日本各地の“小屋”情報が1冊に。『ニッポンの新しい小屋暮らし』発売中

2017.7.25 (火) 16:28

シェア

欧米だけでなく日本でも始まっている、新しいムーブメント「小屋暮らし」。より身近で、カジュアルに小屋を活用した国内事例を中心に取材を行い、11件の豊かな小屋暮らし例と、国内で購入できる小屋の例を1冊にまとめた『ニッポンの新しい小屋暮らし』が光文社より発売された。

参考にしたくなる事例がきっと見つかる!

『ニッポンの新しい小屋暮らし』掲載内容

海外ではなく、国内のみに取材先を限定。「仲間でシェアする"秘密基地"小屋」をはじめ、「都心にたたずむデザイナーズ小屋」、「ホムセン資材の"セルフビルド"小屋」、 「進化し続ける"ハーフビルド"小屋」、「 子どもたちと過ごすリノベ山小屋」など身近な誰かがやっている、等身大の実例がじっくり紹介されている。

日本でも「小さな暮らしのムーブメント」が起こっている

仲間でシェアする“秘密基地”小屋。名古屋市から車で1時間

仲間でシェアする“秘密基地”小屋。名古屋市から車で1時間

ホムセン資材の“セルフビルド”小屋。建築費用は約54万円

ホムセン資材の“セルフビルド”小屋。建築費用は約54万円

「3.11震災直後からYADOKARIの活動を始めて約6年が経過する中で、日本でも「小さな暮らしのムーブメント」が大きくなっていると感じています。カウンター・カルチャー的な側面がありながらも、小屋に馴染みのある日本人は身の丈にあった住まいを各々が楽しみながら豊かな暮らしを育んでいる姿が印象的」と話す著者のYADOKARIさん。住まいや暮らしに関わる企画プロデュース、出版など「小さな暮らし」を軸にさまざまなプロジェクトを展開している。

自分も小屋が欲しいと思ったときにすぐに検討できるよう、組み立て式の小屋キットなど、6種も掲載されているのでチェックしてみて。

『ニッポンの新しい小屋暮らし』掲載内容

『ニッポンの新しい小屋暮らし』掲載内容

この本を購入する

■商品情報

『ニッポンの新しい小屋暮らし』

発売日/2017年7月19日
価格/1,000円(税別)
著者/YADOKARI
版元/光文社

光文社 公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

ニッポンの新しい小屋暮らし

ニッポンの新しい小屋暮らし

多拠点居住、田舎暮らし、ミニマルライフ。ニッポンでも始まっている、新しいムーブメント。「小さな住まい」の豊かさを知る11の実例集。

作品詳細・レビューを見る

小屋

小屋

作品詳細・レビューを見る

マイクロシェルター 自分で作れる快適な小屋、ツリーハウス、トレーラーハウス

マイクロシェルター 自分で作れる快適な小屋、ツリーハウス、トレーラーハウス

ジャンクで作られた、ファンキーでカラフルでアドリブな建物たち。アイデアと驚きに満ちた狭小建築プロジェクトと建築のためのノウハウを紹介する本。廃品や安価な材料を使い、小さく作ることで費用を安価におさえ、自分の居場所をDIYで作ることを可能にする。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける
  4. No.4 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  5. No.5 関西初上陸! 「bills 大阪」が梅田のルクア イーレに11月3日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)