がん転移公表の小林麻央 現役医師は「5年生存率は30%」と指摘

お気に入りに追加

がん転移公表の小林麻央 現役医師は「5年生存率は30%」と指摘

(画像は小林麻央公式ブログのスクリーンショット)

20日朝に更新したブログ内で、がんが骨や肺、脇下リンパ節などに転移していることを公表した女優・タレントの小林麻央。

そんな厳しい状況下にありつつも前向きに生きようとする彼女に対し、賞賛の声が集まっていることはすでに報じたとおりだ。

日本国中が「なんとか回復してほしい」と願っているが、若い年齢でのがんで、しかも複数の転移……。

医学的には、果たしてどうなのだろうか? やはり厳しいものなのだろうか?

■現役医師が指摘「5年生存率は30%程度」

しらべぇ編集部では、しらべぇライターで現役の内科医である青木マダガスカル先生に話を聞いた。

青木先生:骨や肺に転移しているのでしたら、ステージ分類はⅣ期です。

どのがんでも根治的な外科手術の適応になるのは、病変が局所にとどまっていて手術で取り切れる場合です。

Ⅳ期の乳がんでは、化学療法やホルモン療法といった全身的な治療と、疼痛緩和が中心になります。5年生存率は、ほかのがんのⅣ期と比べ高いとはいえ、30%程度です。

ただし、遠隔転移があっても、原発巣を切除することによって生命予後が改善する可能性も一部でいわれています。

想像通り、いや想像以上に医師の見解は厳しいようだ。

実際、小林のブログを読んでいると、抗癌剤治療で頭髪がすでに抜け落ちた様子が伺える。

ブログで新しい写真をあげるたびに、勇気をもらいつつも、多くの人が心配してしまうというのが今の現実なのだ。

なぜ、若く美しく、才能にも恵まれた彼女がこんな運命を辿ってしまうのか、神様の不公平さを実感するばかりだが……

前向きな彼女なら、きっと「奇跡」は訪れるはず。まずは30%の可能性を信じ、そしてその後の「奇跡」を信じて応援していきたい。

・あわせて読みたい→小林麻央、がんの転移を公表 前向きなブログに「奇跡」を願う声殺到

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 取材協力:青木マダガスカル)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

しらべぇ

『しらべぇ』のキャッチコピーは、「気になるアレを大調査ニュース」。世の中みんなが気になることを、すぐに、徹底的に調べてニュースにするのがモットーです。インターネットを活用したアンケート調査や記者による独自取材をもとに、さまざまなジャンルの記事を配信しています。

しらべぇの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • プレミアムフライデーは「おうちシネマ」

人気の画像

  • 橋本マナミ、入浴中のプライベート写真が流出?
  • メジャーデビューのNGT48メンバーが『My Girl vol.17』で総力特集 中井りか “水着姿”を披露
  • 玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表
  • 稲村亜美、事務所の先輩・どぶろっくから下ネタ洗礼「“WBC”は出さない」
  • 春の乃木坂現象! 秋元真夏、白石麻衣、橋本奈々未ら、写真集累計発行55万部突破!
  • “ぷるんぷるん”で巨乳酔い!? 岸明日香、森下悠里、柳瀬早紀らポケットVR発売記念イベント
  • 岡田結実、ファースト写真集を誕生日の4月に発売
  • 放プリ・小島まゆみが変形水着姿、城崎ひまりがメイド水着姿を披露 『まゆみん色の恋』『プリンセスの秘密は』
  • 叶美香、セクシーすぎる「すーぱーそに子」に絶賛の声

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

Twitter投票受付中

SNS・RSS