又吉直樹が編集長の雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』刊行。イベント『さよなら、絶景雑技団』で限定発売

2017.8.17 (木) 14:59

シェア
『又吉直樹マガジン 椅子』

『又吉直樹マガジン 椅子』

ピース又吉直樹が初めて編集長を務めた雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』の刊行が決定した。本雑誌は、2017年9月9日(土)・10日(日)に開催されるライブイベント『さよなら、絶景雑技団』の会場で限定で発売される。

又吉直樹が編集長を務める雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』とは?

又吉と壇蜜。

又吉と壇蜜。

又吉と綾部。

又吉と綾部。

『又吉直樹マガジン 椅子』は、椅子が好きという又吉が自ら編集長の役割を担い、さまざまな角度から椅子を切り取る企画を立案・ディレクションした雑誌。

相方・綾部祐二をはじめ、吉岡里帆柄本明壇蜜が街中で椅子と絡むグラビアや又吉との座談、又吉が特別に書き下ろした原稿用紙20枚の椅子にまつわる想い出を綴ったエッセイ「椅子をめぐる自叙伝」のほか、又吉が考案した理想の椅子を制作するルポなどを掲載する。全64ページにわたり、椅子と又吉、そして又吉が「好きな方々にお願いしたら快く引き受けてくださった」という個性的なゲストによる不思議な世界観が繰り広げられる。

『さよなら絶景雑技団』チラシ

『さよなら絶景雑技団』チラシ

同誌は、又吉主催のライブイベント『さよなら、絶景雑技団』の開催会場で発売予定。そのほか、又吉の芸人としての活動と本の世界が交わる場所で順次、限定販売していく予定だ。時期や場所は検討中。

雑誌の刊行について又吉は以下のようにコメントしている。

「日常的に使う『椅子』というものが、なぜか子どもの頃から気になる存在でした。そして最近、雑誌を作ってみたいと思い立ち、結果、生まれたのがこの雑誌です。僕はライブも雑誌も好きです。そういうものが同じ場所で交わるというのが面白い。ライブのグッズという位置付けではなく、独立した一つの雑誌として作ったつもりです」


『さよなら、絶景雑技団』が一足早く手に入れることのできる機会となるので、足を運んでみては。

又吉直樹の作品をもっと見る

■書籍情報

『又吉直樹マガジン 椅子』

発行/ヨシモトブックス
会場特別価格/1000円(税込)
主なコンテンツ/
グラビア・座談:又吉直樹、吉岡里帆、柄本明、壇蜜、綾部祐二
寄稿:又吉直樹、苫野一徳、せきしろ、西木ファビアン、赤嶺総理、難波麻人
詞:世田谷ピンポンズ
漫画:大橋裕之

発売対象ライブイベント/
「ユニットコントライブ『さよなら、絶景雑技団』」
会場/よみうりホール(東京都千代田区有楽町 1−11−1 読売会館7階)
開催日時/2017年9月9日(土)開場17:30 開演18:30、9月10日(日)開場17:00 開演18:00

「朗読イベント『「やぁ」、朗読会』」
会場/よみうりホール(東京都千代田区有楽町 1−11−1 読売会館7階)
開催日時/2017年9月10日(日)開場12:30 開演13:30

公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

劇場

劇場

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った―。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

作品詳細・レビューを見る

火花

火花

売れない芸人の徳永は、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第153回芥川賞受賞作。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を収録。

作品詳細・レビューを見る

文藝芸人 松本人志/又吉直樹/岡村隆史/東野幸治/博多大吉

文藝芸人 松本人志/又吉直樹/岡村隆史/東野幸治/博多大吉

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」12月1日から。夜の舞鶴公園が光のデジタルアート空間に
  5. No.5 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)