「週末ごはん」のスタイリッシュなおもてなし! 話題の料理研究家ヒグッチーニさんに聞いてみた

2015.11.14 (土) 09:00

シェア
週末ごはん

すっかり空気も秋模様になった今日この頃。週末は屋内でゆっくり過ごす人も増えているのでは。とはいえ、屋内での楽しみ方は意外とマンネリしがち。

そこで、家に気のおけない友人を招いてごはんパーティーをするのはいかが? 

テーブルや部屋を飾り付けて、少し手間をかけた料理をふるまうのだ。そんな素敵な週末に欠かせないのが、おいしくて見た目にも楽しめる料理たち。旬の味覚で彩れば、より季節感とムードを演出できる。

今回は、Instagramでも絶大な人気を誇るHigucciniこと樋口正樹さんに、みんなで囲むおもてなし食卓の作り方と、旬の野菜をぜいたくに使ったレシピを伺った。

デザイナーから料理研究家へと転身。センスが光る料理と演出にファン多し

チーズたっぷりのせて焼いたパンシチュー

チーズたっぷりのせて焼いたパンシチュー

白菜餃子

白菜餃子

梨と葡萄のパフェ

梨と葡萄のパフェ

樋口さんは初めから料理の世界にいる人ではない。美大を卒業後、IT企業のデザイン部門に長年勤務していたという。その時代から料理を始め、2011年に独立し「Kitchen Studio HIGUCCINI」を設立。それ以降、雑誌やWebでの連載などを持ちレシピ開発を重ねている、注目の料理研究家だ。

「僕は元々料理をやっていたわけではないので、最初は見よう見まねで始めたんです。自分の料理だから、自分が一番おいしいと思う瞬間を収めてブログなどにも載せていました。これも全部独学なので、いまだに撮影にいらっしゃったプロのカメラマンの撮り方から、学んでいることも多いんですよ」

もともと料理畑の出身ではないことが、逆に型にはまらない料理の楽しみ方やレシピを生み出していると言えそうだ。料理研究家というと調理法や料理のアイディアが注目されがちだが、樋口さんは食卓の演出、大胆でスタイリッシュなレシピ、Webで紹介する美しい料理のビジュアルと、「料理を通じたライフスタイル」の提案に定評がある。

樋口さんに聞いた! おいしくて楽しい食卓の法則4つ

そんな樋口さんに、具体的な食卓の作り方のコツを聞いてみた。

おいしい食卓の法則その1「料理をおいしく食べたい人と一緒に楽しむ」

仲の良い友達を呼んで、週末みんなで食卓を囲む。ついつい話に夢中になってしまいそうになるけれど、でも忘れてはならないのが、料理をベストタイミングで食べてもらうこと。

「温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに。できたてのタイミングで料理を食べるのが、楽しくおいしく食べられるコツです。そう考えると人を集めるときには、“食べたい!”って思ってくれる人を呼ぶことが大切。話すことではなく、食べることに集中してくれる人たち。そういった人たちと食事を共にすることで、楽しい食卓が生まれるんだと思います」

樋口さん自身も料理を作りながら、自分でもおいしいときに食べるようにしているという。作り手も作るばかりに集中するのではなく、みんなと同じように食べることを楽しめないと、せっかく仲間が集まったのにもったいない。そこでもう一つ重要になってくるのが、どんな料理を作るかの献立だ。

おいしい食卓の法則その2「“凝らないもの”を作ってもてなす」

焼き芋にエシレバター

焼き芋にエシレバター

蒸しただけの小さめのカボチャ

蒸しただけの小さめのカボチャ

梨のコンポート

梨のコンポート

人がくると思うと、どうしてもいつもよりも気合を入れたものを作ってしまいがち。けれど、先ほどの話にあったようにホスト側が席を立ちっぱなしでは、ゲストも心から楽しむことができない。そうかといって、事前に準備したものを温めて出すのでは味気ない。ならば、凝り過ぎないけど味も見た目もおいしいものを用意するのが一番!

「料理は凝らないほうがいいと思います。なぜなら家での食事だから。凝ったものは外でお店の人が作ってくれますよね?それよりも、自分も一緒になって楽しめるくらい余裕を持って作れるものがベストです。例えば、焼いたかぼちゃにゴルゴンゾーラを乗せるだけでもOK。ホクホクした焼き芋を出すだけでも大丈夫。作っている本人が、この料理はかっこいい!と思って作ってさえいればどれでもおしゃれに見えるんですよ(笑)。特に秋から冬にかけての食材は、簡単においしくなるものばかりなので、手をかけなくてもおもてなし料理を作ることはできますよ」

難しいものを作る必要はなく、普段から食べているものをおいしく作るほうが大切。とくにシンプルでおいしく食べられるものは、Instagramなどに載せても評判がいいという。

おいしい食卓の法則その3「週末へのイメージトレーニングをしておくこと」

カマスのベーコンロール焼き

カマスのベーコンロール焼き

前菜盛り合せ

前菜盛り合せ

スレート

スレート

週末に素敵な食卓を作るのであれば、その前のイメージトレーニングは必須。どんな食材を使って、どんな料理を作って、最後どのような食器で盛り付けるか。そこまでを考えておくと、当日もスムーズにもてなすことができるという。

「おいしそうに見せるためのコツはいくつかあります。僕は料理初心者の人にはよく『とりあえずレモンを買えば?』と言っています(笑)。レモンって添えてあるだけで、それっぽく見えるんですよね。それ以外にも、フルーツやチーズ、ナッツ、オイルなどなど。何か一つだけでもこだわっていれば、それだけでおしゃれな食卓に見せることができます」

また、最近ではフルーツを凍らせてお酒に入れるなどして、目で楽しむ飲み方もおすすめだという。そしてもう一つ大切なのが、料理を盛り付ける器たち。

「器はシンプルなもののほうが使い易いと思います。それとあると便利なのが、カッティングボードやスレートなど。一つあるだけで見栄えがよくなるし、ボードやスレートってお皿と比べても乗せ易いから便利なんです。あとはシンプルでいいお皿が一枚あれば、それだけで十分です。器選びはそういうことを意識するといいかもしれないですね」

樋口さんは以前、デザインの仕事をしていたことがあるからこそ、土台となるお皿はシンプルなものを選んでいるのだという。 では実際に、上記のことを踏まえて秋に食べたい週末の食卓料理を作ってもらった。

おいしい食卓の法則その4「秋のオススメレシピは、手間をかけず気軽に食べられる『焼きカブ』」

焼きカブ

焼きカブ

今回秋のおいしい食卓を彩る食材として、取り上げてもらったのが「カブ」。カブ料理というとパッと思い付かないが、樋口さんが教えてくれたのは驚くほど簡単でおしゃれな料理! 手を加えるのは最小限、カブそのもののおいしさを最大限に味わえるレシピだ。

「週末に仲間と食べるなら凝ったものを上品に食べるよりも、手間をかけず気軽に食べるほうが、親しい間柄の食事としてありだと思うんです。器はスレートを使って他の食材と一緒にワンプレートで盛り付けて遊ぶことで、テーブルを充実させることもできます」

「焼きカブ」のレシピ

焼いてあるカブがいつものお皿に盛り付けられているのでは、なんだか物足りない。そこで先ほど紹介した、スレートやカッティングボードを使うのがHiguccini流だ。盛り付けのセンスがいいだけで、料理が数段おいしそうに見えるのは間違いない。


料理のテクニックももちろんだが、お皿や盛り付けなどのちょっとした工夫を加えるだけで、もっと喜ばれる食卓を作り出すことができる。手はさほどかかっていないのに、おもてなし料理としては完璧な料理たち。誰を呼んだとしても、または呼ばれる側だとしても、食べることが楽しみなってしまうような食卓がここにある。おいしい一品をもっとおいしく見せる、そんなコツをいくつか習得することで、週末が待ち遠しくなってしまうだろう。

(文:戸塚真琴)

樋口正樹(ひぐち・まさき)

樋口正樹(ひぐち・まさき)

IT企業に在職中、料理ブログ「The Last Order」を始め、男の料理の持つおいしさのシズル感を書き綴る。当時から休みの日は、朝から晩まで料理三昧の日々を送っていた。2011年に独立後は、料理研究家としてのレシピ開発だけでなく、食や生活に関するwebサイトのクリエイティブも行っている。

公式サイト「higuccini.com」 Instagram

「野菜コラム」をもっとみる


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 スヌーピーをテーマにした「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」神戸に2018年夏オープン
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)