『ドラゴンボール』ピッコロの悟空の呼び方がブレブレな理由は素敵な心遣い!? 「孫」と「悟空」を使い分ける時とは?

お気に入りに追加

『ドラゴンボール超』公式サイトより。

『ドラゴンボール』(作:鳥山明/集英社)の大人気キャラクターで、地球人ではないものの作中きっての常識人であるピッコロ。彼の孫悟空に対する呼称がブレブレなのは、よくファンの間でネタにされることがあるが、今月18日に放送されたアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)を見たファンからは、「ブレブレな呼び方は、実はピッコロさんなりの気遣いだったんだ!」という説が浮上しているようだ。

 まずピッコロは悟空のことを、「孫」と「悟空」の2パターンで呼ぶ。神様と融合して以降は基本的には「悟空」が多いのだが、「孫」と呼ぶこともしばしばあり、「鳥山明らしいガバガバ設定だな」「ピッコロさんはシャイだからなかなか距離感を掴めてないだけやぞ!」「ピッコロさんには孫呼びを貫いて欲しかったな」といった声があがっていた。

 そして今回放送された『ドラゴンボール超』第71話「悟空死す! 絶対執行の暗殺依頼」ではピッコロは悟空のことを「孫」とも「悟空」とも呼んでいた。一話の中で呼び方がコロコロ変わるのには「ちょいちょい呼び方変わりますねw」「ちょっと適当過ぎない?」「安定しないな~」とツッコミの声が。

 しかし、よくよく各シーンを見ると、ピッコロは、悟空に直接呼びかけるときは「孫」と呼んでいて、孫悟飯や孫悟天などと会話する時は「悟空」と呼んでいたのだ。孫一家が混乱しないよう、どうやらピッコロなりのルールのもと、呼び方を使い分けているようなのだ。

 このささやかなピッコロの心配りに気付いたファンたちからは「ピッコロさんが常識人過ぎるというか気遣いが神過ぎる。実際神様なんだけど」「愛しの悟飯君の前ではどんな気配りも忘れない、さすがですピッコロさん」「ガバガバだと思っていたドラゴンボールの設定がここまで細部にこだわっていたなんて」と驚きと絶賛の声が上がった。

 ちなみに、他のキャラ間の呼び方を見ても、クリリンはヤムチャのことを“さん付け”から呼び捨てになったり、ベジータは悟飯のことを当初は「カカロットの息子」といった感じで呼んでいたのが、途中から「悟飯」と呼ぶようになったりと、心理的な距離に伴って変わっているようだ。こんなとこに注目して仲の良さを想像しても楽しいかも。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

おたぽる

オタクに“なるほど”面白いい!アニメ、マンガ、ゲームなどの二次元の情報から声優やアイドルの三次元などオタク情報をすみずみまで配信します。

おたぽるの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

鳥山明

生年月日1955年4月5日(63歳)
星座おひつじ座
出生地愛知県名古屋市

鳥山明の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS