マレーシア・清涼飲料水事情 バニラ味のコカ・コーラが定番

お気に入りに追加

マレーシア・清涼飲料水事情 バニラ味のコカ・コーラが定番

商品市場は、国にとって千差万別の違いがある。

日本では決して見ないものが他国では定番ヒット商品ということも決して珍しくないのだ。そうした例はいくつもあるが、この記事では清涼飲料水を取り上げたい。

我々現代人の暮らしには、清涼飲料水が欠かせないものになっている。健康に与える影響についての議論はあるが、少なくとも「コーラを飲んだことがない」という日本人は滅多にいないだろう。

だが同じコーラでも、海外ではまったく異なる味と姿の商品が棚に並んでいる。

■大人気のバニラ味コーラ

しらべぇ取材班はマレーシアの首都クアラルンプールのコンビニエンスストアを訪れた。

さっそく、この店の飲料コーナーを覗いてみよう。するとまず目に飛び込むのは、「清涼飲料水の王様」ことコカ・コーラ。よく見てみると、見慣れたラベルの横に「バニラ」と書かれている。

日本でも一時期話題になったバニラ味のコカ・コーラ。だが、マレーシアでは不動の定番商品として、その地位を確立しているという。興味深いことに、日本で発売されている商品よりもラベルデザインが普通のコーラに近い。それどころか「バニラ」というロゴがあること以外は、まったく同じデザイン。

■各種容量取り揃え

ちなみにマレーシアでは500mlのペットボトルよりも、325mlの缶がよく買われている。もちろん、このサイズのバニラ味コーラもある。

また、1.5リットル容量の同商品も販売。日本人の間では賛否両論あるバニラ味コーラだが、国際的に見れば大ヒットしているのだ。

また、それ以外の炭酸飲料では7UPとスプライトが大きなシェアを獲得している。そのまたうしろをペプシが追随している…という認識で概ね間違いはないだろう。

■現地系商品は…

そしてマレーシア現地系の清涼飲料水といえば、100Plus

これは日本では珍しい炭酸入りのスポーツ飲料である。マレーシアのアスリートは、これをポカリスエットの感覚で飲むのだ。考えてみれば、この国ではポカリスエットの存在感は非常に薄い

つまりそれだけ、この100Plusがマレーシア市民の支持を集めているということ。このように、海外の清涼飲料水事情はその国の特色を色濃く映し出している。

・合わせて読みたい→【マジかよ】人生で一度もコカ・コーラを飲んだことがない人の割合がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

しらべぇ

『しらべぇ』のキャッチコピーは、「気になるアレを大調査ニュース」。世の中みんなが気になることを、すぐに、徹底的に調べてニュースにするのがモットーです。インターネットを活用したアンケート調査や記者による独自取材をもとに、さまざまなジャンルの記事を配信しています。

しらべぇの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS