『Pen+』最新号は地方発の“メイド・イン・ジャパン”特集

2017.12.2 (土) 07:00

シェア

Penならではのコンセプトと美意識で、様々な情報を発信するムック本『Pen+(ペン・プラス)』。「地方から発信する日本のものづくり、メイド・イン・ジャパンを世界へ!」がテーマの最新号が、2017年11月29日に発売された。

地方発“メイド・イン・ジャパン”から見えてくる、日本の未来とは?

ファッション、アートやデザイン、カルチャー、伝統工芸、腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信する『Pen+』。最新号では、「地方から発信する日本のものづくり、メイド・イン・ジャパンを世界へ!」をテーマに、世界で称賛される地方発の“メイド・イン・ジャパン”を紹介する。

その土地を愛し、その地域に根付いた人々が、地方から発信する“日本のものづくり”。例えば、欧米のクリエイターが賛美する広島の「カイハラデニム」や、訪れる人を笑顔にする兵庫のお菓子の街「パティシエエスコヤマ」。石巻からDIY家具を広める「石巻工房」、今後の日本酒像を打ち出す福島の蔵元「仁井田本家」など。伝統と革新を併せ持つプロダクトを作り出し、また、地方の活性化を担う役割も果たす人々にフィーチャーする。

この他誌面には、作家の辻村深月、「湯道のすすめ」を提唱する小山薫堂細川亜衣などの人気料理家や、中田英寿も登場する。


地方発の“メイド・イン・ジャパン”から日本の未来を覗く、『Pen+』最新号。読めばきっと、今までとは違う日本が見えてくるはず。

■書籍情報

『Pen+』
定価/1,000円(税別)
発売日/2017年11月29日
※デジタル版も同時発売予定

公式サイト

この本を購入する


フォトギャラリー


関連タグ

Pen+ 地方から発信する日本のものづくり「メイド・イン・ジャパンを世界へ!」

Pen+ 地方から発信する日本のものづくり「メイド・イン・ジャパンを世界へ!」

作品詳細・レビューを見る

Pen+ 日本の科学技術を支える巨大施設を徹底解剖!SPring-8のすべて。

Pen+ 日本の科学技術を支える巨大施設を徹底解剖!SPring-8のすべて。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 2017年のTSUTAYAマンガ通おすすめ「いま絶対に読むべき漫画ベスト10」。2018年も目が離せない!
  3. No.3 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)