「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

かき氷は夏だけのものじゃない! 達人が教える、秋冬だけの味

2014.10.20 (月) 00:00

シェア

09-05-14 (C) Rikapontas

2014年夏のトレンドグルメと言えば、かき氷。贅を尽くした高級かき氷がメディアの話題をさらい、2012年に始まり、今年から全国区となったイベント『かき氷コレクション』はチケット即完売。ブームに乗って、かき氷の人気店を食べ歩いた人も多いはず。ところが、前述のイベントを主催し、食べ歩き本「かきごおりすとvol.1・2」を企画・作成した小池隆介氏は「かき氷は、秋冬にこそ食べるべき」と話す。

秋冬の愛好家が増えてきている!

小池氏によると、かき氷の専門店が増えてきたのは10年くらい前から。特にここ3、4年は倍のペースで増え続け、あまりの人気にバーなどの異業種店も提供を始めたほど。

そんななか、昨年から秋冬のかき氷シーンにも目立った動きが出てきているという。

「以前は秋冬に食べに行く人なんて数えるほどしかいなかったのに、昨年は行列が途切れない日も。秋冬にかき氷の提供を休んでいた店も、提供をはじめました。とはいえ夏よりは余裕があるので、店主さんたちはこの期間に遊び心のあるシロップを開発しています。秋冬のかき氷は、夏よりも絶対に“楽しい”ですよ!」(小池氏)

「夏よりも楽しくておいしい」? 秋冬のかき氷とは

夏は食べる人に涼をとってもらうことを意識するので、氷を主役にしたさっぱりしたものが主流になる。一方、秋冬のものはシロップが主役になり、その味わいは「おやつというより、もはやスイーツ」と小池氏は語る。栗、カボチャ、柿などの食材を使った、濃厚なシロップが特徴的なのだという。さらにハロウィンやクリスマス、正月、バレンタインなどの“イベントかき氷”も登場するとか。まさに今しか食べられない味が目白押しだ。

具体的にはどのようなかき氷が展開されるのか。数え切れないほどのかき氷を食してきた小池氏にイチオシを教えてもらった。

達人厳選、秋冬食べたいかき氷4選

秋冬素材を堪能! 濃厚シロップの元祖

パンプキンクリームキャラメル 900円(税込)※秋冬限定商品。あふれるほどのシロップがたまらない!

行列店が放つ! 食材のおいしさが凝縮
「ひみつ堂」(谷中)

「秋冬の濃厚シロップの火付け役です。夏はすごい行列ができた人気店ですが、秋冬メニュー、特に『パンプキンクリームキャラメル』も見逃せません。蒸したカボチャをこして滑らかにし、生クリームなどを混ぜ合わせて濃厚に仕上げています。これがまた、氷との相性が抜群! スイーツ好きにはたまらない味わいです。昨年の秋冬で、特に驚きのあった一杯です。あと、秋冬は比較的行列が落ち着いて入りやすくなると思うので、そういう点でもこれからの時期はねらい目かな」

住所:東京都台東区谷中3-11-18
電話番号:03-3824-4132
営業時間:11:00~18:00※土日は10:00~。木・金曜は20:00閉店
定休日:月・火曜
アクセス:JR日暮里駅 西口より徒歩約4分、東京メトロ千代田線 千駄木駅 2番出口から徒歩約6分
http://himitsudo.com/
※営業時間、メニューの詳細はツイッター「himitsuno132」で要確認


想像を超える! エンタメかき氷

魔法のシロップをかけると光りだす。 今年は、2013年度版 幻想的なクリスマスツリー ~魔法のシロップ添え~ホワイトチョコレートといちごのスープ、2014年度版 (未定)が登場予定

パティシエの遊び心が全開に!
「セバスチャン」(神山町)

「パティシエが作る、洋風かき氷です。毎回その創造力に驚かされます。メニューも頻繁に変わるので、行くたびに楽しみ! 特に昨年の『クリスマス氷』は衝撃でした。クリスマスにちなんだかき氷なんですが、なんと…光るんです。色・味がそれぞれ違うシロップで作った層もきれい。完全予約制で、30分~1時間ごとにお客さんを入れ替えるなどして、ネタバレしないようにしていました。“お客さんを楽しませよう”という心意気が好きですね」

住所:東京都渋谷区神山町7-15 ホワイトハイム大高102
電話番号:03‐5738‐5740
営業時間:11:30~19:00L.O.(かき氷は14:00~、日曜は11:30~)
※他、臨時営業・短縮営業等あり
定休日:土・祝日
アクセス:小田急小田原線 代々木八幡駅より徒歩12分、東京メトロ千代田線 代々木公園駅より徒歩10分
http://www.kamiyamabarusebastian.com/


異業種だからこそ実現した、ユニークかき氷

みたらし牛乳 800円(税込)。新しい味わいに胸躍る

ひつまぶし感覚で楽しむ!? 和の味わい
「かんな」(下馬)

「和食の料理人が作っているので和テイストのものが多く、秋冬は紫芋やカボチャ、サツマイモなどイモ系の濃厚なシロップが登場。秋冬限定ではありませんが、イチオシは『みたらし牛乳』。『特製牛乳』という人気メニューに、さらにしょうゆ、海苔、あられを加える。『特製牛乳』だけでも完成しているのに、味を加えると、また違ったおいしさになるんですよ」

住所:東京都世田谷区下馬2-43-11 2F
電話:03-6453-2737
営業時間:かき氷11:00~23:00※ランチ11:00~14:30L.O、17:00~23:00(21:30L.O.)
定休日:なし
アクセス:田園都市線 池尻大橋駅 南口より徒歩15分、田園都市線 三軒茶屋駅 南口より徒歩12分、バス「自衛隊中央病院入口」下車徒歩1分
http://かんな.jp/


チャレンジ精神旺盛な期待の新店の一杯

なると金時芋&ラムレーズン 850円(税込)※秋冬限定商品。シロップは食材の味を生かしたなめらか仕上げ。ラムレーズンのアクセントが効いている

日光天然氷を旬の手作りシロップで
「雪うさぎ」(駒沢)

「今年の新店のなかでも特に、何を食べても間違いない抜群の安定感が。これからの季節メニューへの期待も高いですね」

日・月替わりのシロップは、和・洋・中の職人がその時々に手に入る食材の味を活かして手作り。希少な日光天然氷をふわふわに削り、シロップをたっぷり合わせて楽しませる。秋冬は「そば茶のブランマンジェ」「秋色かぼちゃキャラメル」「パープル・ココ」(すべて850円(税込))などが登場。

住所:東京都世田谷区駒沢3-18-2
電話:03-3410-7007
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜
アクセス:東急田園都市線 桜新町駅 北口より徒歩7分、バス「新町一丁目」下車徒歩1分
https://www.facebook.com/yukiusagi.shavedice


「秋冬はもちろん、春の桜のかき氷もオススメ。1年中おいしく食べられるんですよ。夏以外にもぜひ、食べに行ってみてくださいね」と小池氏。秋冬は暖房の効いた暖かい室内で、春は桜を見ながら。今後はそんな光景が当たり前になるかも。(文:高橋七重)

かきごおりすとVol.2

500円(税抜)

小池隆介 著、かき氷コレクション実行委員会 発行
かき氷店80軒以上を掲載した、かき氷ファンのバイブル。Vol.1もあり。


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 スフレパンケーキプリン専門店「FLIPPER’S STAND ニュウマン新宿店」4月27日オープン
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」羽田空港に4月1日から出店

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)