ワインはここまで進化した! 基礎から最前線、未来まで網羅したワインの決定版『dancyu』最新号

2015.11.13 (金) 21:22

シェア

「第7次ワインブーム」が到来し、ますます関心が高まっているワイン。しかし、まだまだ敷居が高く、初心者が足踏みをするのもまた事実。そんななか、『dancyu』最新号は進化するワインの現在を総まとめ。ワインの基礎的な内容も充実しているので、ワインの素人も玄人も楽しめる内容になっている。

今、“日本”のワイナリーが熱い!

17-18P

18-19P

近年、東京オリンピックに向けて取り組みに注目が集まっている国産ワイン。「あしたのワイン」と題された今号冒頭は、この日本ワインの魅力に迫った内容から始まる。

老舗代表として紹介されるのは、大正2年からワインを作り続ける「くらむぼんワイン」。そして、新しい試みを行なう若手としては、「氷見産のしっかりとした味の魚に最も合うワインを目指しています」という、元魚屋が営む富山のワイナリー「セイズ ファーム」がピックアップ。新旧のワイナリー事情がわかる内容だ。

加えて、ワインジャーナリストの鹿取みゆき氏と、ワインのコンサルタントやイベント企画などを手がけるパピーユ代表取締役社長の藤丸智史氏の「なぜ日本のワインがおいしくなったのか?」をテーマにした対談も収録。日本の現在のワイン事情を知り、これからのワインに思いを馳せたい。

家飲み好き必見の内容 税込み2,000円台までの厳選ワイン30本

 

00P

35P

お店で味わうワインは格別だが、家で友人たちと語らい合いながら楽しむワインもまた良い。『果実味があり、溌刺とした「チャーミングな赤ワイン」』『ふくよかで香りのいい「ぽっちゃりした白ワイン」』『甘すぎず、酸味が心地よい「粋なロゼワイン」』をテーマに、ワインジャーナリストの山本昭彦氏や、「予約が取れない」フレンチレストランの代表格「フロリレージュ」のオーナーシェフ・川手寛康氏らが30本をセレクト。中には「一緒にいて疲れない魅力的な人」なんて評されるイチオシの赤ワインも登場。

ラベルを知れば、ワインの中身がわかる!? 「ラベルの読み方」

「ワインの知識がなくて、全然わからない……」というワイン初心者にぜひ読んでほしいのが、本誌の「ラベルの読み方」だ。伝統国代表としてフランス(ブルゴーニュ)のラベルと、新興国代表としてアメリカ(カリフォルニア)のラベル表記が解説されている。これだけは抑えておきたい知識として、産地や品種などの情報もまとめられた充実の内容。

ぶどう品種「ガメイ種」をあなどるべからず。「ガメラーの主張」

ブルゴーニュを代表するぶどう品種として、ピノ・ロワールとガメイがある。しかし、世界中に愛飲者のいるピノ・ノワール種のワインに比べ、ガメイ種のそれは「甘くてうす薄っぺらな味がする」と思われがち。しかし、ここ10年でガメイ種ワインは劇的にエレガントになっていたのだ。香りをかいだら「イブニングドレスのナタリーポートマンが微笑んだ」(本誌より)、口に入れると「『氷の微笑』のシャロン・ストーンが舌の上に登場」(本誌より)と絶賛されたガメイワインの今は知っておくべき。


00P

70P

00P

88P

00P

108P

ワイン知識を深められる『dancyu』12月号は、その他にもカジュアルワインのチリワイン、アメリカやイギリスなどの新世界で日々生まれる厳選スパークリング14本なども幅広くカバー。料理についても抜かりなく、東京&京都のワインが楽しめる注目店や、高級フレンチ「ル・マンジュ・トゥー」谷昇シェフの豚バラ肉の白ワイン煮込みと牛すね肉赤ワインに込みのレシピ、フルーツを使ったおつまみのレシピなども掲載。

これから年末の忘年会シーズンに向けて、ワインに接する機会も増えるだろう。赤と白のどちらの良さも兼ね備えた「ふくよかでチャーミング」な本書を読めば、その機会のひとつひとつがより充実するのではなかろうか。

00-00P

(文:杉野正和)

雑誌『dancyu』公式サイト

◆『dancyu』購入ページ

最新号・バックナンバー


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)