コーヒーをとりまく物語を紡ぐ。『DRIFT』編集長への質問15/Editing stories about coffee. 15 questions to Adam Goldberg, DRIFT magazine’s editor-in-chief

2015.10.12 (月) 16:23

シェア
DRIFT VOLUME 2: TOKYO

2015年3月に新創刊して以来、世界中のコーヒーラバーのみならず、フーディや旅好きたちから注目を浴び、本屋に並べばたちまち売り切れてしまうという、新しくて美しいコーヒーカルチャー雑誌『DRIFT』。編集長は、自身のインスタグラムのアカウント(@alifewortheating)で24万8000ものフォロワーを持つAdam Goldberg(アダム・ゴールドバーク)さん。1号につき1都市をフィーチャーし、その土地に根付いたコーヒーとそれをとりまく物語を紹介する新雑誌だ。創刊号はニューヨーク特集、そして待望の2号目は東京特集だった。

クリエイティブディレクターであり私生活ではパートナーでもあるDaniela Velasco(ダニエラ・ベラスコ)さんとの旅を通して感じた独特の世界観と美しいビジュアルを、コーヒーというフィルターを通して綴る。そんな今もっともアツい雑誌を手掛ける話題の人、アダムさんに、15の質問を投げかけてみた。

The brand new coffee magazine “DRIFT”, just started to be published in March 2015, is loved by not only coffee lovers but also foodies and travellers all over the world. It is incredibly popular and once it appears in the bookshops, it’s sold out very quickly. They introduce 1 city at a time and Vol.1 was about New York and the second one is about Tokyo.

The editor-in-chief, Adam Goldberg, who has 248k followers on his Instagram, travels with the creative director/partner Daniela Velasco around the world and shows us the unique views and stories of each cities with artistic pictures filtered through coffee. We asked 15 questions to him who is the remarkable influencer of gourmet and travel.

『DRIFT』編集長への質問15

Q1 コーヒーに特化した雑誌を出そうとしたきっかけは?

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

A ええと、たしかに私たちはコーヒーの雑誌を作っているのですが、本当はもっとコーヒーの裏側にある物語を伝えたいと思っています。160ページすべてをラテアート紹介にするという企画は絶対にやることはないでしょうね。それでは、読者にかなりすぐに飽きられてしまいますから。

私たちはひとつの都市でできるだけ時間を過ごすようにしています。ほとんどの時間は、写真撮影と個人的なインタビューをするために使っています。ダニエラと私は、心底、撮影を楽しんでいますよ。でも、いくら時間をかけても、そこに住んでいる人と同じように知ることはできません。できるだけ完成度を高めるために、現地の協力者に頼んでインタビューもします。外国人と現地人との見解の相違があるからこそ、その物語が読者の心をとらえるのだと思います。

私たちがスペシャルティコーヒーについて深く話し合うときは(だって、これこそ私たちが家で淹れるコーヒーですから)、つねに全体像をとらえるように努めています。たとえば創刊号のニューヨーク特集では、タイムズスクエアにあるカートの75セントのコーヒーから、ブロンクスにあるメキシコ流コーヒーのカフェ ド オラ、スタテン島のスリランカコーヒー、それに加えて、ウィリアムスバーグとウェストビレッジで起こっているスペシャルティコーヒーブームも紹介しています。東京では、「ベアポンド」や「スウィッチ」といったハイエンドなこだわり店に加えて、もっとも飲まれているのは自動販売機のコーヒーであるということに関するエッセイも載せました。

Q1 Why did you think to publish the magazine specializing in coffee?

A Well, we’re technically a coffee magazine, but really we’re more interested in telling the stories behind the coffee. The last thing we want to do is print 160 pages of latte art; I think that would get boring pretty quickly.

We try to spend as much time in the city as we can, mostly for the photography and to conduct in-person interviews. Daniela and I really have a blast taking the photos. But no matter how much time one spends in a city, it’s impossible to come to know it as well as someone who lives there, so we reach out to local contributors and conduct interviews with locals to paint as complete a picture as we can. I think this dichotomy of foreigner and local perspective makes the stories more compelling.

While we do talk about specialty coffee a lot (because that’s the stuff we brew at home), we try to cover the whole spectrum. In New York, for example, we featured $0.75 street cart coffee in Times Square, Mexican café de olla in the Bronx, and Sri Lankan coffee in Staten Island, in addition to covering the specialty coffee explosion in Williamsburg and the West Village. In Tokyo, most of the coffee consumed comes from vending machines, so we have an essay dedicated to that, in addition to the high-end specialty places like Bear Pond and Switch.

Q2 雑誌タイトルのDRIFTとはどういう意味?

A フランスの著述家であり、心理地理学者のギー・ドゥボールによると、「知識を得る(dérive)というのは、まったく新しい本物の体験と出会うことを最終的な目的として、風景の中、通常は都市の中を何も計画せずに旅することです。その風景の中にある建物や地形には、とらえにくい美の輪郭が潜んでいて、それは潜在的に旅人たちに向けられたものなのです」とありました。私たちはこのコンセプトに触発されました。それで、都市を知るための一つの方法として、コーヒーを取り上げたのです。dériveの英語訳がDRIFT(漂流)になります。

Q2 What does DRIFT stand for?

A According to Guy Debord, in psychogeography, a dérive is an unplanned journey through a landscape, usually urban, on which the subtle aesthetic contours of the surrounding architecture and geography subconsciously direct the travellers, with the ultimate goal of encountering an entirely new and authentic experience. We were inspired by this concept, since we use coffee as our way of getting to know a city. The English translation of dérive, is Drift.

Q3 コーヒーのどこに惹かれているのですか?

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

DRIFT VOLUME 1: NEW YORK

A コーヒーは、どこにでもある飲み物で、私たちの生活の隅々までしみわたっています。歴史上最も重要な事件のテーブルの上から、旧友と集まる場まで、コーヒーは私たちの人生のとても重要な瞬間で、その風景に佇んでいるのです。新しい友達にもっとあなたを知りたいと初めて伝えるとき、二回目のデート、ビジネス会議、熱意をもって取り組んだプロジェクトが終わったとき、何年もずっと離れていた愛する人と久しぶりに会うとき。なによりもコーヒーは、場所と社会につながっています。私たちはそこにとても惹かれているのです。都市を知ろうとする方法は、本当にたくさんの方法がありますが、コーヒーを通して知るということが、私たちにはただ興味深かったんです。

Q3 What makes you fascinated the coffee?

A Coffee is this ubiquitous beverage that’s permeated all aspects of our lives, from sitting on the table during some of the most important events in history to bringing old friends together. Coffee sits in the background of some of the most important moments in our lives: the first time we told new friends we’d like to get to know them better, a second date, a business meeting, a passion project completed, a time we caught up with long-lost loved ones after years apart. More than anything else, coffee is tied to a sense of place and a sense of community. We’re fascinated by this. There are so many ways one can get to know a city, and this just seemed interesting to us.

Q4 なぜ二号目に、東京を選んだのでしょうか?

A 初めて東京に訪れた2004年に、この国では全てのこと対して細やかな配慮がなされていることに驚きました。寿司職人の包丁さばきから、生け花のアレンジメントまで、物作りにおいて今まで経験したことがないレベルの配慮がなされていたのです。これはコーヒーについてもそうでした。

Q4 Why did you decide to select Tokyo for the second issue?

A The first time I visited Tokyo in 2004, I was amazed at the attention to detail that went into everything. From the knifework of a sushi chef to the masterful floral arrangements in ikebana, great care went into products to a degree that I had not experienced before. This translates to coffee, as well.

Q5 日本のコーヒーシーンについて、どうやって詳細な情報を手に入れたのですか? 

A 私たちは東京でのリサーチに、かなりの時間を費やしました。でも一番重要なのは、案内してくれる現地の人々に出合ったこと。どれだけ僕たちがその街で過ごしても、地元の人たちにはかなわないですからね。

Q5 How did you find all these detail information about Japanese coffee scene?

A We spent a lot of time in Tokyo doing research. But most importantly, we reached out to local contributors to guide us. No matter how much time one spend's in a city, he or she can never be as knowledgable as a local.

Q6 この雑誌を作るにあたって、一番楽しかったページは? 反対に、大変だったページは?

DRIFT VOLUME 2: TOKYO

DRIFT VOLUME 2: TOKYO

A ベアポンドエスプレッソ、田中勝幸さんのインタビューページは本当に気に入っています。彼は本当にかっこいい。彼はエスプレッソとともに生きていて、揺れ動くコーヒーブームに迎合しているわけではない。ベアポンドをオープンしてから、彼は彼の仕事をし続けているだけなのです。彼のエスプレッソはとても個性的。はちみつのように濃厚でありつつ、かすかにスモーキーで深い香りもあって大好きです。

大変だったパートは、外国の街のストーリーを外国人として語ることです。私は日本人ではないし、東京に住んでもいない。だから、地元の人々とできるだけつながるように努めています。私たち編集者は、ほぼ2等分できます。1つは現地の人、そしてもう1つは外国人。このミックス感がとくに面白んじゃないかと思います。だって、外からの見解もまた、文化の本質を見せてくれますから。

Q6 What is the most fun article you worked on and the hardest part by making this magazine?

A I really liked the interview with Katsu Tanaka of Bear Pond Espresso. He's just such a cool guy. He lives and breathes espresso, and doesn't seem to adhere to fleeting coffee trends. Since Bear Pond opened, he has been doing his own thing. His espresso is unique: thick as honey with subtle, dark hints of smoke. I love it.

The hardest part is telling the story of a foreign city, as a foreigner. I'm not Japanese and I don't live in Tokyo. So we try to reach out to local contributors as much as possible. Our editorial is an even split: half local contributors, half foreigner contributors. I think that mix is particularly interesting, since an outside perspective can also provide insight into a culture.

Q7 次号はどんな特集ですか?

A 第3号は、「ハバナ」特集。12月1日に配送予定です。

Q7 What is the next issue about?

A Our next issue is Volume 3: Havana, shipping December 1.

Q8 これから何カ国ほど取り上げる予定ですか?

A まだわからないですね。言えるのは1号に1ヶ国ということだけ!

Q8 How many countries will DRIFT be published in?

A We are not sure yet. One country at a time!

Q9 自分では、どうやってコーヒーを楽しんでいますか?

A コーヒーは、そもそも身近なもので、個人的な飲み物。私は朝起きたときに、まず最初の一杯を飲みます。まだ半分眠っていて、だいたいまだパジャマ姿のとき。お湯が沸く間は、メールやニュースのヘッドラインをチェック。朝は、たいていV60やケメックス、カリタといったフィルターでコーヒーを淹れています。たっぷり2杯分はつくります。それをゆっくりと飲みながら、ニュースを読んだりメールに返信したり、出かける準備をしたり。いつも朝8時半には家を出るので、2杯のコーヒーを(ゆっくりと)楽しめる時間を作るように心掛けています。そのあとは、冬だったらエスプレッソ、夏だと水出しコーヒーを楽しみます。

Q9 Tell us how you enjoy coffee privately. When you work, when you relax... etc

A Coffee is special in that its inherently an intimate, private drink. I drink my first cup when I wake up in the morning -- still half asleep, and usually still in my pajamas. As the water boils, I catch up on e-mails and read the news headlines. I usually brew filter coffee in the morning -- either V60, Chemex, or Kalita, and make enough for 2 cups. I drink it slowly as I read up on current events, respond to e-mails, and get dressed. I'm usually out the door by 8:30, but I make sure to give myself enough time to enjoy (slowly) 2 cups in the morning. After that, it's usually espresso in the winter, or cold brew in the summer.

Q10 もしお気に入りの豆やコーヒーショップが今あるなら、教えてください。

A コーヒーはとても気まぐれです。フレーバーは、ロースト、天気、豆の挽き具合、水の温度、フィルターを通る水のスピードなどで変わります。ふたつと同じコーヒーはないので、味わいだけで好きな店を選ぶのは難しい。店の雰囲気や一貫性、また家では得られないものを提供しているかどうか、という視点で店を選んでいます。ニューヨークでは、「パーラー」や「ツーハンズ」、「ブルーストーン レーン」、「スタンプトン」、「ブルーボトル」が好きですね。

Q10 If you have any coffee beans or shops you are into at the moment, tell us!

A Coffee is temperamental-- the flavors change depending on the roast, the weather, how the beans are ground, the temperature of water, how fast the water passes through the filter, and so on. No two cups are the same, so it's difficult to pick a favorite shop based on flavor alone. I usually pick a shop based on a combination of atmosphere and consistency, the kind of place that offers an experience I can't get at home. I really like Parlor, Two Hands, Bluestone Lane, Stumptown, and Blue Bottle in New York.

Q11 東京で一番好きな場所はどこですか?

A おそらく、朝ごはんに「ベア ポンド エスプレッソ」、夜ごはんに「寿司 さわ田」ですね。ほかのどこの国にいっても、こんなにハイレベルなコーヒーと寿司が共存している場所はない。たぶん、だから日本が大好きなんだと思います。それと東京メトロの地下鉄を探検するのも好きです。とくに飯田橋駅は、おきにいり。

Q11 What is the best place for you in Tokyo?

A Probably Bear Pond Espresso for breakfast and Sushi Sawada for dinner. There is no other country in the world where coffee and sushi co-exist at such a high level. Perhaps that's why I love Japan so much. I also like exploring subway stations on the Tokyo metro. Iidabashi station is a favorite.

Q12 今、ほかになにか進行しているプロジェクトはありますか?

A はい。新しい料理雑誌『Ambrosia(アンブロシア)』をまもなく発行予定です。

『Ambrosia』は、インタビューやフォトエッセイ、偉大なシェフからのレシピを通して、地域ごとの料理を追求した雑誌です。カボ サン ルーカスからティファナ、アンブロシア……、創刊号は、海岸沿いの貝拾いの人や道をゆく行商人へのインタビュー、国際的に活躍するシェフによる、バハ料理の素晴らしい魅力や、家でつくれる代表料理のレシピを紹介します。

東京には、2015年10月1日に発送予定です。こちらのリンクから、事前予約もできるし、代官山T-SITEでも販売する予定です。

Q12 Do you have any other project working on now?

A Yes. We are releasing a new food magazine called Ambrosia.

Ambrosia explores the lighter side of a region’s cuisine through interviews, photo essays, and recipes from its great chefs. From Cabo San Lucas to Tijuana, Ambrosia, Volume 1 interviews seaside marisqueros, roadside vendors, and internationally acclaimed chefs to bring you a taste of what makes Baja cuisine so vibrant, and recipes to help you prepare the region’s signature dishes at home.

We'll be shipping on October 1, 2015. You can pre-order online from ambrosiamag.com. We'll also be on sale at the Daikanyama T-SITE.

Volume 1: Baja, Mexico.

Ambrosia Volume 1: Baja, Mexico

Q13 一年に何回、どのくらいの期間、旅していますか?

A 『DRIFT』と『Ambrosia』のためにたくさん旅はしています。1年に6~10回以上、それぞれ数週間程度です。

Q13 How much travel do you do each year?

A I travel a lot because of Drift and Ambrosia. On average, 6-10 times a year for weeks at a time.

Q14 好きな雑誌を教えてください。

A 私のお気に入りは、『Kinfolk』、『Cereal』、『Gather』、『The Great Discontent』と『Monocle』です。

Q14 What is your favourite magazine

A My favorite magazines are: Kinfolk, Cereal, Gather, The Great Discontent, and Monocle.

Q15 人生で一番幸せなことは?

A ひとつの瞬間に絞るのは難しいですね。でもDRIFTを制作することが、充実感をもたらしてくれます。これはお金を儲けるための仕事ではないのですが、読者からの声、すなわち私たちが身も心も打ち込んでいる事を世界中の人々が読んで楽しんでいるのを知ること、これが信じられないくらいの満足感を与えてくれています。私たちはとても幸せです。(だからみなさん、メールで声をきかせて!)

Q15 What is the happiest moment in your life?

A It's hard to pinpoint one particular moment. But I get a lot of satisfaction from publishing Drift. It's not a lucrative project, in a monetary sense. But the feedback from our readers -- knowing that people all around the world are reading and enjoying something that we put our hearts and minds into -- is incredibly satisfying. It makes us very happy. (So e-mail us!)

(インタビュー・文:関 智水)

Adam Goldberg (アダム・ゴールドバーグ)

DRIFT website
Adam Goldberg Instagram @alifewortheating


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 「ひつじのショーンカフェ」吉祥寺に10月5日オープン。優先チケットや限定グッズを発売中
  4. No.4 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  5. No.5 展覧会「SNOOPY™ FANTARATION」松屋銀座で3月1日から。スヌーピー×サイエンスアートを楽しむ

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)