「ブランド」をとことん掘り下げる韓国発の雑誌『Magazine B』がユニーク! TSUTAYAの特集も

2015.11.8 (日) 07:00

シェア
『Magazine B』No.37

『Magazine B』No.37

たくさんの情報を知ることができる情報誌、ひとつのモノやコトを掘り下げる雑誌、バリエーションを追求する雑誌。雑誌の種類はいろいろあれど、この韓国発の『Magazine B』は「とことん掘り下げる雑誌」だ。そして、掘り下げ方が他の雑誌とは少し異なるのがおもしろい。代官山 蔦屋書店の雑誌コンシェルジュ・谷口貴美代氏は、本誌についてこのように話す。

「『Magazine B』の『B』は『BRAND』の頭文字。「BRAND DOCUMENTARY MAGAZINE」という言葉の通り、ひとつのブランドをとことん掘り下げる、ブランドの百科事典のような雑誌です。ひとつの会社もブランドとして捉えていて、その会社やブランドがおもしろいと思ったら取材にいって、例えばPatagoniaだったら工場にも行くし、PatagoniaのCEOにもインタビューするし……と、とにかく全部調べて全部聞く、というスタイルの雑誌です」

TSUTAYA、代官山 蔦屋書店を徹底解剖!

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

これまで、Patagonia、NARS、HELVETICA、LEICA、VITRA、RIMOWA、DIPTYQUE、ACEHOTEL、Google、AUDIなど世界中のあらゆるブランド・企業をフィーチャーしてきた『Magazine B』だが、No.37の特集はTSUTAYAだ。

「代官山 蔦屋書店でも韓国のお客様はとても多いんです。韓国でもTSUTAYAというのはブランドとしてすごく有名らしいんですね。『Magazine B』のスタッフが代官山 蔦屋書店に来てくれてすごく好きになってもらって、一冊作りたいという依頼がきたんです。すばらしい機会なので、代官山 蔦屋書店としても全面協力をしました。

外観、インテリア、ライティング、ヒューマンスケールの追求など、ハードウェア/ソフトウェアの両面からひとつひとつを丁寧に掘り下げて、蔦屋書店やTSUTAYAを解剖しています。

この雑誌の立ち位置がニュートラルでジャーナリズム的な感じがします。彼らがブランドを選んでいることで意志を感じるけれど、そこの切り口はニュートラルなんじゃないかなという印象があります。とにかく細かいんですよね。ありとあらゆることを調べてインタビューをして、すごく時間をかけて作っています」

ライフスタイル提案とは何か

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

『Magazine B』No.37 紙面より

TSUTAYA、代官山 蔦屋書店を徹底的に掘り下げ、彼らが追求しているのは、「ライフスタイル提案」についてだ。

「具体的にライフスタイル提案というのはどうやっているのかというのを真面目に掘り下げているんです。彼らがTSUTAYAに興味を持ってくれたのは、本屋とかレンタル屋ということではなくて、生活提案ということを謳っているから。私もインタビューを受けたのですが、生活提案とは何か、どういうことで生活提案をしているのかをすごく聞かれましたね。ライフスタイル提案をしている、おもしろい日本の会社・ブランドがTSUTAYAだという認識だと思うんです」


ひとつのブランドを掘り下げることで、ブランドや企業に生まれる愛着や新たな視点。そこから新たなるモノコトが生まれるインスピレーションが生まれるかもしれない。

(文:岡崎咲子)

◆購入ページ

『Magazine B』No.37


Magazine(雑誌)の記事をもっとみる

【代官山 蔦屋書店】
雑誌コンシェルジュ 谷口貴美代 氏

六本木ヒルズのTSUTAYA TOKYO ROPPONGIのオープンに携わり、その後、代官山 蔦屋書店の企画段階から関わる。現在は同店のチーフコンシェルジュ兼雑誌コンシェルジュ。国内外の雑誌2,300タイトルが55mに及び並ぶマガジンストリートを統括している。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)