貧困、家庭崩壊、経済格差…殺人事件発生率世界一のホンジュラス。最凶ギャング集団「マラス」の今まで語られることのなかった、衝撃のルポ!

お気に入りに追加

『マラス 暴力に支配される少年たち』(工藤律子/集英社)

 次期トランプ政権が掲げる政策のひとつに、犯罪歴を持つ移民の母国送還がある。その狙いのひとつは米国内の「マラス」一掃だ。マラスとは、エルサルバドル・ホンジュラス・グアテマラなど、中米出身者で構成される数多くのギャング団の総称。中米各国や米国ほか世界規模に拠点を持ち、対立グループ間の抗争や麻薬カルテル、テロ組織との関連も指摘され問題視されている。

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ

 最年少メンバーは10歳前後というマラス構成員たち。なぜ彼らは「入るのは自由だが、出ることはできない」という犯罪地獄の扉を開け、自らの命を危険にさらすのか? 彼らに更生の道はないのか? その答えを求めて、世界ワースト犯罪大国である中米ホンジュラスを訪れ、マラスの実像と背景に迫った貴重なドキュメンタリーが『マラス 暴力に支配される少年たち』(工藤律子/集英社)だ。

 著者の工藤律子氏は、東京外語大の院生だった1990年からメキシコの貧困層やストリートチルドレン問題に取り組み、現在も自身のNGOで支援を行う活動家、ジャーナリスト。メキシコで出会うストリートチルドレンの中に、「マラスから逃げるために国境を越えてきた」という子供や青年たちが多いことから、マラスに関心を持つようになったという。

「気に入らなければ殺す」が常識のマラスに、もはや近づこうとするジャーナリストは少ない。そうした中、著者の行動はまさに勇猛果敢の一言だ。世界で最も危険な街だろうと刑務所だろうと、堪能なスペイン語を唯一の武器にして立ち入り、現役メンバーへのインタビューを得ようと試みる。こうして本書は、OBを含むマラス構成員たちの生の声を拾い、更生の道を模索する教会やNGO関係者たちへの取材を通して、彼らを取り巻く家庭や社会の構図を解き明かしていく。

 これまで、マラスがいかに凶悪な集団か、を伝える報道は数々あった。しかし本書は、一面にだけフォーカスしたクライム・レポートではない。様々な角度からの取材によって、マラスの背景にある、貧困、家庭崩壊、教育、経済格差、不当弾圧や腐敗政治などの諸問題を俯瞰しながら、彼らがギャング化する根本にあるものを探るのだ。その意味でも貴重なマラス文献となる本書が、第14回開高健ノンフィクション賞を受賞したことは大いにうなずける。

 読んでいて一縷の安堵を感じたのは、「信仰の道に入る場合は、生きてマラスを抜けられる」という事実だ。本書に登場する元組織リーダーだった男性が、現在は聖職者として若者たちの更生に尽力する姿は、かすかな希望の光である。こうしてマラス取材を終えた著者は、多くの子どもや若者がマラスに憧れるのは、「そこが自分の存在意義や居場所を唯一与えてくれる場所だから」と結論づけ、本書エピローグにこう記す。

緊急に望まれるのは、誰もが自然に自分なりの生き方、存在意義、アイデンティティを見つけられる社会の創造。

 これは日本の社会が目指すゴールでもあると著者は記す。日本の子どもや若者も同様に自分の存在意義を求めてさ迷っているのではないか。例えば、学校でいじめに加担する側は、間違った選択肢と知りつつも、そうすることでなんとか自分の居場所を確保しているのではないか。こうした著者の指摘に触れたとき、“マラスの問題は決して、海の向こうの対岸の火事などではない”と、はたと気づかされるのである。

文=町田光

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ダ・ヴィンチニュース

社会、ビジネス、お金、健康、芸能、本、漫画、アニメなど「知的好奇心を刺激する」「人に話したくなる」情報をお届けするニュースサイトです。あなたの人生に、ちょっと役立つ知識と知恵を。

ダ・ヴィンチニュースの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • モノセレクター・ハイロックさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • 人気アーティストが夢の共演!FM802×TSUTAYA ACCESS!

人気の画像

  • 乃木坂46・衛藤美彩、セクシーカット満載写真集に「33兆点」 松村沙友理は“お尻ライバル”
  • 元日テレアナ・脊山麻理子、会見中に黒ガーターベルト姿を披露
  • 人気グラドル・都丸紗也華、小峠の壁ドンに胸キュン?
  • 100センチIカップの柳瀬早紀 「パイポジに慣れてきました」『やなパイ2』
  • りょうか、「脱ぎ方も大人に…」 3年ぶりのDVD『LAST FANTASIA』
  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS