ブルーボトルコーヒー日本上陸から2年。「清澄白河ロースタリー&カフェ」「青山カフェ」など6店舗の攻略まとめ

2017.3.17 (金) 10:44

シェア

2015年2月にブルーボトルコーヒーが日本上陸し、大きな話題を呼んでからてから早2年。

昨年は新店舗のオープンが相次ぎ、6店舗までに拡大。1号店「清澄白河ロースタリー&カフェ」以降、続々と登場した6店舗、実はそれぞれでメニューや特徴が違うことをご存知だろうか。

2周年イベントも目白押しなこの機会に、改めて原点である1号店、2号店「青山カフェ」を中心に、ブルーボトルコーヒーの楽しみ方を紹介したい。

国内で唯一ロースタリーを併設。焙煎する過程も五感で楽しめる「清澄白河ロースタリー&カフェ」

 

朝7時半、清澄白河駅から歩くこと約10分。一見すると町工場のような店舗が見えてくると同時に、ローストされたコーヒー豆の香ばしいかおりが鼻をくすぐる。

ブルーボトルコーヒー創業者のジェームス・フリーマン氏が「何時間でも当時の話ができるくらい、思いがつまったお店」だという「清澄白河ロースタリー&カフェ」は、2015年2月にオープンした1号店だ。オープン日は、夜中3時半から開店を待ちわびる人たちで長蛇の列ができたほどの注目ぶりで、今なおその勢いはとどまるところを知らない。

ブルーボトルコーヒーの米国本社があるオークランドに環境が似ていることから、清澄白河に作られた同店は、日本国内で唯一ロースタリーが併設されている店舗。早朝ここで、6店舗で提供するコーヒーの焙煎が行われる。6時頃から準備をはじめ、スタッフみんなで”朝の一杯”を楽しんだ後、焙煎がはじまる。

ブルーボトルコーヒー焙煎士・山本さん。

6店舗分の豆を焙煎するのに、多い日では1日20回も繰り返すという。

焙煎を行う作業場とカフェスペースがガラスで区切られていないため、店内に一歩入ると焙煎機の近さに驚く。そのため、焙煎している時はいつ来店しても焙煎の香りが感じられるが、特におすすめしたいのが午前中だ。

ブルーボトルコーヒーでコーヒーの商品開発・管理に携わるプロダクションマネジャーの門倉さんは、「焙煎は午前中にやっているんですが、店内が焙煎の心地よい“音”と“香り”に包まれます。お客様も午後ほどは多くなく、ゆったりとコーヒーを味わっていただけますよ」と話す。

まさに“五感”で「Seed to Cup(コーヒー豆から1杯のドリンク(カップ)になるまでのプロセス)」を体験できるので、午前中を狙って来店してみてほしい。

リードバリスタの川島さんオススメのシングルオリジンのカプチーノ(左)とアフリカの3種類の豆をブレンドしたドリップコーヒー(右)。「1号店ですから、ここでは6店舗の中で一番おいしいコーヒーを自信をもってお出ししていますよ」(川島さん)

リードバリスタの川嶋さんオススメのシングルオリジンのカプチーノ(左)とアフリカの3種類の豆をブレンドしたスリーアフリカズという名前のドリップコーヒー(右)。「1号店ですから、ここでは6店舗の中で一番おいしいコーヒーを自信をもってお出ししていますよ」(川嶋さん)

2017年3月18日(土)には清澄白河ロースタリー&カフェで、日本上陸2周年を記念したファーマーズマーケット「Blue Bottle Coffee Farmer’s Market 2017」が開催される。「カタネベーカリー」やてぬぐい専門店「かまわぬ」など、ブルーボトルコーヒーの商品やアイテム、空間作りに携わるお店が出店する1日限りのイベントなので、チェックしてみては。

■清澄白河ロースタリー&カフェ店内の様子


  • 朝の時間には、登校中の小学生や散歩中の地元の人の姿が見える。

  • コンテナがおしゃれに使ってある。

  • 毎朝、コーヒーのコンディションを確認するためカッピングが行われる。

  • アジア圏の観光客も多いため、メニューには中国語・韓国語も。

唯一キッチンを併設。作りたてフードとサイフォン コーヒーが味わえる「青山カフェ」

 

次に訪れたのは2号店「青山カフェ」。にぎやかな青山の街の中にこんな場所が!? と目を疑うほど緑に囲まれたビルの2階に、同店はある。

ブルーボトルコーヒーの6店舗すべてのストアデザインを手掛けるスキーマ建築計画・長坂常氏は、「青山ではまれな、緑を感じられるロケーションなので、それが楽しめるよう試行錯誤しました。店内は場所によっていろんな座り方ができるようになってます」とこだわりを語る。

その言葉の通り、入り口付近にはちょっと腰をかけられる低いイス、中央には高めのコミュニティテーブル、奥にはワークショップも開催されるほどゆったりとしたソファ席、そして緑を楽しめるテラス席もあり、気分によって選べるのが嬉しい。

そんな「青山カフェ」の一番の特徴は、日本国内の店舗で唯一キッチンスペースがあることだろう。淹れたてのコーヒーと一緒に、作りたてのあたたかいフードが味わえるのはここだけの特権なのである。

ボリューム満点の「ブルーボトル ブレックファスト トースト(750円・税抜)」

どっしりとした見た目に反して、ふわふわでいくらでも食べ続けられちゃう「ベニエ(600円・税抜)」

充実するフードメニューの中でも、特にスタッフのおすすめだというのが「ブルーボトル ブレックファスト トースト」と「ベニエ」。どちらも日本でしか食べられない限定商品だ。

「ブルーボトル ブレックファスト トースト」は、ぽこっとくり抜かれたトーストの中央にチェダーチーズがかかった半熟卵が入っている見た目も面白い一品。厚めに切ってあるトーストは「カタネベーカリー」のもの。ハーブとお酢、レモンの皮が少し入ったさっぱりとした味わいのアボカドが添えてあり、パンと半熟卵との相性がバツグンだ!

「ベニエ」は、揚げたシュー生地に砂糖がまぶしてあり、塩キャラメルソースをかけて食べる甘じょっぱいスイーツ。創業者のジェームスも特にお気に入りなのだそう。一見するとドーナッツみたいだが、シュー生地なので中は空洞。ふわふわ食感と甘い×しょっぱいの組み合わせがベストマッチして、ぺろっと食べられてしまった。注文してから揚げてもらえるので、いつでも揚げたてが食べられる。

 

もうひとつ、同店にしかない、しかも提供しているのは平日の12時までという、限定のお楽しみメニューがある。それが、バリスタが1杯ずつ丁寧に淹れてくれる「サイフォン コーヒー」だ。コポコポとお湯が沸きあがり、コーヒーが上下する様子は、ドリップとはまた違った特別感が味わえる。淹れる様子を目で楽しみ、香りを楽しみ、味わいを楽しむ……。いつもよりちょっと贅沢な体験に心が躍る。

サイフォン コーヒーは香りをストレートに楽しめるように、細いグラスにまずは少しだけ注がれる。冷めて香りが落ち着いてくると、甘みが出てきて、味わいの変化も楽しい。

サイフォン コーヒーは香りをストレートに楽しめるように、細いグラスにまずは少しだけ注がれる。冷めて香りが落ち着いてくると、甘みが出てきて、味わいの変化も楽しい。

ブルーボトルコーヒーでは、すべてのドリンクにマッチするフードペアリングが考えられている。青山カフェのリードバリスタ・風間さんは「ぜひバリスタにおすすめのペアリングを聞いてみてください。コーヒーの味わいは毎日変化するので、その日の状態にベストなペアリングをご提案します」と話してくれた。

季節の移ろが感じられる店内でバリスタとの会話を楽しみながら、サイフォン コーヒーと作りたてフードで、贅沢なコーヒータイムを過ごしてみてはいかがだろう。

■青山カフェ店内の様子


  • 入り口の目印はもちろんこのロゴ。

  • さまざまな座り方ができる店内。

  • バリスタが丁寧に淹れているのは……

  • ラテアート! 芸術作品のような美しさにうっとり……。

  • テラス席は木々の緑が間近に見られる。

  • 奥のソファ席ではドリップセミナーなどワークショップが行われることも。

  • カフェスペース。作っている様子が見られるのもうれしい。

  • 青山カフェがオープン時にKINTOとのコラボで生まれたカップ&ソーサー。店舗で購入も可能だ。

ブルーボトルコーヒーは全店舗、コンセプトやストアデザインが異なる。上陸2周年のこの機会に、店舗めぐりをしてみても楽しそうだ。

■店舗情報

清澄白河ロースタリー&カフェ

住所/東京都江東区平野 1-4-8
営業時間/8:00~19:00
定休日/なし

青山カフェ

住所/東京都港区南青山 3-13-14
営業時間/8:00~19:00
定休日/なし

六本木カフェ

住所/東京都港区六本木7-7-7
営業時間/8:00~20:00
定休日/なし

詳細レポート

新宿カフェ

住所/東京都新宿区新宿4-1-6
営業時間/8:00~22:00
定休日/なし

詳細レポート

中目黒カフェ

住所/東京都目黒区中目黒3-23-16
営業時間/8:00~19:00
定休日/なし

詳細レポート

「品川カフェ」

住所/東京都港区港南2丁目18-1
営業時間/月~金8:00~22:00、土・日・祝日10:00~22:00
定休日/なし

詳細レポート

ブルーボトルコーヒー 公式サイト


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「プレミアムフライデー」何する? 話題のTSUTAYA「NOTジャケ借」でビール片手に映画を楽しもう!

  1. No.1 「プレミアムフライデー」何する? 話題のTSUTAYA「NOTジャケ借」でビール片手に映画を楽しもう!
  2. No.2 スタバの新店「スターバックス コーヒー 鹿児島仙巌園店」で桜島を一望! 3月29日オープン
  3. No.3 『アメトーーク!』に登場した読書芸人おすすめ本まとめ。「代官山 蔦屋書店」でフェアも開催【2016年11月10日(木)放送】
  4. No.4 【2016年】「料理本」人気ランキングを発表! 蔦屋書店のおすすめ30冊【初心者向けからベストセラーまで】
  5. No.5 『ラ・ラ・ランド』サントラはジャズ入門に必聴! あわせて観たい音楽映画5作も紹介

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)