食べすぎは危険?意外と知らない「ぎんなん中毒」について医師が解説

お気に入りに追加

食べすぎは危険?意外と知らない「ぎんなん中毒」について医師が解説

dreamnikon/thinkstock

秋の味覚の代表である「ぎんなん」。この時期、飲み屋のお通しとしてもたまに出てくるが、食べすぎると危険なことを知っていただろうか?

■ぎんなんが嫌いではない人の割合は?

しらべぇ編集部が調査したところ、全国1,387人のうち53%が「嫌いではない」と答えた。癖のある食べ物なので、やはり好みはわかれるようだ。

嫌いな人は食べないので問題ないが、わりと好きな人や小さい子供は要注意である。

そこで、内科医の記者が「ぎんなん中毒」について解説する。

■中毒について

「中毒」という単語は、いわゆる「依存症」をあらわす場合のほかに、医療の現場では「からだに害のあるものを摂取しすぎた状態」を指すことが多い。

今回解説する「ぎんなん中毒」も後者の用法である。

■メカニズムと症状

ぎんなんに含まれる物質「ギンコトキシン」が体内でビタミンB6の作用を阻害することにより中毒が生じる。

ビタミンB6は、脳内の神経伝達に必要なアミノ酸(GABA)の合成に必要。GABAが不足することで、けいれんが引き起こされると考えられている。

ほかに、おう吐、呼吸困難、不整脈などがみられることもあり、死亡例も報告されている。

■中毒になる量は

日本中毒情報センターによると、小児は7〜150個、成人は40〜300個の摂取で中毒の危険がある。

大人の場合、極端に好きな人以外は40個も食べないと思われるが、個人差があることには注意が必要だ。

一方で子供の7個は、偶然摂取しかねない量である。実際、中毒になるのは小さな子供が多いので、ぎんなん拾いに出かけた後などは気をつけたい。

■もしだれかが中毒になったら

大量摂取後1〜12時間で症状が出て、90時間以内に回復するとされている。無理矢理おう吐させることは、けいれんを誘発するため推奨されない。窒息につながる危険性も。

症状がなくなるまで経過観察が必要なので、入院設備のある医療機関を受診させていただきたい。

・あわせて読みたい→【救急の日】だれかが突然倒れたら? 現役内科医が応急対処を解説 

(文/しらべぇ編集部・青木マダガスカル)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日 対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

しらべぇ

『しらべぇ』のキャッチコピーは、「気になるアレを大調査ニュース」。世の中みんなが気になることを、すぐに、徹底的に調べてニュースにするのがモットーです。インターネットを活用したアンケート調査や記者による独自取材をもとに、さまざまなジャンルの記事を配信しています。

しらべぇの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • 漫画家・ミュージシャン久住昌之さんに聞く、「本とビールな金曜日。」 [T-SITE]

人気の画像

  • テラハ史上No.1美女・NikiがCM出演! 抜群のスタイルに反響
  • 「ミスアクション2017」グランプリは金子智美&山本成美に決定!
  • 長澤まさみ、生着替えでセクシー姿披露
  • 【T-SITE独占ショット】オードリー・若林がハマるサイバージャパンダンサーズ、未公開ショット掲載!
  • 今年から水着解禁! 桜りん『桜の気持ち』
  • 汗まみれでY字バランス!? モグラ女子・原あや香『恋するあや香』
  • 久松郁実の谷間、美女から水浴び…井戸田潤が大興奮「芸能イベントで一番楽しい」
  • 有村藍里、妹・架純に“ちょっと勝ってる”美尻をアピール
  • 元AAA、伊藤千晃 妊娠中の素顔を収めた「ソロ写真集」発売

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS