シティマラソン盛況!国民の「ジョギング」関心度を調査

お気に入りに追加

シティマラソン盛況!国民の「ジョギング」関心度を調査

2007年に始まった「東京マラソン」から丸10年。先月行われた「東京マラソン2017」では、3万3千人が完走し、国内最大規模のシティマラソン大会になっている。

大会の開催を機にランナー人口が増えており、街中ですれ違うこともかなり多いだろう。各地でも毎週のように大会が行われている。

(imacoconut/iStock/Thinkstock)

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,361名を対象に、マラソン・ジョギングの経験について調査を実施した。

■大会参加経験者は4.9%

いままでにマラソン大会に参加した経験のある人は4.9%。

また、大会に参加したことはないが、ジョギングをしている人は5.4%で、大会を目標にする以外にも、走ることを楽しんでいる人が多いようだ。

■世代別では20代に人気のジョギング

世代別で「マラソン大会に参加したことがある」「ジョギングをしている」と回答した人を集計してみると、20代(17.4%)で高い人気があるものの、30代(9.0%)や50代(8.2%)ではやや低い。

また60代では「マラソン・ジョギング」に代わって「ウォーキング程度」(24.7%)と回答した人が多くなる。

ジョギングを楽しんでいる人は、全体の1割強という結果となった。

とくに道具もいらず手軽にできるため、なにか運動をはじめたい人にはちょうどよいが、いきなりがんばってしまうと身体に負担が大きい。

まずはウォーキングからスタートし、体力が付いてきてから少しずつにジョギングにシフトすることが大切だろう。

・合わせて読みたい→刺激に麻痺した強者ランナーも大満足!? 国内外の変態マラソンレース6選

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

しらべぇ

『しらべぇ』のキャッチコピーは、「気になるアレを大調査ニュース」。世の中みんなが気になることを、すぐに、徹底的に調べてニュースにするのがモットーです。インターネットを活用したアンケート調査や記者による独自取材をもとに、さまざまなジャンルの記事を配信しています。

しらべぇの記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • エッセイスト能町みね子さんに聞く、「音楽とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ
  • 人気アーティストが夢の共演!FM802×TSUTAYA ACCESS!

人気の画像

  • プロロリ巨乳! 現役女子高生の夢アド・京佳、初の写真集発売で「このおっぱい自分でもすごい」 『Thankyouka!!!』
  • ガッキーは2位!「ムダ毛がなさそうなタレント」意外な1位は…?
  • 現役女子大生グラドル・忍野さら、新作DVDは「全体的にポロリ」
  • 小島みゆ、神尻Eカップ美乳でセクシーポーズラッシュ!?
  • 元SKE48佐藤聖羅、ライバルは佐々木希?
  • 伊藤里織「胸からハトを出したい」 今までで1番攻めた内容『さおちゅに夢CHU』
  • 乃木坂46・衛藤美彩、セクシーカット満載写真集に「33兆点」 松村沙友理は“お尻ライバル”
  • 元日テレアナ・脊山麻理子、会見中に黒ガーターベルト姿を披露
  • 人気グラドル・都丸紗也華、小峠の壁ドンに胸キュン?

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS