殺人事件の裏に隠された哀しすぎる真相『白砂』

2015.7.21 (火) 10:00

シェア
『白砂』(文庫)鏑木蓮/著 双葉社 714円(税抜)

『白砂』(文庫)
鏑木蓮/著 双葉社 714円(税抜)

鏑木作品には、人間の心の機微を感じさせ、読後に美しい余韻を残すものが多い。この作品も、そんな一つだ。

苦労して予備校に通う20歳の女性、高村小夜が一人暮らしのアパートで殺害された。すぐに不審者の中年男が捜査線上に浮かぶ。だが、対象者の心の動きにそって捜査する刑事・目黒は、まじめな小夜が援助交際をしていたという大勢の見方に違和感を抱く。そして、真相を求め、小夜が生前、短歌に詠んだ故郷の山村に向かう。そこで目黒は、小夜の悲しい運命を知るのだった…。

トリックの種明かしや犯人当てを目的に読むというよりも、物語の背景や事件を取り巻く人々の事情に主眼を置いて読むべき作品。そういう意味で、あえてミステリーというより「ビューマンドラマ」と呼びたい。

(文:松本理惠子)


関連記事

関連タグ

白砂

白砂

苦労して働きながら予備校に通う、二十歳の高村小夜が自宅アパートで殺害された。中年男性の目撃情報と大金が入金されていることから、援助交際との関わりが捜査線上に浮かぶ。「こんなにつましい暮らしぶりで真面目な彼女がなぜ?」違和感を抱いた下谷署の刑事・目黒一馬は別の角度から捜査を開始する。小夜の両親はすでに亡く、なぜか祖母は頑なに遺骨を受け取らない。鍵は小夜の故郷にあると見た目黒の執念が、運命に翻弄された女たちの人生を浮き彫りにしていく。最後にたどり着いた、死の裏にある驚愕の真実とは。切なさあふれるミステリー。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)