『終電の神様』(実業之日本社)

劇団設立、エンジニア等を経て小説家へ。『終電の神様』阿川大樹、作家への道 >画像(1/5)

静かな感動の輪が広がっている小説『終電の神様』(実業之日本社)。8月には第9回「エキナカ書店大賞」も受賞。著者の阿川大樹さんは、東大在学中に劇団「夢の遊眠社」設立に携わり、メーカー勤務などを経て小説家に転身した経歴の持ち主だ。影響を受けた本や、『終電の神様』に至る道のりを聞いてみた。

この記事を読む

終電の神様

終電の神様

父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人―それぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー。

作品詳細・レビューを見る

D列車でいこう

D列車でいこう

MBA取得の才色兼備銀行ウーマン。町工場相手に良心的融資を実践する銀行支店長。鉄道マニアのリタイア官僚。廃線が決定したローカル鉄道を救うため、三人が株式会社ドリームトレインを興した。奇想天外、破天荒な方法で田舎町に旋風を巻き起こす、ロマンチック・ビジネス・ストーリー。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。


関連記事

関連タグ

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 水出しコーヒーメーカー「KitchenAid COLD BREW COFFEE MAKER」2月21日発売。本格コールドブリューコーヒーを簡単に
  3. No.3 「CRAFT SAKE WEEK 東北 2018」出店酒蔵50蔵を発表! 中田英寿プロデュースの日本酒イベント宮城で3月21日から
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 「ひつじのショーンカフェ」吉祥寺に10月5日オープン。優先チケットや限定グッズを発売中

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)