イ・ビョンホン韓国映画4年ぶりの主演も大絶賛! 映画『メモリーズ 追憶の剣』各界からコメントぞくぞく到着

お気に入りに追加

(C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

(C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

今や名実共に国際派トップ俳優となったイ・ビョンホン待望の最新作『メモリーズ 追憶の剣』(2016年1月23日公開)。本作は、高麗末期を舞台に、4人の剣士たちが運命に導かれるように戦いの場へと引きずり込まれていく愛と復讐の物語。

イ・ビョンホンは『王になった男』以来4年ぶりの韓国映画主演で、スタント無しの本格ソード・アクションに挑戦。ダイナミック且つ美しいワイヤー・アクションを披露している。そんなイ・ビョンホンの演技だけでなく、作品に惚れ込んだ著名人から興奮の応援コメントが到着した。

著名人コメント

ワイヤーアクションがダイナミックで美しい!!そして巧みな武術と才知で権力者にのし上がった男・ユベクを演じるイ・ビョンホンが素晴らしい! ―岩下志麻(女優)

ハリウッド進出でさらに評価されたイ・ビョンホン氏。善と悪を演じ分け、風を操る計算された動きにしびれます。チョン・ドヨンさんとの競演は見るしかないでしょ。注目のキム・ゴウンさん、ジュノ氏のアクションが見物! ―大桃美代子(タレント、女優)

映画鑑賞中に食べるポップコーンのペース配分に長けている僕ですが、冒頭からラストシーンまでずっと熱中してしまい、最後にはポップコーンが山盛り残っていました。それくらい引き込まれます!是非! ―大河内敦揮(大黒天/芸人)

ワンシーンワンシーンに驚きの仕掛けが満載!さらにアクション、感動、カワイイ、カッコイイ、全てが最上級に極まった、まさに超大作! ビョンホン、ジュノ、ドヨン、ゴウン、感動をありがとう!―かっぽんかっぽん 湯川セイント(お笑い芸人)

なんだ?このイ・ビョンホンは!?かっこよすぎる!なんだ?このアクションは!?美しすぎる!なんだ?このジュノくんは!?せつなすぎる!なんだ?この映画は!?今までと違いすぎる!なんだ!?!? ―西尾秀隆(X-GUN/お笑い芸人)

権力に魅せられた男は地位を追い求め、代わりに大切な愛を失う。そして絡み合う運命の糸。この作品はまるでベストバウトのプロレスの試合の様に、“静”の演技と“動”のアクションが散りばめられた最高傑作だ! ―武藤敬司(WRESTLE-1プロレスラー)

人は、何故戦うのか?憎しみ、愛、地位。様々な感情がロープワークのように入り乱れ、最後の壮絶なフィニッシュが全身を貫く! ―カズ・ハヤシ(WRESTLE-1プロレスラー)

スタント無しのカッコイイ剣さばき!目を見張る様なアクションあり、複雑な人間関係あり、まばたきをする間も惜しいストーリー展開!イビョンホン演じるユベクの常人には出来ない剣術がまた凄い!切ない気持ちになるラストも必見!! ―B×Bハルク(ダークサイド・ヒーロー)

白衣をなびかせ麗雅に舞うチョン・ドヨンの剣技を見ているうち、久しぶりに女剣士が主人公の小説を書きたい気持ちが沸々と煮えたぎってきた。 ―荒山 徹(作家)

相克の剣こめられた想い。憎しみ、そして愛。相反する感情が動乱を呼ぶ。高麗王朝を舞台に繰り広げられる剣戟のラストシーン、その美しさを堪能して欲しい。 ―上田秀人(作家)

愛と死と恨みの分かり易い物語。イ・ビョンホンが己の野望に揺れる哀れな男を好演。 跳人たちのアクションファンタジー。
―藤井邦夫(小説家・シナリオライター)

参った!とても悲しく切ない復讐劇。最後のチョン・ドヨンさんのセリフが、心に残ったね。演技陣の素晴らしさ、まさに『コーリアン・グリーン・ディスティニー』という感じです。  ―倉田保昭(アクション俳優)

男性の力強い剣、女性のしなやかな剣、それぞれのキャラクターによって違う戦闘スタイルが印象的でした。美しく激しい剣さばきに加えパワフルなワイヤーアクション、役者さんご本人が演じられているということで、熱い息遣いがこちらにも伝わってきました!アクション好きには特にオススメです!! ―坂口茉琴(アクション女優)

ダイナミック且つ華麗なワイヤーアクションもお芝居も、全てを自身で演じたからこそ出る個性。それをしっかり映像として捉えていて、登場人物にすごく惹かれる映画。誰視点で観ていくかで幾通りも観方がありそう。これはリピート確定ですね。 ―富田稔(スタントマン・アクション監督)


映画『メモリーズ 追憶の剣』
2016年1月23日(土)全国ロードショー

監督:パク・フンシク(『私にも妻がいたらいいのに』)
出演:イ・ビョンホン(『王になった男』『悪魔を見た』)、チョン・ドヨン(『マルティニークからの祈り』『スキャンダル』)、キム・ゴウン(『ウンギョ 青い蜜』『その怪物』)、ジュノ(2PM)(『監視者たち』『二十歳』)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

イ・ビョンホン

生年月日1970年7月12日(47歳)
星座かに座
出生地

イ・ビョンホンの関連作品一覧

岩下志麻

生年月日1941年1月3日(76歳)
星座やぎ座
出生地東京都

岩下志麻の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!
  • 久松郁実、海での撮影は砂が「めちゃくちゃ水着に入ってくる」
  • 長澤茉里奈、ニーハイで悩殺? “合法ロリ”は「続けたい」 『まりなだって好きなんだもん』芸能界復帰DVDイベント
  • 【東京モーターショー2017】会場を彩る美麗コンパニオンがいっぱい!

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS