乾燥肌注意!皮脂がないのにニキビができる”乾燥ニキビ”

お気に入りに追加



ニキビは、脂性肌の方だけのお悩みだと思っていませんか。実は乾燥肌の方でも、ニキビができてしまうことがあるのです。しかし、ニキビは脂分が多いお肌にできるイメージがあります。では、なぜもともと脂分の少ない乾燥肌にニキビができるのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

●乾燥ニキビと普通のニキビの原因

脂性肌によくできる、いわゆる普通のニキビと、乾燥ニキビ。この二つのニキビには、どこに違いがあるのでしょうか。

ニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり、毛穴がつまってしまうこと。お肌の乾燥を補うために、余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がよりつまりやすく、ニキビができやすいのです。

では、乾燥肌の場合は、もともと皮脂が少ないのにも関わらず、なぜ毛穴がつまってしまうのでしょうか。乾燥肌の特徴は、お肌の皮脂分泌が少なく、天然のバリアである皮脂膜がしっかりと作れないところにあります。

この皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまいます。そして、水分のなくなった角質は古く硬くなり、毛穴もだんだんと細く弱くなっていきます。このように細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。つまり、乾燥ニキビができる原因は、脂性肌にできるニキビと変わらず、皮脂がつまってしまうことにあったのです。

●乾燥ニキビ対策

乾燥ニキビ対策のポイントは、たっぷりと水分補給を行い、皮脂膜をしっかりつくってあげること。つまり、水分と油分のバランスをとるのが一番の解決策なのです。

乾燥ニキビを予防するには、もちろん普段の保湿も大事ですが、お肌の水分がきちんと保たれ、皮脂膜が正常に作られるようにするために、お肌の角質層の働きを正常に機能させる必要があります。保湿したいからといって、クリームなどの油分をくりかえしつけていると、逆に皮脂膜をつくる力を弱めてしまう可能性もあるのです。

また、油分の入ったクリームなどに含まれる界面活性剤が、強力な浸透力で皮脂膜を溶かし、角質層を傷めてしまうことにもなりかねません。このような一時的な対策はかえって乾燥ニキビをつくりやすいお肌になってしまうのです。

正しい方法としては、糖類や多糖類、アミノ酸などの、肌細胞の栄養源に限りなく近い成分でできたパックで、ダメージを受けた角質層をじっくり整えるのがおすすめです。

パックの後は、同じく糖類・多糖類・アミノ酸配合のノンオイルローションで、お肌をしっかり保湿します。このような、お肌にできるだけ刺激や負担をかけない正しいケアで、乾燥ニキビのできにくいお肌づくりを行いましょう。

乾燥肌の人向けの化粧水選びのポイントや必要な成分は、「乾燥肌の化粧品選び(3)化粧水」でご紹介しています。特に、水分保持機能があるとされているセラミドについて詳しく知りたい方は、「セラミド配合化粧水の正しい選び方・使い方」や「セラミド配合美容液の正しい選び方・使い方」をご参照ください。

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

スキンケア大学

本当にお肌によいことだけをしたいから、情報には振り回されたくない。 スキンケア大学では正しいスキンケア情報だけを、ドクターの監修に基づいて発信しています。 お肌で悩んでいるのならまずはここへ。

スキンケア大学の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS