育毛&美髪に効果的!ビタミンAの嬉しい効能

お気に入りに追加

健康目的だけじゃない!ビタミンAの効能

ビタミンAに限らず、ビタミンというのは「体に良いもの」「健康を保つために役立つもの」というイメージが強いのではないでしょうか。

これはもちろん、とても正しい認識です。実際、ビタミンAには、目の機能を正常に保つ効果や、皮膚などを理想的な状態に保つ効果が見込めます。また、抗酸化作用により、ガンの予防や改善にも効果を及ぼす、と言われています。(ちなみに、血管障害の一つでもある、動脈硬化の予防にも寄与します)

しかしビタミンAは、健康だけでなく美容にも大きく関わってくるのです。

今回はビタミンAと「髪の毛」の関係について見ていきましょう。

育毛にも美髪にも!

ビタミンAは、上記でも述べたように、抗酸化作用があります。抗酸化作用は、健康に大きく寄与するだけでなく、肌荒れを防いだり、頭皮の環境を良くしたり、滑らかな髪の毛を保つ上でも役に立ちます。

ビタミンAの「皮膚を健康な状態に保つこと」は、「頭皮」という皮膚を健やかに保つことにもつながります。
頭皮は、髪の毛を支え、栄養分を供給する重要な部分です。
脱毛や薄毛の原因の一つとして、「頭皮環境の悪化」が挙げられますから、ビタミンAを正しくとり、頭皮の状態を良くすることは、薄毛を予防する上でも非常に有効なのです。

このように、ビタミンAは「美髪」と「育毛」、両方に対して効果的に働きます。

ビタミンAの摂取量と摂り方について

ビタミンAの1日の摂取量の目安は、18歳~49歳までの男性で850μgREです。女性の場合は、18歳~29歳が650μgRE、30歳~49歳は700μgREです。
ビタミンAが多く含まれるものの代表に、「モロヘイヤ」が挙げられます。これは100gで840μgREのビタミンAを有しており、これだけで1日の摂取量のほぼすべてを得られます。

ただ、モロヘイヤはゆでてしまうと550μgREにまで減ってしまいます。また、ビタミンAはレバーなどにも大量に含まれていますが、これらが苦手である、という人も多いのではないでしょうか。

そんなときに役に立つのが、サプリメントです。
こちらなどで販売されていますが、これなら、レバーやモロヘイヤが苦手な人にもとりやすいでしょう。

ちなみに、ビタミンAは、「食品」としてとった場合、過剰摂取をしても副作用はほとんどありません。
しかしながら、あまりにも大量に摂りすぎると、肝臓などに大きなダメージを与えてしまうので、摂取量には十分気を付けましょう。
(摂取限度量は、18歳~49歳までの男性なら2700μgRE、女性の場合も同様です)

2分でわかる!「Pitali」の体質チェックはこちら

「健康と元気」をテーマに、栄養、体質、不調を解き明かす、健康ライフスタイルマガジンです。 30才~40才の美容と健康が気になる女性に支持されています。わかりやすいコラム型記事として提供していきます。

Pitali Blogを読む

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS