の人気連載、村上春樹「職業としての小説家」が今回で最終回を迎える。最終回は「時間を味方につけるーー長編小説を書くこと」と題して、自身の作品への向かい方を綴る。「生活費を稼ぐために、文筆とはまったく関係のない他の仕事を日常的にやっていたことはあります(肉体作業に近いものですが)」、「僕は小説家として長く仕事をしてきましたが、正直に言って担当編集者の中には、「ちょっと合わないかな」と感じる人もいました」など、大作家の飾らない言葉を読む機会がなくなるのは名残惜しいが、単行本が今年9月に出版予定とのこと。

作家・西加奈子がレベッカ・ブラウン短編にイラスト寄稿

小沢健二と松本大洋のコラボのほかにも、作家・西加奈子が挿絵を寄せるレベッカ・ブラウンの短編が収録されていたり、スチュアート・ダイベックの文章に横山裕一がイラストを提供していたりと、かなり豪華。時間をかけて、言葉と音楽をじっくり味わいたいものだ。

スイッチ・パブリッシング『MONKEY』公式HP

◆『MONKEY』購入ページ

最新号・バックナンバー


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)