ハードブレッドからコッペパンまで『&Premium』8月号は、一冊丸ごとパン尽くし

2015.6.24 (水) 20:14

シェア

『&Premium』NO.20 6月20日(土)発売号

日々暮らしていると、時々「どうしてもパンが食べたい!」なんて気分になることはないだろうか? 6月20日発売の『&Premium』8月号(マガジンハウス)は、パンにまつわる様々なストーリーで、そんな“パン欲”を満たしてくれるに違いない。創刊3号目で行われたパン特集の続編として、「続・パンマニアとつくったパン特集」と銘打って40篇の「幸せなパンの話」を伝える。

パンに一番合うシチュエーションって?

特集では、色々なシチュエーションでのパンの味わい方が紹介されている。例えば、「海辺とパン」というシチュエーション。葉山の天然酵母パン屋&カフェ「wakanapan」は、パン生地のドーナツなどのスイーツが人気で浜辺でもほおばりやすそう。海に反射する太陽の光と潮風が良いスパイスになってくれそうだ。

「帝国ホテルとパン」という一篇では、開業125周年の老舗ホテルのバーラウンジ「オールドインペリアルバー」で食べるクラブハウスサンドイッチが、如何に80年に渡って愛されてきたかを教えてくれる。

「映画とパン」では、オードリー・ヘップバーンが映画「ティファニーで朝食を」の冒頭で見せる有名なワンシーンを見開きで紹介。ヘンリー・マンシーニの「ムーン・リバー」が聞こえてきそう。

「酒場とパン」では、営業時間が8〜18時という、朝からお酒が飲めるパン屋「パーラー江古田」を取り上げる。朝食のパンを買いに来て、ついワインを一杯なんて最高に贅沢だ。どんなシチュエーションともマリアージュを果たすパンのオールマイティ具合には、心強ささえ感じる。

パンマニアの言葉には、耳を貨すべき!

全世界で食べられるパンのこと、パンに関して一家言あるという人も多い。「マイレシピとパン」では、ドライフルーツとチーズのジューシーホットサンド、パリの移民街風ファラフェルピタサンドなど、7人のパンラヴァーズがとっておきのサインドイッチレシピを教えてくれる。

「パンマニアとパン」では、パンマニア4名が白熱の対談を繰り広げる。全国津々浦々パンの名店の名前が続々と登場し、その名前を追って行くのがやっと。とはいえ、パンの道を極めた先達の言葉はぜひ心に留めておきたい。

行脚の旅へ? 全国津々浦々の個性豊かなパンたち

「銀座とパン」、「京都とパン」、「マヨルカとパン」、「ニューヨークとパン」など、土地とパンにまつわるエピソードも多彩だ。その土地土地のパンがあり、パンの味に隠されたドラマがあるのだなあ、と思うと、一切れのパンを口に運ぶ際も背筋が伸びそうだ。

全国のパン屋72件を厳選した「日本全国おいしいパン屋ガイド」も見応えがある。どのパン屋も魅力的で、パン行脚の旅を妄想してしまう。それにしても、一冊丸ごとパン尽くしで、読み終える頃にはお腹がいっぱいになってしまいそうなボリュームだ。食パンをブレッドナイフで少しずつ切り取るように、ゆっくり時間をかけて味わっても良いのでは。

◆『&Premium』NO.20 の一部(画像は公式サイトより)

&Premium 公式HP

◆『&Premium』購入ページ

最新号・バックナンバー


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく

  1. No.1 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  2. No.2 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)