【連載】LIFE相場正一郎さんと12カ月の道具たち:11月の休日は男のアウトドアを楽しむ

2017.11.1 (水) 07:00

シェア
【連載】LIFE相場正一郎さんと12カ月の道具たち:11月の休日は男のアウトドアを楽しむ

2003年、代々木八幡商店街にレストラン「LIFE」はオープンした。訪れた人を心地よく包み込むような空間とほっとさせる料理だけでなく、カルチャーやライフスタイルの発信地としても多くのお客さんから愛されている。

そんな「LIFE」の生みの親であるオーナーシェフ・相場正一郎さんは、自他ともに認める“道具好き”。食はさることながら、山登り、サーフィン、インテリア、カメラなど、さまざまなことに造形が深い相場さんは、一体どんな道具たちと寄り添いながら一年を暮らしているのか。その月ごとの欠かせない愛用の道具をひとつずつピックアップして、相場さんと道具たちのストーリーを紡いでいく。

第8回目となる11月の主役はアウトドア道具。秋晴れの休日に海へ山へ、椅子とテーブルを持って出かけ、暖かいコーヒーを飲む、それが相場さんの休日の過ごし方。今回は相場さんも主催したサーフキャンプイベント「マウンテンモーニング」におじゃました。

野外で使うからこそ、作りがしっかりしたものを

――休日の多くを自然のある場所で過ごされるという相場さんですが、アウトドアにご興味をもたれたきっかけは何でしょうか?

友人に「山コーヒー」に誘われたのがきっかけですね(6月コーヒーの話を参照)。その時に山でゆったりと過ごしたことで、キャンプの楽しさを味わいました。山でも海でも、外にお気に入りのテーブルと椅子、コーヒーを淹れるためのバーナーを持って出かける……それだけで最高の休日になりますね。

――澄んだ空気の中でゆったりとコーヒーを味わうなんて、考えただけで贅沢な時間です。こちらの椅子とテーブルを、ふだんキャンプなどに持って行かれるとのことですが、メーカーや特徴など教えていただけますか?

椅子は今回持ってきたスノーピークのローチェアと、初代ディフェンダーを購入した際に一緒に買ったOGAWAキャンプのローチェアを、行き先などに合わせて使っています。スノーピークのローチェアは今年発売されたキャンプ用のものですが、張り地がしっかりした素材で作られていて、外で使うのによいなと。外用の椅子はファミリーセンターなどでも売られているのですが、使う際にいつも車の後ろに転がっていて、手荒に扱うことも多々あるので、外で使うものは、やっぱり作りの丈夫さが一番のものを購入するようにしています。

スノーピークのローチェア

スノーピークのローチェア

――たまにしか使わないからとつい手頃なものを買ってしまいそうですが、逆に不経済になりうるのですね。

ええ、ちなみにこちらの外用のテーブルはColemanのものですが、アウトドアではもちろん、お店のテラスやケータリングにも使っています。しっかりした作りで取り扱いもよいので、アウトドア用のツールとはいえ、野外だけでなく自宅でも兼用で使うのもありじゃないかと思います。

Colemanのテーブル

サーフィンで疲れた体を癒す特注ベッド

――なるほど、普段はベランダなどに置いて使うのもいいかもしれませんね。こちらのいかにも寝心地の良さそうなベッドはどちらのものでしょう?

モブレイワークスという知り合いの家具屋さんに特別仕様で作ってもらいました。コットという軍のベースキャンプで使われているものが欲しかったのですが、中古のヴィンテージを使うのはちょっと恐いでしょう(笑)。なので彼に相談にのってもらって、ファブリックを優しい色に仕上げてもらいました。海に持って行って、サーフィンした後に寝転んで……疲れを癒すのに最高なんですよ!

相場正一郎さん

――日々の疲れが吹き飛びそうな時間ですね。日よけに使っているタープも心地よさに一役かっていそうですが、こちらはどのメーカーのものでしょうか。

ノルディスクというメーカーのノルウェイ製のテントです。旧式のキャンパステントで、ノルディスクで最も大きくシンプルでスタンダード。最新のギアより重量もあり、持ち運びが大変なのが難点ですが(笑)、雰囲気は抜群でしょう。サイズも大きいのでイベントなどでも活躍しています。

サーフィン仲間が集まって……自然な流れでイベントを開催

――布の質感や色合いなど、やわらかい雰囲気でありながら存在感がありますね。

今回のイベントのメインテントもノルディスクさんにお借りした100人ほどで食事ができるサイズのものです。サーフィンとキャンプを融合したイベントは一昨年あたりからサーフィン仲間でもあるMOUNTAN MORNINGの今井さんと考えていて、今年は試しに口コミで仲間を募って開催しました。せっかくですから料理も美味しいものを野外で楽しみたくて、ディナーには渋谷にあるPignonさんにお願いしたコース料理と、厳選したビオワインを豊富に用意しました。みんな夜遅くまで皆で食べて飲んでいたのに、早朝からサーフィン(笑)。時間を忘れて夢中になりましたね。

――仕事だけでなく遊びにも本気を感じました(笑)。こちらのイベントはサーフィン経験がなくても参加できるのでしょうか?

もちろん、食事も1日目のディナーだけでなく、2日目は山角やさんのおにぎりの朝食、昼食にはLIFEのデニッシュサンドランチを用意しましたので、野外でちょっと贅沢な食事を楽しんでいただくだけでも楽しい休日になると思います。とはいえサーフボードやウェアの貸し出しもできる、初心者向けのサーフィン講座も2日間とも行っていますので、この機会にサーフィンに挑戦してもらえたら嬉しいです。

アウトドア道具は日常使いにも寄り添える

――今回のイベントは野外とは思えない、贅沢な環境でアウトドアを楽しめたのが印象的でした。

野外でコースなんて、ふだんでもそうそう食べる機会がないですしね(笑)。ただ単に贅沢で楽しいだけでなく、食事前には皆でゴミ拾いをして海をきれいにして自然環境に目を向けたり、ローカルな人たちともよい関係を築いていけるようなイベントを目指しています。

――来年も開催される予定なのでしょうか?

まだはっきり場所や日程は決まっていないのですが、来年の6月頃を予定しています。意外と思われるかもしれませんが、梅雨の時期は暑すぎず、虫も多くないのでアウトドアに適しているんですよ。来年はもっとイベントらしくなるように、身内だけでなく一般の人にもアナウンスする予定です。フリーのテント場と近くに宿もあるので、これからアウトドアを始めたい方にぜひ参加してほしいですね。

――サーフィンだけでなくアウトドア全般に言えると思うのですが、道具しかり最初の一歩が踏み出しづらい人が多いのではないでしょうか?

アウトドアギアは少々値段が張る物が多いですし、日常とは少し違う知識が必要な場面も多いので興味はあっても尻込みしてしまう人も多いと思います。とはいえデザインや機能など優れた道具も多いので、日常とボーダーを引きすぎないのもありじゃないかと思います。

MOUNTAIN MORNING

(インタビュー・文:山本加奈子、撮影:MASA(PHOEBE))

「LIFE」オーナーシェフ
相場 正一郎

イタリアのトスカーナ地方で料理修行をした後、2003年に代々木公園にカジュアルイタリアン「LIFE」をオープン。現在、「LIFE son」「LIFE Sea」など全国に5店舗を運営する。店舗では、イベントの開催、オリジナルプロダクトの制作、地元の情報を集積したフリーペーパー『PARK LIFE』の発行など、カルチャーの発信地としても多くのファンを持つ。最近、渋谷の東急本店に抜ける長い一本道「奥渋谷」に話題の店が続々と増えているが、その走りとなったパイオニア的な店が「LIFE」と言える。

著書は『世界でいちばん居心地のいい店のつくり方』(筑摩書房)『LIFEのかんたんイタリアン』(マイナビ)『LIFE OF THE MIND』(ネコ・パブリッシング)など。

公式サイト


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

世界でいちばん居心地のいい店のつくり方

世界でいちばん居心地のいい店のつくり方

カフェブームのなかで育った僕が考えたいい店のあり方と暮らし10年分。“カフェ”より親しみやすく気持ちのいい店とは?!メニューやインテリア、そして働き方にも、楽しく暮らすリズムとセンスが活かされる。

作品詳細・レビューを見る

LIFEのかんたんイタリアン

LIFEのかんたんイタリアン

大人気イタリア料理店LIFEのレシピ集。基本のピザ、パスタ、前菜etc、フライパン1つで作るメニューもお届け。

作品詳細・レビューを見る

LIFE OF THE MIND

LIFE OF THE MIND

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  3. No.3 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン
  4. No.4 カルディの「2017冬のお楽しみバッグ」12月1日から数量限定で発売
  5. No.5 神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)