ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは

お気に入りに追加

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは



ヒアルロン酸とコラーゲンは、その保湿力から化粧品の成分として、よく配合されていますが、一緒に配合されていることも多いため、それぞれどのように違いがあるのかわかりにくいものです。ただ、両方とも身体を構成する要素して大切な役割を果たしています。まずは人の身体におけるヒアルロン酸とコラーゲンの働きを見ていきましょう。

●ヒアルロン酸とコラーゲン、役割と違い

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いを知るために、まず共通点を挙げてみましょう。それは、どちらも軟骨に存在していることです。軟骨には関節にかかる過重に耐えるためのクッションが必要です。このクッションの役割を担うのが、コラーゲンやプロテオグリカンという成分なのです。

また、皮膚においては、ヒアルロン酸とコラーゲンは真皮に存在しています。真皮は表皮の内側にあって、皮膚組織の中で一番厚い部分です。その重量の70%を占めているのが「コラーゲン線維」です。約0.02mm〜0.1mmのコラーゲン線維が網の目状に張りめぐらされている隙間を、ヒアルロン酸などの基質が水分を抱えながら埋めています。

このコラーゲン線維やエラスチンがピンとはっている状態で、十分に水分を含んだヒアルロン酸がその間を埋めている時は、肌はハリと弾力を保っており、すこやかで乾燥しにくい表皮を作ることができます。

●化粧品におけるヒアルロン酸とコラーゲン

どちらも、もともと真皮に存在しているものなのですが、肌の表面から塗ったとしても真皮まで届くという訳ではありません。

ただ、それぞれに肌になじみやすいように低分子化されたものもあります。そういった肌になじみやすいものを使用すれば、角質内にとどまり、水分を保持しつつ、水分の蒸散を防ぐ働きをしてくれますので、湿度が下がった環境においても、しっかりと水分を抱え込んだままキープしてくれます。

顔に使用するアイテム以外にも、ボディクリームやハンドクリームにもよく配合されています。

ヒアルロン酸もコラーゲンもその保湿力はお墨付きなので、うまく使うことで乾燥から肌を守りましょう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

スキンケア大学

本当にお肌によいことだけをしたいから、情報には振り回されたくない。 スキンケア大学では正しいスキンケア情報だけを、ドクターの監修に基づいて発信しています。 お肌で悩んでいるのならまずはここへ。

スキンケア大学の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS