雑誌『Pen』が「Pen クリエイター・アワード 2017」を新設。第1回は高橋一生や最果タヒなど10組が受賞

2017.12.1 (金) 14:16

シェア

創刊以来、クリエイティブな人々に注目し続けてきた雑誌『Pen』(CCCメディアハウス)。このたび新しい取り組みとして、アーティスト、俳優、クリエイティブ・ディレクター、ファッション・デザイナーなど、さまざまなジャンルにおいて、今年目覚ましい活躍をみせた話題の人々、2017年の日本のクリエイターをたたえる賞「Pen クリエイター・アワード 2017」を新設した。『Pen』12月1日発売号(12月15日号)では、アワード受賞者10組を特集。

はたして2017年を代表するキーパーソンは誰なのか?

高橋一生、土屋太鳳など受賞者にまつわる本などを蔦屋書店で展開

第一回となる今年は、下記の10組の受賞が決定。岩崎貴宏(アーティスト)、最果タヒ(詩人)、 Suchmos(ミュージシャン)、高橋一生(俳優)、土屋太鳳(女優)、長谷井宏紀(映画監督)、原野守弘(クリエイティブ・ディレクター)、村松亮太郎(クリエイティブ・ディレクター)、森永邦彦(ファッション・デザイナー)、ヨシダナギ(フォトグラファー)(五十音順・敬称略) 。

これに伴い、12月1日に銀座 蔦屋書店(東京・銀座)で授賞式が開催されるほか、同店、代官山 蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電では、Pen クリエイター・アワードの受賞者にまつわる作品(受賞者が出演/または制作に携わったDVDや、映画、書籍、CD)などを展開するフェアも開催される(展開商品・期間は店舗によって異なる)。

写真はすべて(c)写真:岡村昌宏(CROSSOVER)

授賞式の写真とコメントを見る

最新号『Pen』では、受賞者へのインタビューや好きな本などについてが特集されている。以下はそのほんの一例だ。本誌とあわせて店舗へ足を運べば、より受賞者たちの魅力を体感できるはず。

『Pen』最新号で受賞者が紹介する「好きな本」一例

Suchmos(YONCE)

夜間飛行

第二次大戦末期、ナチス戦闘機に撃墜され、地中海上空に散った天才サン=テグジュペリ。彼の代表作である『夜間飛行』は、郵便飛行業がまだ危険視されていた草創期に、事業の死活を賭けた夜間飛行に従事する人々の、人間の尊厳を確証する高邁な勇気にみちた行動を描く。実録的価値と文学性を合わせもつ名作としてジッドの推賞する作品である。他に処女作『南方郵便機』を併録。

作品詳細・レビューを見る

地図にない町(『人間以前』内に収録)

人間と認められるのは12歳以上、12歳未満の子供は人間と認められず、狩り立てられてしまう…衝撃のディストピアを描いた表題作を、新訳で収録。長篇『ユービック』と同一設定の中篇「宇宙の死者」、ディック短篇の代表作として知られる現実崩壊SF「地図にない町」(新訳)、侵略SF「父さんもどき」、書籍初収録作「不法侵入者」、晩年の異色作「シビュラの目」ほか、幻想系/子供テーマSF全12篇を収録する傑作選。

作品詳細・レビューを見る

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

1966年「リボルバー」から1970年「アビイ・ロード」まで、ビートルズのレコーディング現場にいた、ただひとりのエンジニア、ジェフ・エメリックが語る全世界初の未公開エピソード満載、ビートルズ・サウンド・メイキングのすべて!数多いビートルズ本の中でも既に新しい古典となった、あの名著がニュープライスの、ニューエディションで再登場!2009年9月9日発売のビートルズ・リマスター盤についての最高のサブ・テキスト・ブック!

作品詳細・レビューを見る

ヨシダナギ

BEFORE THEY PASS AWAY 彼らがいなくなる前に

世界各地を訪れ、失われつつある民族の生活や文化を肖像として撮影した写真集。彼らのさまざまな風習や身の回りの工芸品の圧倒的な美しさを写し撮るだけでなく、文化の守り手である人々の内面までも写し出す。「ドイツフォトブックアワード2014」金賞受賞!

作品詳細・レビューを見る

ブスの本懐

みんな違ってみんなブス。“ブスに厳しいブス”カレー沢薫がすべての迷える女性に捧げる、逆さに歩んだ「美女への道」。「cakes」の大人気連載「ブス図鑑」が待望の書籍化!

作品詳細・レビューを見る

岡崎に捧ぐ

新しい世代の「女の子友情物語」のはじまり。 2014年にWEB上で公開され始められるや、各界著名人の称賛を浴びるなど瞬く間に話題を呼び、短期でページ1000万ビューを記録した人気漫画。作者・山本さほさんが、実際の幼馴染み・岡崎さんとのちょっと特殊な友情を描いた“超プライベート"なふたりの歴史。出会いは小学生時代の1990年代。スーパーファミコン、たまごっち、プレイステーション……懐かしいたくさんのゲームやおもちゃ、笑いと涙のエピソードが、誰もが持つ普遍的な記憶を呼び起こす。

作品詳細・レビューを見る

『Pen』12月15日号を購入する

■イベント開催情報

代官山 蔦屋書店
2017年12月1日(金)~12月14日(木)

二子玉川 蔦屋書店
2017年12月1日(金)~12月7日(木)

銀座 蔦屋書店
2017年12月1日(金)~12月14日(木)

各店舗のアクセス・営業時間はこちら


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連タグ

BEFORE THEY PASS AWAY 彼らがいなくなる前に

BEFORE THEY PASS AWAY 彼らがいなくなる前に

世界各地を訪れ、失われつつある民族の生活や文化を肖像として撮影した写真集。彼らのさまざまな風習や身の回りの工芸品の圧倒的な美しさを写し撮るだけでなく、文化の守り手である人々の内面までも写し出す。「ドイツフォトブックアワード2014」金賞受賞!

作品詳細・レビューを見る

騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編

『1Q84』から7年-、
待ちかねた書き下ろし本格長編

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

作品詳細・レビューを見る

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

1966年「リボルバー」から1970年「アビイ・ロード」まで、ビートルズのレコーディング現場にいた、ただひとりのエンジニア、ジェフ・エメリックが語る全世界初の未公開エピソード満載、ビートルズ・サウンド・メイキングのすべて!
数多いビートルズ本の中でも既に新しい古典となった、あの名著がニュープライスの、ニューエディションで再登場!
2009年9月9日発売のビートルズ・リマスター盤についての最高のサブ・テキスト・ブック!

「真のビートルズ・ファンならば、ぜひとも<サージェント・ペパー>と<リボルバー>のモノ・ヴァージョンを入手するべきだろう。ステレオ・ミックスとは比べものにならないほどの時間と労力が、モノ・ミックスには投入されているからだ」
(ジェフ・エメリック)本文より

【著者について】
ジェフ・エメリックは1962年にアシスタント・エンジニアとして高名なアビー・ロード・スタジオに加わり、1966年に正規のエンジニアに昇格、しかし1969年にはこのスタジオを離れ、ビートルズのアップル・レコーディング・スタジオに移籍した。グループ解散後も引きつづきポール・マッカートニー&ウィングスのエンジニアを務め(名作《バンド・オン・ザ・ラン》も彼の手になるものだ)、ほかにエルヴィス・コステロ、アメリカ、ジェフ・ベック、アート・ガーファンクルらのアーティストを手がけている。これまでに4度グラミーを受賞しており、2003年にはテクニカル・グラミーに輝いた。
ハワード・マッセイはベテランの音楽ジャーナリスト兼プロデューサー/エンジニア。「ミュージシャン」誌の前テクニカル・エディターであり、さまざまな業界刊行物に外部編集者として協力。これまでに11冊の著書がある。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  3. No.3 2017年のTSUTAYAマンガ通おすすめ「いま絶対に読むべき漫画ベスト10」。2018年も目が離せない!
  4. No.4 「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」12月1日から。夜の舞鶴公園が光のデジタルアート空間に
  5. No.5 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)