敏感肌のリップクリームの選び方

お気に入りに追加



敏感肌の人がリップクリームを選ぶ際には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。唇は、ほかの皮膚とは構造が異なるので、その特徴を知ったうえで選ぶことが大切です。押さえておきたいポイントをお伝えします。

●リップクリームの必要性

唇には皮脂腺と汗腺がありません。つまり、天然の潤い成分(皮脂膜)をつくりだすことができないため、外的刺激から肌を守る保護膜がつくれないのです。さらに、角質も薄いため、他の皮膚より外部刺激を受けやすいという特徴もあります。そのため、唇は常にリップクリームなどで保護してあげる必要があるのです。

●敏感肌におすすめのリップクリームとは

敏感肌におすすめなのは、無香料・無着色で低刺激なリップクリームです。精製度の高いワセリン(プロぺトやサンホワイト)は、不純物や余分な添加物が含まれないので、刺激が少なくていいでしょう。そのうえで、セラミドなどの保湿成分がたっぷり配合されているものを選びましょう。グリチルリチン酸など、抗炎症成分が入っているのも有効な場合がありますが、人によっては刺激を感じることもあるので、注意してください。

メントールタイプを好んで使う人もいますが、これは角質層内の水分を蒸発させやすくするため、敏感肌には向きません。また、UV成分が入ったものも、紫外線吸収剤により刺激を受けやすくなるので、避けた方がいいでしょう。どうしても紫外線が気になる場合は、日中だけの使用にとどめることをおすすめします。

敏感肌を改善するには、刺激を避けることがもっとも重要です。よって、配合成分は限りなくシンプルなものを選びましょう。色づきリップなどには多くの成分が使用されるので、これも避けるのが無難です。ただし、どの成分が合うかは人によって異なります。刺激の少なそうなリップを試し、自分に合ったものを継続して使うのが一番いいでしょう。

●日常での注意点

乾燥してささくれた皮膚を剥がしたり、ピーリングで表面を削るのはよくありません。ただでさえ薄い角質層をさらに削ってしまうことで、より刺激に敏感になってしまいます。唇を頻繁になめるのもやめましょう。なめた直後は水分で潤っているように感じますが、時間がたつと肌内部の水分も一緒に蒸発してしまうため、より乾燥がひどくなります。唇が乾燥していると感じたら、すぐにリップクリームで保護してあげましょう。

塗ってもカサカサが治まらない、ヒリヒリやかゆみを起こすなど、どのようなリップクリームも合わずトラブルが改善しない場合は、皮膚科で塗り薬をもらいましょう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

スキンケア大学

本当にお肌によいことだけをしたいから、情報には振り回されたくない。 スキンケア大学では正しいスキンケア情報だけを、ドクターの監修に基づいて発信しています。 お肌で悩んでいるのならまずはここへ。

スキンケア大学の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • 文筆家・甲斐みのりさんに聞く「映画とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]

人気の画像

  • SKE48・高柳明音、グラビアカメラマンに挑戦「キッチン×水着は最強」
  • 天木じゅん、セクシーな泡風呂ショット披露にファン歓喜「ナイスヒップ!」
  • 事務所独立騒動のローラ、大胆谷間ショットを披露
  • 【フェチ必見!】女性の足の裏だらけ 「あのこのあしのうら」写真展が開催
  • Hカップ美巨乳「名峰・吉田山」こと吉田早希 “ロマンのある”セクシー衣装がお気に入り
  • 元・放プリ太田希望が「新藤まなみ」として新スタート「期待を裏切らないように頑張っていきたい」
  • 脱げるシンガーソングライター藤田恵名、MCビキニ名義の楽曲「BIKINI RIOT」MV解禁!
  • 「リケジョ」グラドル菅井美沙 大学生活はぼっち
  • 恵比寿★マスカッツ・松岡凛 理想の彼氏は「マセラティ」

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS