「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

築地市場、移転間近。貴重な姿をとらえた映画『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』公開記念トークショーをレポート

2016.5.5 (木) 07:00

シェア
TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)

80年来、愛されて続けてきた東京の台所、築地市場が2018年11月に豊洲へ移転する。その姿をとらえた映画『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』(2016年10月1日(土)築地(東劇)先行公開、10月15日(土)全国ロードショー)の公開記念イベントとして、遠藤尚太郎監督、料理家・寺田真二郎氏、仲卸の神戸悠一氏(有限会社善金 代表)によるトークショーが、5月3日に「築地市場まつり」内で行われた。

「築地市場まつり」で同日トークイベントを行った林家正蔵氏とイッチーノ、ダンスを披露した人気キャラクターKIRIMIちゃんと共に。写真左からイッチーノ、遠藤、林家正蔵、寺田、KIRIMIちゃん.

「築地市場まつり」で同日トークイベントを行った林家正蔵氏とイッチーノ、ダンスを披露した人気キャラクターKIRIMIちゃん.と共に。写真左からイッチーノ、遠藤尚太郎監督、林家正蔵氏、寺田真二郎氏、KIRIMIちゃん.

知っているようで知らない築地市場の姿、そして日本の魚食文化について考えさせられる映画になる

東京都中央卸売市場築地市場に初めて1年以上に渡りカメラが入り映画撮影を敢行、一般の人は足を踏み入れることのできない築地の深部まで迫る映画『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』のトークショーに登壇したのは、遠藤尚太郎監督とイケメン料理研究家として知られる寺田真二郎氏、そしてめったに表舞台に立つことのない築地で働く仲卸の代表として神戸悠一氏。

トークショーでは、映画の見どころや撮影中のエピソードなどが語られた。

映画監督の遠藤氏、築地市場に買い物に来る料理人である寺田氏、仲卸として働く神戸氏と、立場も三者三様。映画の見どころについて、寺田氏の「普段、買い物をしに来るだけでは見られない部分にもドラマがある」とコメントし、神戸氏は「僕らの笑顔なども撮ってもらって。築地の違う一面を見られるんじゃないかと思います」。これらの言葉を受けて、遠藤監督は「この映画では、築地に働いている1万何千人の人々の顔を観ていただきたい。本当にいい顔をしているんです」と言葉に力を込めた。

一番右が

一番右が神戸悠一氏。

築地市場には、1日2,000~3,000種類の魚介が全国各地から集まると言われている。すし店などの飲食店の人々は、その中から魚介を選んで店で提供する。築地から外に向けられるドラマも見どころだと遠藤監督は言う。「寿司屋の買い出しなどにも同行しました。仲卸の方々が代々家業としてこの仕事をしている一方で、そのお客さんであるお寿司屋さんも家業であることが多い。互いに自分が生まれる前からの付き合いで、(漁れ高や魚の質が)いい日も悪い日も、彼らは共にしてきた。その信頼関係を描きたかったんです」。

最後に、築地をめぐるドラマを通じて「日本の魚食文化」を考えるきっかけにもなれば、と締めくくった。

「撮影を終えた今も築地に来ると活気とドキドキやワクワクを感じます。映画を撮るにあたって、改めて築地の魚の美味しさに感動し、それを映画に込めたいと思いました。

移転を控えているということもあり、築地にはノスタルジックな空気があります。ですが、価値が多様化している現代において、改めて築地という場所について、新しく豊洲がどうなっていくのかということを、日本人としてルーツを考えていく。誇りをもって魚食を考えていくという映画になったと思います」。

■映画『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』のあらすじ

世界一の魚市場《TSUKIJI》 初めて1年4か月にわたる長期撮影が許され、カメラが捉えた知られざる市場の姿人々の息遣いと心揺さぶる生き様 ──〈築地市場〉初の映画使命感を持って働く魚のプロフェッショナル〈仲卸〉の日々の営みや彼らを取り巻く人間模様を、築地の四季と共に美しい映像で紡ぐ。世界中の料理人から旅行者までを魅了してやまない“TSUKIJI”の真の姿が初めて浮き彫りになる。すきやばし次郎、鮨さいとう、すし匠、石かわ、銀座小十、ESqUISSE、noma、道場六三郎 etc. 料理界をけん引する職人たちがなぜ、築地に魅せられるのか?食の最前線、 その舞台裏に迫る。

  

■公開詳細

『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』

公開表記:10月1日(土)築地(東劇)先行公開/10月15日(土)全国ロードショー
監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
音楽:Takahiro Kido
取材協力:築地で働く人々(仲卸ほか)/すきやばし次郎 鮨さいとう すし匠 第三春美鮨 㐂寿司 石かわ 銀座小十 ESqUISSE
みかわ是山居 道場六三郎 René Redzepi(noma) Theodore C. Bestor(文化人類学者) 服部幸應 山本益博 犬養裕美子ほか
協力:東京都中央卸売市場築地市場 東京魚市場卸協同組合
製作・配給:松竹メディア事業部
©2016 松竹
上映時間:110分

公式サイト


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

  1. No.1 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  2. No.2 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  3. No.3 スフレパンケーキプリン専門店「FLIPPER’S STAND ニュウマン新宿店」4月27日オープン
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 「アートアクアリウム」2018年は東京・名古屋・上海で開催。前売りチケット6月1日発売スタート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)