【映画公開記念】マンガ『鋼の錬金術師』の見どころを徹底解説! -TSUTAYAマンガ通おすすめ

2017.11.6 (月) 14:55

シェア
『鋼の錬金術師』(荒川弘 著、スクウェア・エニックス 刊)

『鋼の錬金術師』荒川弘 著、スクウェア・エニックス 刊)

完結してから早7年、いまだに大勢のファンに愛される“ハガレン”こと『鋼の錬金術師』がついに実写映画化されます。これを記念して、改めて原作コミックの魅力をご紹介します!

魅力的な登場人物に目が離せない!

ハガレンには魅力的な人物が数多く登場します。敵であってもなぜか憎めなかったり、主人公なのに凹んで弱音吐いたり……。ここではメインキャラクターをご紹介します。

エドワード・エルリック(通称:エド)

『鋼の錬金術師』10巻表紙のエド

本作の主人公。12歳で国家錬金術師の資格を得るほど優秀ですが、チビという単語が出るたびに荒れ狂います。物語が進むにつれて逞しく成長するエドは、チビでもカッコいいんです。

アルフォンス・エルリック(通称:アル)

『鋼の錬金術師』21巻表紙のアル

エドの弟。冷静で頭の回転も早く戦いも強い! 禁忌をおかした罪で全身が鎧なので見た目怖いですが、お年頃らしく彼女を欲しがったり、捨て猫を拾ったりと可愛い一面もある少年です。

ウィンリィ・ロックベル

『鋼の錬金術師』5巻表紙のウィンリィ・ロックベル

怒らせたら怖い! けど、エルリック兄弟が辛い思いをしても泣かない分、代わりに泣いてくれる心優しい女の子。ウィンリィがいたから兄弟も泣かずにいれたのでしょう。

ロイ・マスタング大佐

『鋼の錬金術師』23巻表紙のロイ・マスタング大佐

焔を使う錬金術師。錬金術を使わせたらとっても強いのですが、焰を使う特性上、水に弱く何回か部下に役立たずと罵られてしまう愛すべきキャラです(普段はドSキャラなのに)

他にも、すぐに肉体美を見せたがるアームストロング少佐や皇子のくせに食べものをたかるリンなど魅力的なキャラがたくさんいるのですが、多すぎてここには書ききれないのが残念です!

心を揺さぶる名言の数々に思わず涙……

ハガレンといえば名言! まとめサイトが出来るほど名言の宝庫なのです。その一部をご紹介します。

「降りて来いよ、ド三流 格の違いってやつを見せてやる!!」(1巻より)

『鋼の錬金術師』1巻

1巻で敵と戦った時にエドが言った言葉ですが、この時点でもかっこいいのに物語の終盤でさらにこの言葉の意味にシビれます。読んだ瞬間、思わず唸るはず!

「立って歩け 前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか」(1巻より)

『鋼の錬金術師』1巻

すがっていた教主が実はペテン師だったと知り、絶望している女性に対してエドが言った言葉。左足が機械鎧(義足)のエドが言うからさらに心に響きます。

「知識は何よりも宝になる そして重荷にならない 生きていくための力だ」(19巻より)

『鋼の錬金術師』19巻

この言葉、すっごくいい言葉なのに実はラスボスが言うんです。ラスボスは仲間にお父様と呼ばれているのですが、いい言葉すぎて私も「お父様……!」と言いたくなりました。

番外編:「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」(2巻より)

『鋼の錬金術師』2巻

自分の娘と飼い犬を合成し合成獣(キメラ)を練成したショウ・タッカーが真実を暴いたエドに対して放った言葉。汎用性が高くネットではネタとして使われるほど! 隠してたことがバレた時に使えますね(笑)

最後まで飽きさせない怒涛のストーリー展開に脱帽!

人気絶頂の時に最終回を迎えたほど、加速していく面白さもハガレンの魅力です。ここでは見どころをご紹介します。

物語の始まり

『鋼の錬金術師』1巻

エルリック兄弟が禁忌である人体錬成を行い兄は体の一部を、弟は身体の全てがなくなってしまい、身体を取り戻すために強大な力を持つ賢者の石を探す旅に出ます。1話の冒頭で左足が千切れているエドが描かれ、1ページ目から物語に引き込まれます。

賢者の石の真実

『鋼の錬金術師』26巻

求めていた賢者の石に隠された真実は少年マンガとは思えない衝撃的な内容。物語は賢者の石を巡って国を揺るがす敵と戦う……と進んで行くのですが、ダークファンタジーと称されているだけあり、単純な正義と悪の戦いではないところに注目です。

繰り広げられる迫力バトル!

『鋼の錬金術師』10巻

錬金術で鉄から剣を作ったり、水から水素を練成して火を出したりと思いもよらないバトルを繰り広げます。重症を追ったマスタング大佐が自分の体を燃やして止血するなど凄まじい戦いが描かれています。

成長するキャラクターたち

『鋼の錬金術師』27巻

物語を通してキャラクターたちが成長していくのもこのマンガの見所です。民族紛争について、自分とは何か、何のために生きるのか、など様々な問いかけがあります。
かと言って、暗くならずにコミカルに描かれる人物像は敵も味方もとても魅力的。様々な問いかけに直面し成長するキャラクター達にたくさんの勇気をもらえます。


2回アニメ化されている本作ですが、1回目のアニメは原作とは異なるオリジナルストーリーで結末も違っています。12月公開の実写映画ではどんな結末が描かれているのか今から楽しみです!

さまざまなジャンルやテーマでマンガをおすすめ! TSUTAYAマンガ通スタッフが教えるとっておきの作品はコチラ

小川真由美

小川真由美

小学生時代を『天使なんかじゃない』『ハンサムな彼女』など王道の少女コミックを読んで育ちましたが、今では少年・青年コミックに夢中です。通勤時間に電車の中で気になるタイトルをチェックする時間が最近のわくわくタイムです。


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

【映画公開記念】マンガ『鋼の錬金術師』の見どころを徹底解説! -TSUTAYAマンガ通おすすめ

  1. No.1 【映画公開記念】マンガ『鋼の錬金術師』の見どころを徹底解説! -TSUTAYAマンガ通おすすめ
  2. No.2 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 『このマンガがすごい! 2018』オトコ編1位は『約束のネバーランド』に決定。尾田栄一郎、秋本治もオススメ
  5. No.5 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)