「サザエさん」波平は年収1000万超? 磯野家を社会学的に徹底検証した書籍発売

お気に入りに追加

「磯野家の危機」書影

日本の家族を代表すると言っても過言ではない『サザエさん』の磯野家。この度、平成30年の現代日本と、磯野家とのギャップを社会学的視点から徹底検証した書籍「磯野家の危機」が発売されることがわかった。



著者は、教員・編集者・学生数人による長谷川町子作品の研究団体「東京サザエさん学会」。1992年に出版した「磯野家の謎『サザエさん』に隠された69の驚き」(飛鳥新社)が200万部超の大ベストセラーを記録し、一大ブームを巻き起こした。



「磯野家」シリーズ25年ぶりの新刊となる本書では、磯野家の暮らしが現代までにどのように変容したか、そして、ゆくゆくはどうなるのかを全52項目のテーマで考察。また、登場人物の年齢や学歴など『サザエさん』の雑学的要素も多く含んだ内容となっているという。



実際、磯野家ではいまだに黒電話や二槽式洗濯機、ブラウン管テレビなどを使用しており、現代日本の生活からは大きくかけ離れた生活を送っている。「年齢」をテーマにみれば、中年の定義の激変により波平は出川哲朗、フネは石田ゆり子と同い年という驚きの事実が明らかに。



そのほか、「給料」では、“波平は年収一千万円超えか?一方マスオは薄給で今後は共働き濃厚”、「経済」では“ 磯野家は庶民なのに土地だけで2億円の資産!?”、「結婚」では“サザエ夫婦のようなお見合い結婚は全体の70%→5%に激減”、「電話」では“磯野家の黒電話がスマートフォンに変わる日”、「服装」では“ 波平とマスオが着る服は百貨店からユニクロに!?”など、現代の日本とのギャップが解説されるという。



言われてみれば、「磯野家」と現代我々が営む生活には大きなズレが生じている。この違いを徹底検証した本書から、新たな『サザエさん』の魅力が分かるかもしれない。



「磯野家の危機」は5月18日(金)より発売。価格は980円(税別)だ。



『磯野家の危機』

著者:東京サザエさん学会

2018年5月18日発売

定価:本体980円+税

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

アニメ!アニメ!

アニメ!アニメ!はアニメに関する様々な情報を取り扱うニュースサイトです。最新アニメ情報はもちろんのこと、裏側で活躍するキーパーソンへの独自インタビュー、イベントレポートなどを中心に日々情報を発信しています。

アニメ!アニメ!の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS