名作文学の読後感を再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」10月27日発売。『人間失格』『こころ』など6種

2017.10.27 (金) 07:00

シェア
「飲める文庫」

NEC(日本電気株式会社)とコーヒー豆専門店「やなか珈琲店」が、AI(人工知能)とカップテスターのコラボレーションにより、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を新たに開発、やなか珈琲店の店舗で2017年10月27日(金)より期間限定で販売する。

“読後感”を再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」とは?

「飲める文庫」

「飲める文庫」では、島崎藤村若菜集』、太宰治人間失格』、夏目漱石吾輩は猫である』『こころ』『三四郎』、森鷗外舞姫』の6作品の読後感を再現したブレンドコーヒーをラインナップ。それぞれ100g 950円(税込)で販売されるほか、11月8日(水)からは「6作品飲み比べ ドリップバックセット」2,340円(税込)も販売される。

消費者として気になるのは、人の気持ちや感覚である“読後感”をどのようにコーヒーで再現したのかということだが、「飲める文庫」は、開発者の感覚だけでブレンドされたものではない。

まず、NECのデータサイエンティストが、文学作品に関する1万件以上のレビュー文をコーヒーの味覚指標である苦味・甘味・余韻・クリア感・飲みごたえに変換した学習データを作成。“悲しい結末だった。切なさが湧きあがってきた”という感想であれば苦み、“テンポが良く爽快で一気に読めた”ならクリア感というように分類していった。

つぎに、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のひとつであり、ディープラーニング(深層学習)技術を搭載したソフトウェア「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」に学習データを投入し、分析モデルを作成。分析モデルを用いて名作文学のレビュー文を分析し、味覚指標のレーダーチャートをそれぞれ作成した。

最後に、作成されたレーダーチャートをレシピとして、やなか珈琲店のカップテスターが6種のブレンドコーヒーを考案・開発した。カップテスターとは、コーヒー豆の産地、銘柄などの品質を見極め、各豆の本来の風味や味わいの味覚を検査する専門職のことだ。
AIの知力&情報処理能力と、コーヒーのプロフェッショナルがコラボしたからこそ表現できたブレンドコーヒーが誕生した。

「飲める文庫」6種の味わいを紹介

島崎藤村『若菜集』

島崎藤村『若菜集』

『若菜集』は、タンザニア産のほのかな甘味を伴った酸味にコロンビア産の滑らかなコクをプラス。青春のみずみずしい感情を思いだす、島崎藤村の詩を再現した、爽やかな酸味とクリアな味わいが特徴。

『人間失格』は、高地産アラビカ種などをベースに、スムーズな飲み口のペルー、スッキリとした苦味のブラジルをブレンド。淡々と語られる人間の弱さを、滑らかな口当たりで飲み易く、質の高い豊かな苦味で表現している。

『吾輩は猫である』は、クリアで高品質なコーヒー産地コスタリカの豆にブラジルとグァテマラの豆を加え、風刺的でおかしみのある猫の語りを、ほろ苦さと甘味、香ばしくキレのある後味で再現。

『こころ』は、質感の高い濃厚なボディのインドネシア産マンデリンにブラジルのキレのある苦味をプラス。まとまりのある深いコクと満足感のあるボディから、誰のこころにも潜み、いざというときに現れる苦々しい人間のエゴが垣間見えてくる。

『三四郎』は、ナチュラル処理したエチオピア産の明るい酸味に、コロンビア豆の質の違う柔らかな酸味をプラスし、苦味を抑えた味わいに。芳醇な赤ワイン思わせる風味にひそむ心地よい甘さが、思わせぶりな女性に翻弄される甘酸っぱい青春の日々を思い起こさせる。

『舞姫』は、伝統的な味わいになるよう非水洗処理したブラジル豆に、甘味の強い東ティモール産をプラス。美しい文体で描かれた若い恋が、チョコレートの様な甘味と滑らかでソフトなボディでよみがえる。

6種類の分析結果を画像で見る

作品を読んでから「飲める文庫」を飲んでも良し、「飲める文庫」の味わいで気になった作品を読むのも良し。読書の秋をいっそう楽しめるドリンクとして利用してみては。

■商品情報

「飲める文庫」ビーンパッケージ

販売期間/2017年10月27日(金)~11月30日(木)
値段/100g 950円(税込)

「飲める文庫」6作品飲み比べ ドリップバックセット

販売期間/2017年11月8日(水)~30日(木)
値段/2,340円(税込)

公式サイト


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連タグ

若菜集

若菜集

作品詳細・レビューを見る

人間失格

人間失格

作品詳細・レビューを見る

吾輩は猫である

吾輩は猫である

中学の英語教師、珍野苦沙弥先生の家に飼われることになった猫が、苦沙弥先生の家族や、家にやってくる友人たちに起こるいろいろなことを観察しては、語ります。近所の金田というお金持ちの女性が、寒月を自分の娘・富子と結婚させたいと、策をめぐらせましたが、はたしてそのなりゆきは…。雑誌「ホトトギス」に連載された人気長編小説、いよいよ後半です。小学上級から。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  4. No.4 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン
  5. No.5 カレッタ汐留で『美女と野獣』イメージのイルミネーション「Caretta Illumination 2017」11月16日から

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)