スタバの地域限定「JIMOTO made シリーズ」第4弾、青森で「津軽びいどろ」グラスを4月24日から販売

2017.4.18 (火) 12:00

シェア

左から「津軽びいどろAOMORI266ml」 「津軽びいどろTSUGARU266ml」 「津軽びいどろHIROSAKI266ml」 「津軽びいどろGOSHOGAWARA266ml」各2,800円(税抜)

スターバックスの「JIMOTO made シリーズ」第4弾「津軽びいどろ」グラスが、青森県津軽地方で販売される。2017 年4 月24日(月)から。

青森県津軽地方限定。漁業用浮玉の技から生まれたグラス「津軽びいどろ」

漁業用浮玉の技法を応用したガラス工芸品「津軽びいどろ」。津軽半島の西側に広がる七里長浜の砂を材料にし、紀元前1世紀頃から受け継がれてきた「宙吹き」の技法を用いて生み出されたのが始まり。その造形は、自然の美しさをガラスに写し取ったかのよう。

今回の生産元である北洋硝子株式会社では、かつて浮玉を吹いていた職人たちの技術と精神を受け継いだ現代のガラス職人達が心を合わせ、新しい技法を取り入れながら1点1点丁寧に作り続けている。

「地元の豊かさを感じながらゆっくりコーヒーを楽しんでいただきたい」という想いが込められたグラス「津軽びいどろ」は、全4商品「津軽びいどろAOMORI266ml」「津軽びいどろTSUGARU266ml」「津軽びいどろHIROSAKI266ml」「津軽びいどろGOSHOGAWARA266ml」各2,800円(税抜)。「津軽びいどろ」の特徴であるカレット(色ガラス)を使った鮮やかな色彩表現と商品名で地元の魅力を表現している。

津軽地方全体を表す「TSUGARU」は、奥羽山脈を隔てて津軽地方に降り積もる雪の“白”と、その冬の寒さがあるからこそ一層きれいに感じる新緑の“緑”を。

青森市の「AOMORI」は、津軽湾の海、津軽の人々の奥ゆかしさの“青”と、ねぶた・心に秘める温かい思いとしての“赤”を。

弘前市の「HIROSAKI」は、弘前公園の桜の“ピンク”と、桜の木や歴史的建造物の柱の“茶”を。

五所川原市の「GOSHOGAWARA」は、立ちねぶたに代表される“赤・黒”と、津軽鉄道の“黄”で、この地域の中でもっとも気性や地吹雪などの激しい様子を表現している。

「JIMOTO made シリーズ」とは

「JIMOTO made シリーズ」は、地域との繋がりをより強く、深いものにするための活動のひとつとして、スターバックスがスタートさせたもの。日本各地、その地元で活躍する伝統工芸やその職人の技術を取り入れた商品を開発し、その土地の限定店舗でのみ販売している。今まで登場したのは、第1弾が江戸切子のアイスコーヒーグラス、第2弾が鳥取砂丘を思わせるコーヒーアロママグ、第3弾が岐阜・高山の伝統工芸の漆を施したウッドマグ&福岡・筑前エリアの小石原焼コーヒーアロママグ。

■商品情報

「JIMOTO made シリーズ」第4弾 グラス「津軽びいどろ」

「津軽びいどろAOMORI266ml」
「津軽びいどろTSUGARU266ml」
「津軽びいどろHIROSAKI266ml」
「津軽びいどろGOSHOGAWARA266ml」
各2,800円(税抜)

販売/青森県津軽地方限定
津軽びいどろAOMORI266ml…青森市にある3店舗 「青森ラビナ店」「青森中央店」「青森西バイパス店」
津軽びいどろTSUGARU266ml…津軽地方にある5店舗 「青森ラビナ店」「青森中央店」「青森西バイパス店」「弘前公園前店」「青森ELM店」
津軽びいどろHIROSAKI266ml…弘前市にある1店舗「弘前公園前店」
津軽びいどろGOSHOGAWARA266ml…五所川原市にある1店舗「青森ELM店」

【商品に関するお問い合わせ】
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
電話/03-5745-5890

スターバックス コーヒー ジャパン 公式サイト


関連記事

関連タグ

ことりっぷ 十和田・奥入瀬

ことりっぷ 十和田・奥入瀬

作品詳細・レビューを見る

アイ・アム・サム

アイ・アム・サム

知的障害のために7歳の知能しか持たない父親サムは、スターバックスで働きながら一人で愛娘ルーシーを育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、二人は理解ある人々に囲まれ幸せに暮らしている。しかし、ルーシーが7歳になる頃にはその知能は父親を超えようとしていた。そんなある日、サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断され、ルーシーを奪われてしまう。どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、敏腕で知られる女性弁護士リタのもとを訪ねるが、サムにリタを雇うお金などあるわけもなくあっさり断られてしまう……。

作品詳細・レビューを見る

スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉

スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉

上司も店長も単なる役割だ。全力でその役を演じればいい―。スターバックスコーヒージャパンCEOを務めた著者が、日本全国の現場を日々動かしている「課長、係長、店長」といったプチリーダーたちに向けて、今、どうしても伝えたかったこと。仕事で悩んだときや心が揺れたとき、そっと開きたくなる一冊。ビジネス自己啓発書のロングセラー、待望の文庫化。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

【プレミアムフライデー連載】漫画家・ミュージシャン久住昌之さんに聞く、「本とビールな金曜日。」 [T-SITE]

Access Ranking

ランキングをもっと見る

進化したカプセルホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」が京都にオープン

  1. No.1 進化したカプセルホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」が京都にオープン
  2. No.2 【2017年】東京駅「お土産スイーツ」人気ランキングTOP10! 夏の帰省におすすめの新作・限定品も
  3. No.3 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 『情熱大陸』出演のトレーナー・AYA流“美BODY”が作れる! DVD付きトレーニング本3選【2017年7月23日(日)放送】

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)