気になる歯並び。【矯正治療と審美歯科治療】どっちを選ぶ?

お気に入りに追加

Doctors Me(ドクターズミー)- 気になる歯並び。【矯正治療と審美歯科治療】どっちを選ぶ?


自分の歯並びが気になるという人は、たくさんいるのではないでしょうか。
歯並びをきれいにするには、以下の治療方法があります。
・歯に矯正装置を付けて少しずつ歯を動かしていく「矯正治療」
・ラミネートやセラミックなど見た目の美しさに重点を置き、より美しい口元に仕上げることを目標とした「審美歯科(しんびしか)の治療」

今回は治療する前に知っておきたい、それぞれのメリットとデメリットについて、歯科医師に聞いてみました。

■ 「矯正治療」のメリットとデメリット


<メリット>
歯を削らずに、天然の歯できれいな歯並びをつくることができます。
歯を削るということは、歯の寿命を短くするということです。最近では歯科材料も進歩していますが、どうしても歯とかぶせものの間から虫歯が広がりやすく、数年~十数年程度でかぶせものを作りかえる必要があります。

<デメリット>
装置による見た目を気にする方は多いです。
矯正治療は2~3年と長期にわたるので、装置が目立つことは患者さんの苦痛になることがあります。最近では歯の色に近い装置やワイヤーなど目立ちにくいものもあるほか、歯の裏につける装置透明なマウスピースによる治療も盛んに行われるようになりました。

また、装置に慣れるまでの違和感や、歯が動くときの痛み、歯磨きがしにくいなどのデメリットもあります。

■ 「審美歯科」のメリットとデメリット


<メリット>
審美歯科で歯をきれいにする方法は、短期間で治療が終わることが利点です。歯並びにもよりますが、簡単な治療の場合は数回の通院で終わるため1カ月以内でキレイになります。
また技術の進歩により、天然の歯に比べ見劣りのない、もしくはそれ以上にきれいな歯に仕上がります。

<デメリット>
少しのデコボコであれば歯の神経は抜かずに済みますが、歯並びによっては神経を抜かないといけない程、歯を削ることになりますので歯の寿命をさらに短くすることになります。
また、歯の頭はきれいになりますが根っこはデコボコのままなので、歯を支える力は弱くなります。

■ 歯科医からのアドバイス


どんな治療法にも必ずメリット・デメリットがあるので、納得がいくまで歯科医師の説明を聞き、悔いのない選択をしてくださいね。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

Doctors Me(ドクターズミー)

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています!

Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS