いま、キャンピングカーが熱い! 時間と景色を楽しみながら、クルマとの旅はいかが?

お気に入りに追加

春の行楽シーズン到来。今年はどこに出かけようかな。でも未だホテルは予約していないし、クルマで出かけると渋滞するから面倒だな。そう思われている貴方。あるいはその問題、解決できるかもしれない。それは、キャンピングカーでのお出かけだ。

盛り上がるキャンピングカー市場

  

ここ数年、キャンピングカー市場が盛り上がっている。あるデータではここ5年間で確実に成長しているのだという。

そのユーザーは大きく2つに分けられる。まずひとつは、子供が2人くらいの家族で、アウトドアレジャーを目的にキャンピングカーを利用するパターン。そしてもうひとつは、リタイアした方々が、夫婦で旅に出る時のためにと購入するパターンで、マス的にもこちらが多いようだ。特に少子高齢化で、今後団塊ジュニア世代もリタイアし始めるので、更にこの傾向は強まると予想される。

そこに注目したのがキャンピングカーメーカーだ。これまでの、ワンボックスワゴンや小型トラックをベースにキャンピングカーに改装したクルマ。そして本格的な大型のキャンピングカーなどに加えて、最近の傾向では、軽ワンボックスをベースに、車中泊が出来るくらいの、安く簡易に仕立てられたクルマも多く出てきているなど、ユーザーの予算や希望に応じたきめ細かい仕様を揃え始めた。

また、自動車メーカーもその車中泊には注目しており、最近ではダイハツから発売されたウェイクを始め、いくつかの自動車メーカーから車中泊が可能な装備を備えたクルマが登場してきている。

もしあなたがいま、車中泊を考えていたり、キャンピングカーが欲しいなと思っているならば、ラインナップが揃った良い時代だといえるだろう。


どんなタイプがあるの? 値段はどうなの?

では、実際にキャンピングカーにはどのようなタイプがあるのか。ざっと考えると大きく4つに分けることが出来る。

まず、軽ワンボックスをベースとしたもの。基本的には車中泊が出来るように、キッチン等の装備は無い、スペースを重視したタイプ。普段の足にも使え、4人乗車も可能だ。200万円を切る価格で購入できるクルマもあるなど、気軽に楽しめる仕様だ。

一泊二日や二泊三日などの小旅行に使うイメージで、多くはリタイアして第2の人生を夫婦で楽しもうという方々をメインユーザーに想定している。


次にワンボックスや小型トラックをベースに運転席から後ろをキャンピング仕様に改装したタイプ。キッチンやベッドを備え、小型トラックをベースにしたものでは、シャワールームを装備したものもある。

価格は大体300万円前後からスタートし、クルマのサイズや装備によって、おおよそ700万円程度まで。子供が2人くらいでアウトドアレジャーを好む家族や、熟年夫婦で全国をゆっくり旅したりする方たちが購入しているようだ。

いわば、高級セダンとキャンピングカーのどちらを購入するかという比較も考えられるのだ。


そして、ヨーロッパやアメリカの大型輸入キャンピングカー。サイズも大きく親、子、孫の三世代で旅行に行けるくらいの室内空間を持ち、いわばワンルームマンションが動くイメージといえばおわかりいただけるだろうか。当然価格も2000万円近くになるクルマが多い。


最後は、いわゆる牽引のモーターハウス。乗用車に牽引フックを取り付けて引っ張っていくもので、ヨーロッパでは比較的よく見かけるもの。大型キャンピングカーがワンルームと例えるならば、小さな一戸建てがこちらといえるだろう。おおよそ300万円で購入が可能だ。

試しに乗ってみたかったら

大体キャンピングカーのイメージがわかったが、でも自分で運転できるか心配だったり、実際に持つほどではないが、興味はあるという方に朗報だ。実は、こういったキャンピングカーのレンタカーがあるのだ。ある業者さんで話を聞いてみると、やはり自分で持つには大きかったり、駐車場の問題があったり、あるいは、予算的に難しいという方が、レンタルするケースが多いそうだ。

ほとんどの方がキャンピングカーを保有したことはないだろうから、レンタルすることで、気軽に体験ができることはとても重要なことといえるし、心理的な不安を払拭するいいチャンスといえるだろう。


自動車には様々な世界がある。その中でキャンピングカーは自動車を介してユニークな体験ができるという最も魅力的なジャンルなのではないだろうか。「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」というフレーズが昔流行ったが、のんびりとキャンピングカーに乗って、高速道路ではなく国道や県道を走る旅も、それはそれで一興だろう。

(文:内田俊一)

◆関連記事

ロード・ムービーのように、キャンピングカーで旅をしたい。世界中の、車のバンで過ごす人たちから投稿された写真を一覧できるウェブサイト「VAN LIFE(ヴァン・ライフ)」のディレクター、フォスター・ハンティントン(FOSTER HUNTINGTON)氏自身のヴァン・ライフを収めた写真集『HOME IS WHERE YOU PARK IT』が再版され、話題を呼んでいる。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS