ワキ毛×青春の短編アニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』ふくだみゆき監督&上田眞一郎PDインタビュー!

お気に入りに追加

(C) PANPOKOPINA

■思春期と毛フェチの繊細な融合をフラッシュアニメで描く

 ワキ毛を見ると妙にときめいてしまう中学生・ゆいちゃんの恋を描いた青春短編フラッシュアニメーション映画『こんぷれっくす×コンプレックス』が、アニメファンのみならず幅広い層を巻き込みながら、じわじわと、そして確実に話題になり始めている。

 今年2月に東京・下北沢トリウッドで劇場公開されるや日を追うごとに集客数が増していき、2週間上映の予定を1週間延長。その後も再上映を望む声が高まり、4月15日より早くも同館にて1週間アンコール上映。また5月20日からは大阪・第七藝術劇場での上映も決定した。

 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016アニメ部門グランプリをはじめ、数々の映画賞を受賞している本作、ふくだみゆき監督と上田慎一郎プロデューサーにお話をうかがってきた。
 実はお二方、二人三脚で映画製作を続けているご夫婦でもあり、映画の盛況と合わせて現在幸せ真っ盛りなのであった。


――『こんぷれっくす×コンプレックス』のご盛況、まことにおめでとうございます!

ふくだみゆき監督(以下、「ふくだ」) ありがとうございます。いつか劇場公開できればいいねと話しながら作り続けていたのですが、思いのほか順調にいって、びっくりしています。

上田慎一郎プロデューサー(以下、「上田」) 下北沢トリウッドでの初公開の際、口コミで日に日にお客さんが増えていきましたし、またリピーターの方も多くて、ありがたいですね。最高11回見に来てくださった方がいらっしゃいました。

―― そもそもの企画の発端などお聞かせください。

ふくだ もともと私は実写もアニメも監督し続けているのですが、上田の作品を手伝うことも含めてずっと実写の現場が続いていたもので、久々にアニメを作りたいなと思ったときに、アニメでしかできない題材を採り上げたいと。その中で、私自身が毛フェチというか、昔から人のパーツを見るのが好きなんですよ(笑)。じゃあ、思春期と毛フェチをかけ合わせた作品を作ろう! と。

上田 企画を聞いたとき、抵抗とかなく、素直に面白いと思いましたね。

―― 作品を拝見して驚くのが、フラッシュアニメながら、主人公たちの想いなどが繊細に絵で表現されていることです。

上田 実は彼女、全然アニメを見ないんですよ。

ふくだ ジブリとかディズニーとか大きな作品は見ますけど、それ以外はほとんど……。深夜アニメとかも、実は疎いんですよ(笑)。

上田 ですからアニメっぽいテンポとかではなく、邦画のようなアニメを作ろうと言いながら作り始めた記憶がありますね。

ふくだ 本作でもアニメ独特のオーバーな動きではなく、必要最低限のものに留めているのですが、それも普段アニメを見ないからかな? とも思います。

―― でも、それゆえ新鮮に映えている描出もいっぱいありますね。フラッシュアニメですからさほど絵は動かないけど、目の動きやまばたきなど、実に繊細にこだわってらっしゃいます。ほっぺたがほんのり赤くなるところもいい。

ふくだ(笑)

上田 まあ、ほっぺたはアニメ的かな?(笑) でも、こんなに間があるアニメってそんなにないだろうなとは思いました。まばたきする以外、画も動かなければ台詞もないシーンってかなりありますからね。

―― でも、そこが面白いというか、一方でそういった描写が観客に受け入れられる時代になってきたとも言えますね。

ふくだ 実は大学時代に自作アニメの上映会をやったとき「ここまで動かないのなら、アニメにする必要あるの?」とのコメントをいただいたことがありました(笑)。アニメ慣れしている人からすれば物足りないところもあるのかなと当時は思っていたんですけど、今回そこが逆に受けて、本当に良かったと思っています。

上田 またお客さんたちの声を聞きますと、声だけで画面にはほとんど出てこないお父さんやお母さんたちの存在がリアルといいますか、そのことで逆に自分の親のことを思い出したと。お客さんのほうでどんどん埋めていただけているので、より豊かに感じられてくださっているみたいですね。

ふくだ もともと全体像よりも表情を描くほうが好きで、そうすると無意識の中で目とかにこだわってしまうんだろうなとは思います。主演のふたりをはじめとする声優さんの存在も大きかったですね。ゆいちゃん役の林奏絵ちゃんも武尾君役の上妻成吾くんもオーディションで選びましたが、ふたりとも本当に実存感がありましたので、見るたびにキャラクターが愛おしくなる。その力は、あのキャスティングにあったと思っています。

上田 オーディションには250名くらいの応募があって、中には上手いプロの声優さんもいっぱいいらっしゃったのですが……。

ふくだ 今回そういう方はこの映画に似合わないかなと思ったんです。それよりもぎこちなさというか不安定さが残り、同じことができないような、そんなふたりを選んだんです。また私はアニメの場合、プレスコでしか作品を作ったことがなくて、アニメをあまり知らない分、自分で間合いを決めるのが怖いところがあるんです。ですから、そこは役者さんの間合いに合わせていった方が自然と上手くいく感じがしていますね。また収録中、台詞がかぶったり噛んだりしたところも、積極的に採り入れました。

上田 作画も彼らに似せて描いている部分もありますので、その分ウソがないのかもしれません。

■アニメも実写も区別なし! 日常のフェチを描き起こしたい

―― 一方でブルース・リーや『レオン』などの映画的記憶も楽しく採り入れられていますね。

上田 これがまた、ふくだはほとんど洋画を見ないんですよ(笑)。

ふくだ 『レオン』はたまたま台本書く前に上田から見せられて、マチルダ(ナタリー・ポートマン)が可愛かったので反映させていますが、私、邦画は好きでよく見るんですけど、本当に洋画は知らなくて……。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で初めてハリソン・フォードを知ったくらいで(笑)。

上田 僕はハリウッド映画を見て育っているのですが、なかなか彼女ははまらないですね。それ以前にこれは面白いから見ろって、よく勧めるんですけど、全然見てくれない。

ふくだ だってゴリ押しされると、逆に見たくなくなっちゃうじゃないですか(笑)。

―― そもそもお二方の出会いなどは?

上田 10年に僕がプロデュースで参加していた映画祭(ショートフィルム・フェスタ・ニッポン)に彼女が作品を応募してきて、それをきっかけに知り合いまして、自分らの制作団体“PANPOKOPINA”に所属して一緒に活動するようになりました。

ふくだ 応募したときの作品はアニメで、もともと私は実写をやりたかったのですが、当時は実写を作る術が全然わからなかったもので、自分で絵が描けるアニメから入り、そして実写を製作しているということで、勉強のために“PANPOKOPINA”に入らせてもらったんです。

―― 上田さんはアニメの監督のほうは?

上田 まったく絵が描けないので、実写のほうばかりです。僕が描いたラフの画コンテを彼女に清書してもらうこともよくありますね(笑)。

―― 4月15日からの下北沢トリウッドのアンコール上映では、ふくだ監督の実写『マシュマロ×ぺいん』と上田さんの監督作品『テイク8』『ナポリタン』も併映されます。

ふくだ 『マシュマロ×ぺいん』はヒロインのアラサー女子とストーカー男との奇妙な共同生活を描いたラブ・コメディです。

上田 シナリオは16回改稿しましたか(笑)。僕が監督した『ナポリタン』は人の声が「ナポリタン」としか聞こえなくなってしまった男を主人公にしたSFファンタジー要素の入ったコメディ。『テイク8』は自主映画監督の夢と結婚を題材にしたドタバタ・コメディで、実は僕らの結婚式の4日後にクランク・インしました(笑)。

ふくだ おかげで準備が大変でした(笑)。

―― そしてふくだ監督の新作『耳かきランデブー』も完成し、4月の沖縄国際映画祭で上映されます。

ふくだ 今度は実写の、耳かきフェチのOLのお話です(笑)。もう私の中でフェチは日常というか、それを描き起こすのが好きなんでしょうね。

上田 5月29日に東京の阿佐ヶ谷ロフトでイベント上映しますので、こちらもお楽しみに!

■『こんぷれっくす×コンプレックス』公式サイト
https://www.wakige-anime.com/
(C) PANPOKOPINA

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

おたぽる

オタクに“なるほど”面白いい!アニメ、マンガ、ゲームなどの二次元の情報から声優やアイドルの三次元などオタク情報をすみずみまで配信します。

おたぽるの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 下着姿でフットボール?『フリンジマン』“セクシーすぎる”イメージカットを公開
  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS