『POPEYE』1月号の特別付録は伝説の雑誌『Olive』。「ガールフレンド’18」特集が12月9日発売

2017.12.8 (金) 12:05

シェア

2003年に休刊した伝説の雑誌『Olive(オリーブ)』が限定復活。2017年12月9日発売『POPEYE(ポパイ)』(マガジンハウス刊)2018年1月号の特別付録として登場する。

小沢健二の「DOOWUTCHYALiKE」など、当時の人気連載も復活

『POPEYE 2018年1月号』特別付録

『POPEYE 2018年1月号』特別付録

1982年に『POPEYE』のガールフレンド版として「Magazinefor City Girls」をキャッチコピーに創刊、80〜90年代のガールズカルチャーを牽引した雑誌『Olive』。「オリーブ少女」と呼ばれる愛読者を生み出し、2015年には雑誌『GINZA(ギンザ)』(マガジンハウス 刊)で特別付録として復活するなど、2003年に休刊して以降も愛され続けている。

今回、12月9日に発売される『POPEYE』2018年1月号「ガールフレンド'18」特集の特別付録として『Olive』が限定復活する。

判型は創刊当時と同じA4より少し小さいサイズで、巻頭には当時から続くニュースページ「FLASH UP!」を。「CITY GIRLS IN THE WORLD」では、東京、NY、パリ、ロンドンの4都市で暮らすシティガールのリアルライフを取材。「HOW TO BE A CITY GIRL」では、フードエッセイスト・平野紗季子による、紗栄子西加奈子などの4名の著名人へのインタビューをお届けする。また、人気連載だった小沢健二のエッセイ「DOOWUTCHYALiKE」も復活。この他、本誌でもお馴染みの橋本愛によるカルチャー案内など、ファッション、カルチャー、読み物などのコンテンツを詰めこんだ84ページという充実の内容だ。


男子が『POPEYE』を読み、その友達や彼女が『Olive』を読む。そんな姿を想像し、ポパイ編集部がガールフレンドたちへ贈る『Olive』。かつてのオリーブ少女、そしてこれからのオリーブ少女にも魅力的な一冊だ。

■雑誌概要

『POPEYE 2018年1月号』
発売日/2017年12月9日(土)
定価/880円(税込)
出版社/株式会社マガジンハウス

公式サイト

この本を購入する


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

猫にモニャム~ル Olive特別編集

猫にモニャム~ル Olive特別編集

作品詳細・レビューを見る

女子のチカラ

女子のチカラ

なぜ彼女たちは、永遠の少女のまま自立できたのか。岡崎京子、オリーブ少女から蜷川実花まで。大人女子とファッションの関係を探る。

作品詳細・レビューを見る

ぼくの絵本美術館

ぼくの絵本美術館

『an・an』『POPEYE』『BRUTUS』『Olive』など雑誌のロゴ&エディトリアルデザインから『ぐるんぱのようちえん』『マザーグースのうた』をはじめ数々の絵本の作画や装丁まで手掛けた天才的なグラフィックデザイナーが生涯愛しつづけた「絵本」の世界へ―。運命的に絵本作家の道へ進んだ故・堀内誠一の「偏愛的個人美術館」。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」チケット、展示、グッズ情報を公開
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)