【「夏の100冊」2017年】TSUTAYAオススメ! この夏読むべき小説・本

2017.7.1 (土) 07:00

シェア
TSUTAYA「夏の100選」

もうすぐ夏本番。今年の夏休みの予定はもう決まっているだろうか? せっかくの休み、どこか遠くへ出かけるのもよいが、涼しい部屋で読書三昧というのも捨てがたい。

一部店舗を除く全国のTSUTAYAでは、「夏の100冊」と題してこの夏に読むべき本を紹介している。ここではその中から特にオススメの作品10選をピックアップ。

じっくり時間をかけて読みたい長編小説から、移動中の合間に読める短編小説まで。あなたにぴったりの1冊が見つかるはずだ。

不朽の名作や、スリル満点サスペンスなど。この夏読みたいオススメ作品10選

「夏の100冊」の中から、TSUTAYAスタッフが特におすすめする10作品はコチラ。

『夜のピクニック』(恩田陸 著、新潮社 刊)

“本屋大賞“を受賞した永遠の青春小説

『夜のピクニック』(恩田陸 著、新潮社 刊)

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。

この本を購入する

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ 著、新潮社 刊)

生きる意味を問いかける、永遠の名作の新訳

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ 著、新潮社 刊)

沙漠の真っ只中に不時着した飛行士の前に、不思議な金髪の少年が現れ「ヒツジの絵を描いて……」とねだる。少年の話から彼の存在の神秘が次第に明らかに。

この本を購入する

『荒神』(宮部みゆき 著、新潮社 刊)

宮部みゆき、時代小説の到達点

『荒神』(宮部みゆき 著、新潮社 刊)

時は元禄、東北の小藩の山村が一夜にして壊滅した……。隣り合う二藩の因縁、奇異な風土病を巡る騒動…不穏さをはらむこの土地に“怪物”は現れた。交錯する北の人々はそれぞれの力を結集し、“災い”に立ち向かう。

この本を購入する

『豆の上で眠る』(湊かなえ 著、新潮社 刊)

あなたの“価値観”を激しく揺さぶる、究極のミステリー

『豆の上で眠る』(湊かなえ 著、新潮社 刊)

行方不明になった姉。真偽の境界線から、逃れられない妹――。戻ってきてくれて、とてもうれしい。だけど、ねえ、お姉ちゃん。あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんですか?

この本を購入する

『少年たちは花火を横から見たかった』(岩井俊二 著、KADOKAWA 刊)

少年から青年になる時期の繊細で瑞々しい友情と初恋の物語。テレビドラマ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のOAから、24年の歳月を経てよみがえる原点ともいえる物語。

この本を購入する

『鹿の王 1』(上橋 菜穂子 著、KADOKAWA 刊)

何者かに攫われたユナを追うヴァンと移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領の医術師ホッサル。ふたりの男たちが、愛する人々を守るため、この地に生きる人々を救うために選んだ道は――!?

この本を購入する

『新訳 メアリと魔女の花』( KADOKAWA 刊)

7月8日公開映画の原作小説

『新訳 メアリと魔女の花』(KADOKAWA 刊)

ひとりぼっちの女の子メアリと黒ネコのティブ。「夜間飛行」と呼ばれる花を見つけたメアリは、花の力でほうきが舞いあがり、変な大学に連れてこられて……。メアリとティブの愛と感動の冒険がはじまる。

この本を購入する

『短編復活』(集英社文庫編集部編 著、集英社 刊)

ミステリから恋愛、爆笑ユーモアまで、とっておきの16編

『短編復活』(集英社文庫編集部編 著、集英社 刊)

今年30周年を迎える「小説すばる」に掲載されてきた、膨大な数の短編小説を厳選してお届けするアンソロジー。赤川次郎や綾辻行人、東野圭吾、宮部みゆきら16名の短編集。

この本を購入する

『政と源』(三浦しをん 著、集英社 刊)

つまみ簪職人・源二郎は弟子のために、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするが――。ソリが合わないはずなのに、なぜか良いコンビ。そんなふたりが巻き起こす、ハチャメチャで痛快な人情譚。

この本を購入する

『教団X』(中村文則 著、集英社 刊)

ハラハラ・ドキドキの大長編

『教団X』(中村文則 著、集英社 刊)

自分の元から去った女性は、オカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。著者最長にして圧倒的最高傑作。

この本を購入する

杉咲花と神木隆之介のサイン入りプレスシートなどが当たるキャンペーンも実施

全国のTSUTAYA(一部店舗を除く)では、「夏の100冊」フェアに合わせて、オリジナル特典がもらえる2つのキャンペーンを実施する。

キャンペーン1/映画『メアリと魔女の花』のプレスシートを抽選でプレゼント!

キャンペーン期間中にTカードを提示してTSUTAYA対象店舗対象商品のいずれかを購入し、応募フォームより応募した人の中から抽選で、7月8日(土)公開の映画『メアリと魔女の花』のプレスシートが15名に当たる。

A賞は同作で声優を務める杉咲花神木隆之介のサイン入りプレスシート(5名)、B賞はプレスシート(10名)となる。

キャンペーン2/映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のオリジナル画像が必ずもらえる!

キャンペーン期間中にTSUTAYA対象店舗で、Tカードを提示して対象商品のいずれかを購入すると、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のオリジナル画像が「BookLive!」で見られるようになる。

各キャンペーンの詳細はサイトをチェック。


フェア実施店舗では、このほかにもさまざまなジャンルの100冊を紹介している。この夏のお供となる1冊を探しに出かけてみたい。

■開催情報

「夏の100冊」フェア

開催期間/2017年7月1日(土)~8月31日(木)
開催店舗/一部店舗を除く全国のTSUTAYA

映画『メアリと魔女の花』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のオリジナル特典がもらえるキャンペーン

開催期間/2017年7月1日(土)~8月31日(木)
対象商品/サイトを参照

各キャンペーン詳細

【あなたのT会員番号でTポイントが当たる!!】
T-SITEナンバーくじが8/8(火)~8/25(金)開催中。
今すぐ応募してTポイントを当てよう!

今すぐキャンペーンに応募する


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

夜のピクニック

夜のピクニック

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

作品詳細・レビューを見る

星の王子さま

星の王子さま

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さまだった…。一度読んだら必ず宝物にしたくなる、この宝石のような物語は、刊行後六十年以上たった今も、世界中でみんなの心をつかんで離さない。最も愛らしく毅然とした王子さまを、優しい日本語でよみがえらせた、新訳。

作品詳細・レビューを見る

荒神

荒神

時は元禄、東北の小藩の山村が、一夜にして壊滅した。隣り合い、いがみ合う二藩の思惑が交錯する地で起きた厄災。永津野藩主の側近を務める曽谷弾正の妹・朱音は、村から逃げ延びた少年を助けるが、語られた真相は想像を絶するものだった…。太平の世にあっても常に争いの火種を抱える人びと。その人間が生み出した「悪」に対し、民草はいかに立ち向かうのか。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

【プレミアムフライデー連載】文筆家・甲斐みのりさんに聞く「映画とビールな金曜日。」[T-SITE]

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本橋「アートアクアリウム2017」詳細レポート。金魚が泳ぐアート水族館が開幕

  1. No.1 日本橋「アートアクアリウム2017」詳細レポート。金魚が泳ぐアート水族館が開幕
  2. No.2 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン
  3. No.3 「大人の塗り絵」の次は「削るお絵描き」! スクラッチアート本が登場
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 セブンイレブンが新商品「ホットカフェラテ」「アイスカフェラテ」を発売、2月から全国で順次登場

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)