旬のズッキーニは和食が正解?! 人気料理家・冨田ただすけさんのレシピも公開!

2015.7.6 (月) 13:00

シェア

ズッキーニの旬は6月頃~9月末頃、ちょうど野菜売り場に並び始めるシーズンだ。ぜひ旬の味を楽しみたいところだが、レシピがあまり思いつかない……。イタリア野菜なので、ラタトゥイユやフリットなど洋風メニューと相性が良いように思うけれど、実際はどうなのか。

イタリア野菜・ズッキーニが日本の食卓に現れたのは?

すっかり日本でもおなじみになったズッキーニだが、いつから我々の食卓に登場したのだろう。そもそも、ズッキーニって何?……etc. 改めて考えてみると、ズッキーニについて知っていることは実に少ない。

持続可能な社会を目指して、環境負荷の小さい農業の普及に取り組んでいる「坂ノ途中」(京都・京都市)のスタッフ・倉田優香さんに、改めて話を聞いた。

ズッキーニは、カボチャやキュウリ、スイカと同じウリ科の野菜。日本で知られるようになるのは昭和50年代で、イタリア料理やフランス料理が日本で一般的になるにつれて、それら料理に欠かせないズッキーニも広く知られるようになったのだとか。徐々に食卓にも浸透してきており、今でも出荷量が年々伸びているのだそう。

ズッキーニには、よく目にする緑のズッキーニのほか、黄色いもの、丸い形のもの、長くてかぼちゃのような甘みが魅力のトロンボーンチーノ、種にナッツのような風味のあるイエローストレートネック、円盤状の面白い形をしたUFOズッキーニなど、さまざまな色、形、味があるそう。こんなにバリエーションに富んだ野菜だったなんて!

UFOズッキーニ

イエローストレートネック

プレーンな緑のズッキーニ、黄色ズッキーニ、ストライプズッキーニ、丸ズッキーニ

冨田ただすけさんに聞く、ズッキーニのおいしい食べ方

さて、肝心のズッキーニをおいしく食べる方法だが、意外なことに和食がオススメだとか! 和食にすることでさっぱりと楽しむことができ、特にこれからの暑くなるシーズンに最適というわけだ。

ということで、和食での楽しみ方を、さらに“和食の専門家”に聞いてみた。和食を中心とした料理家としてメディアで活躍中で、6月に新刊『ごはんがおいしい野菜のおかず』を発刊したばかりの冨田ただすけさんだ。

冨田さんいわく、「ズッキーニは茄子と同じように油と相性の良い野菜なので、炒め物や揚げ出し、揚げびたしなどにも向きます。また、油を使わなくてもクセのない淡泊な味わいが楽しめるので、みそ汁の具などにしてもおいしいです」。なるほど、茄子の調理方法をイメージするとわかりやすいかもしれない。

さらに、「きゅうりと同じように塩もみして、サラダ感覚、浅漬け感覚で、生で食べるのもおすすめ。塩をふって浅漬けにして、サラダの具材などにつかっても美味しいし、ちょっとした和え物やぬか漬けの野菜などにも向きます」と冨田さん。生で食べると少し青臭さを感じるズッキーニも、塩をふることで青臭さが抜けて食べやすくなるのだそう。

冨田さん、簡単で美味しい和食レシピを教えて!

「簡単でおいしいズッキーニの和食レシピを教えて下さい!」とお願いしたところ、いただいたのが「塩もみズッキーニと油揚げのおかか和え」。塩でもんだズッキーニを油揚げと鰹節で和えるだけなのに、ズッキーニのしゃきしゃきした食感と油揚げの香ばしさで身も心も満たされる一品だ。


「塩もみズッキーニと油揚げのおかか和え」

材料(2人分) 調理時間:10分

ズッキーニ…1/2本
油揚げ…1/2枚
すだち…1/4個(用意できればでOK)
かつお削り節…1パック(2g)
しょうゆ…適量

1、ズッキーニはヘタを切り落として縦半分に切り、3~4㎜幅の半月切りにする。ボウルに入れて塩ふたつまみ(分量外)をもみ込んで5分おく。

2、油揚げはトースターで軽く焼き色がつくまで焼き、短冊切りにする。

3、ズッキーニから水気が出てくるので、水気を切ってボウルに移し、②とかつお節を加えて混ぜ合わせる。

4、器に盛り付け、すだちとしょうゆをそえる。食べるときにすだちをしぼり、しょうゆを適量かけていただく。


夏の食卓にこそ、和のズッキーニをどうぞ

暑くなるこれからの季節、和食でさっぱりと楽しめるズッキーニ。低カロリーでビタミン、ミネラルも豊富で、夏バテの心強い味方になってくれそうだ。

(文:岸田祐佳、取材協力:坂ノ途中)

◆あわせて読みたい

大根は今も旬!? 冬には味わえない、今だけの食べ方とは?
マルシェのような八百屋さんで教わる「あなたの知らない」野菜の魅力


料理研究家
冨田 ただすけ(とみた ただすけ)

月間400万PVを超える和食レシピサイト「白ごはん.com」を主宰。日本料理店での修行や食品加工メーカーの商品開発職をへて、2013年に料理研究家として独立。雑誌や書籍、WEBなどで活躍する。著書に『白ごはん.comの5分・15分・30分で「和」のおかず』(講談社)、『冨田ただすけの和定食』(学研パブリッシング)、週刊誌AERAでの連載をまとめた『しあわせの白ごはん』(朝日新聞出版)などがある。
6月には野菜を使ったレシピ本『ごはんがおいしい野菜のおかず』を発刊したばかり

白ごはん.com

野菜提案企業 坂ノ途中。「100年先も続く、農業を。」をコンセプトに、環境負荷の小さい、持続可能な農業の普及に 取り組んでいます。農薬や化学肥料に頼らず土の力を大切にじっくり丁寧に育てられた「ハンドメイドな野菜」を、提携農家さんからぐるっと集め、全国へお届けしています。

坂ノ途中

あなたのインスピレーションを刺激する。
今、最も“旬”な雑誌、食、インテリア・雑貨、アート、デザインの
トピックをななめ読み。「いつかは行きたい」「やってみたい」が
見つかるライフスタイルWEBマガジン。

T-SITE LIFESTYLE


関連記事

関連タグ

ごはんがおいしい野菜のおかず

ごはんがおいしい野菜のおかず

日本一ていねいな和食レシピサイト発100品。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)