韓流ドラマ、K-POPの次に「K-文学」がきているらしい…

お気に入りに追加

韓流ドラマブーム、K-POPブーム、懐かしいと感じる方も多いのでは…。ヨン様、冬ソナ、東方神起、KARA、少女時代…日本を席捲いたしました。もちろん、今でも人気のジャンルではございますが…。そんななか、今、にわかに注目を集めているのが、「K-文学」でございます。

「K-文学」とは韓国現代文学のこと、最近では、その人気とともに「K-文学」という愛称で親しまれているとか。今年4月に発表されました日本翻訳大賞で大賞を受賞した作品も「K-文学」でございます。

殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学) 単行本 
Amazon.co.jpより

それがこちら、「殺人者の記憶法」(著:キム・ヨンハ 訳:吉川 凪)でございます。長編ミステリー小説でございます。著者のキム様は、韓国を代表する人気作家で、この作品は、発売前から予約を受け付けていたそうですが、その予約の時点でベストセラー入りしていたそうでございます。

ちなみに、この作品を原作にした映画「殺人者の記憶法」もすでに公開になっております。原作とはラストが違うそうなので見比べるのもよいかと…。老年になり引退した認知症の殺人犯が主人公。連続殺人犯と出会うことで、また新たな殺人を計画するというクライム・スリラーでございます。

先日、この「K-文学」ブームについて、J―WAVEの人気番組「ACROSS THE SKY」でも取り上げておりました。スタジオゲストは、翻訳家の吉川凪様。

吉川さんは、日本での韓国の翻訳本が増えている背景について、抱えている社会問題が日本と似ている、日本人が共感しやすいという点。さらに、韓国国内で、SFやミステリーなどエンターテイメント系の作品が急増している点を指摘されておりました。

ちなみに、韓国国内では日本の翻訳本が大人気で、特に村上春樹様、東野圭吾様の人気はゴイスーだとか…。今の韓国の小説家にもかなりの影響を与えていて、その辺も日本人好みの作品が多くなっている要因かも…でございます。

ちなみに、小説だけではございません。韓国では絵本が人気で、韓国の人気絵本もたくさん、日本上陸を果たしております。最近、日本で大ヒットしたものでは、ペク・ヒナ様の「天女銭湯」などがございます。

天女銭湯 大型本 
Amazon.co.jpより

こちらの「天女銭湯」は、手作りの粘土人形を使った写真絵本でございますが、韓国国内では、ここ数年、人形や布や押し花などを使ってキャラクターを表現した“コラージュ絵本”が人気でございます。是非、韓国の絵本、“K-絵本”も、ブームになって欲しいものでございます。

「K-文学」、「K-絵本」に興味を持たれた方は、ぜひとも、東京・神保町のブックカフェ「CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ〜」にお足をお運びくださいませ。韓国の書籍が絵本を含めたくさん置いてございます。

(文:N田N昌)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

TVと雑誌がコラボの『マガジンサミット』

TVと雑誌がコラボ!雑誌の面白さを再発見できるWEBマガジン!自分が欲しい情報を効率よく収集できる「雑誌」。ライフスタイルに欠かせない「雑誌」。TVやラジオ番組の放送作家やモデル、芸人たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

TVと雑誌がコラボの『マガジンサミット』の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS