雑誌『フィガロジャポン』最新号は「男と女」特集。満島ひかりと永山絢斗の独占インタビューも

2017.4.25 (火) 10:57

シェア

2017年4月20日(木)に発売された、雑誌『フィガロジャポン』2017年6月号の特集は「homme et femme 男と女。」。女優・満島ひかりと俳優・永山絢斗の独占インタビューを8ページに渡って掲載している。

恋愛だけではない、さまざまな視点から考察する男女の関係

「男と女。」特集では、ジェンダーレス、トランスジェンダーなど性が多様化している今、男と女とは何か、ファッション、恋愛、仕事などさまざまなテーマからアプローチ。永遠の議題でもある男と女の関係性について、同誌ならではの視点で迫っている。

『フィガロジャポン』2017年6月号

また、第二次世界大戦終了前夜の奄美群島・加計呂麻島を舞台に、教師トエと特攻隊長・朔中尉の鮮烈な出合いとはかない恋を描いた話題映画『海辺の生と死』で共演している満島ひかりと永山絢斗が登場。いま、注目のふたりが、スペシャルフォトストーリーと共に、作品とふたりの出会い、演じること、日々ふと思うこと、そして「男」と「女」についてたっぷりと語っている。

公式サイト「madame FIGARO.jp」では、撮影の裏舞台や誌面に掲載されていないスペシャルカットも公開中。是非チェックしてみては。

■書籍情報

『フィガロジャポン』2017年6月号
発売日/2017年4月20日(木)
定価/700円(税込)

フィガロジャポン 公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

海辺の生と死

海辺の生と死

幼い日、夜ごと、子守歌のように、母がきかせてくれた奄美の昔話。南の離れ島の暮しや風物。慕わしい父と母のこと―記憶の奥に刻まれた幼時の思い出と特攻隊長として島に駐屯した夫島尾敏雄との出会いなどを、ひたむきな眼差しで心のままに綴る。第十五回田村俊子賞受賞作。

作品詳細・レビューを見る

私が目覚める、読書案内。

私が目覚める、読書案内。

読むだけで毎日が色づく、心ときめく本を紹介します。ときに人生の相談相手に、ときに未知なる世界への案内役に。自分を広げてくれる素敵な時間へようこそ。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 ユニクロ×マリメッコのコレクション、3月30日から発売
  5. No.5 2017年のTSUTAYAマンガ通おすすめ「いま絶対に読むべき漫画ベスト10」。2018年も目が離せない!

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)