意外と間違っている、日焼け後の対策

お気に入りに追加



●サンバーンとサンタン

紫外線を浴びて、お肌が赤くなり炎症を起こしている状態、これがサンバーン。その後、色素沈着してお肌が褐色した状態がサンタン。日焼けの段階によって行う対処が違うんです。まちがった対処法でお肌を傷つけていませんか?

●サンバーン時の対処法

まずは、炎症が起こっている場所をとにかく冷やす!この状態は、火傷と一緒です。患部を、保冷剤をタオルで包んだものや、氷嚢などで冷やしましょう。そして、次のステップとして、『保湿』。いつもの化粧水やビタミンの入った化粧水では、炎症を起こしているお肌に刺激的かも。抗炎症の効果のある化粧水をたっぷり使ってあげましょう。化粧水のコットンパックなど、日焼け後の乾燥しているお肌の隅々まで保湿してあげて下さい。

●日焼け後、必要な栄養素

炎症している肌に栄養はつけられないけど、身体の中から補うことは出来ます。紫外線によって増えるメラニンの生成を抑える働きのあるビタミンC、活性酸素を減少させる働きのあるビタミンEとカロチンなどなど、ビタミン類は、日焼け後のお肌には、必要不可欠な栄養素です。食事やサプリメントで身体の中からケアしましょう。

●炎症がおさまったら

紫外線を浴びたお肌は色素細胞(メラノサイト)からメラニン色素が生成されます。通常は、お肌のターンオーバーによって角質層から剥がれ落ちていきますが、大量の紫外線を浴びると、一部の色素細胞はメラニンを作り続け、シミやソバカスの原因につながります。それだけでなく、多くの肌トラブルを引き起こす原因にも。そこで、炎症がおさまったら美白ケアのスタートです。

お肌の乾燥はサンタン時にも、続いています。お肌が乾燥しているとせっかくの美白ケアも効果半減。しっかりと保湿してから美白ケアしてください。

でも、ひどい場合はお医者様へご相談ください。日焼けは立派な火傷ですから。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

スキンケア大学

本当にお肌によいことだけをしたいから、情報には振り回されたくない。 スキンケア大学では正しいスキンケア情報だけを、ドクターの監修に基づいて発信しています。 お肌で悩んでいるのならまずはここへ。

スキンケア大学の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • 漫画家・ミュージシャン久住昌之さんに聞く、「本とビールな金曜日。」 [T-SITE]

人気の画像

  • テラハ史上No.1美女・NikiがCM出演! 抜群のスタイルに反響
  • 「ミスアクション2017」グランプリは金子智美&山本成美に決定!
  • 長澤まさみ、生着替えでセクシー姿披露
  • 【T-SITE独占ショット】オードリー・若林がハマるサイバージャパンダンサーズ、未公開ショット掲載!
  • 今年から水着解禁! 桜りん『桜の気持ち』
  • 汗まみれでY字バランス!? モグラ女子・原あや香『恋するあや香』
  • 久松郁実の谷間、美女から水浴び…井戸田潤が大興奮「芸能イベントで一番楽しい」
  • 有村藍里、妹・架純に“ちょっと勝ってる”美尻をアピール
  • 元AAA、伊藤千晃 妊娠中の素顔を収めた「ソロ写真集」発売

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS