『王様のためのホログラム』公開記念-名優トム・ハンクスの キャリアを彩るコメディ名作映画5選!

お気に入りに追加

『王様のためのホログラム』

『王様のためのホログラム』/(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

『ハドソン川の奇跡』『インフェルノ』など主演作公開が続いているトム・ハンクス自らが映画化を熱望したデイヴ・エガーズ原作の映画『王様のためのホログラム』が2月10日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

本作でトム・ハンクスが演じたのはエリート人生から転落したひとりの男が一発逆転を懸けてはるばる異国の地サウジアラビアへ飛んだ人生崖っぷちのアラン・クレイ。ブラックジョークを織り交ぜ、中年の悩みと世界の憂鬱を軽やかに描いたコメディ要素も盛り込まれた久しぶりのハートフルストーリーだ。いまやハリウッドを代表するアカデミー俳優として、人気実力共不動のトム・ハンクスはシリアスな役柄、演技派としてキャリアを積んでいるが、コメディ俳優としても天下一品! そこで今回は、いま観ても色褪せることのない<ハートフルなコメディ映画>をピックアップ!

チャニング・テイタムとジリアン・ベルが出演でリメイク予定!

『スプラッシュ』 (1984年/アメリカ)

幼い頃に海で人魚に出会った少年が、やがて青年へと成長し、同じく美しい人魚に成長した娘と再会。する…。名匠ロン・ハワード監督がダリル・ハンナ、トム・ハンクスを起用してコミカルに描いたファンタスティック・ラブ・ストーリー。昨年、プロデュースを手がけたブライアン・グレイザーが本作のリメイクを企画中であることを明かし、チャニング・テイタムとジリアン・ベルが出演し、設定が男女逆転の人魚姫!? ということでも、早くも話題となっている

⇒作品紹介・レビューを見る

ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した一本

『ビッグ』(1988年/アメリカ)

『ビッグ』(1988年/アメリカ)

好評レンタル&発売中

ペニー・マーシャル監督によるコメディ映画。本作でトム・ハンクスは第46回ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

12歳のジョッシュ少年は年に一度のカーニバルでジェットコースターへ乗ろうとするが、身長が低く乗ることができなかった。願いを叶える不思議な機械「ゾルダー」を見つけ、大きくなりたいと願い翌朝目が覚めると、ジョッシュは大人の姿になっていた。家を出てニューヨークへ向かった彼はおもちゃ会社に就職すると、子供なりの発想で社長に気に入られ、そこで出会った女性スーザンと大人の恋をするが…。

ただのコメディで終わらない、心温まるストーリー。

⇒作品紹介・レビューを見る

アカデミー賞作品賞ほか6部門を受賞の大傑作

『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994 年/アメリカ)

頭は少し弱いが、誰にも負けない俊足と清らかな心をもった男フォレスト・ガンプの数奇な人生を、アメリカ現代史と重ねて描き出していくヒューマンドラマ。

知能指数が人よりも劣っていたが、母親に普通の子どもと同じように育てられたフォレスト・ガンプは、小学校で優しく美しい少女ジェニーと運命的な出会いを果たす。幼い頃から思い続けているジェニーとは再会と別れを繰り返し…。

ロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクスの初めてのタッグにして、見事第67回アカデミー賞作品賞ほか6部門を受賞。トム・ハンクスは前年の「フィラデルフィア」に続き2年連続で主演男優賞を受賞し彼の代表作となった。

⇒作品紹介・レビューを見る

スピルバーク×ディカプリオ×トムの夢のトリオが集結!

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002 年/アメリカ)

1960 年代、16歳から21歳までの間に、世界26カ国で約400万ドルを稼いだ実在の天才詐欺師フランク・アバグネイルの人生をコミカルかつドラマチックに描く。

S.スピルバーグがメガホンをとり、17 歳のフランク役をレオ ナルド・ディカプリオ、彼を追うFBI 捜査官役をトム・ハンクスが初顔合わせし、夢のトリオで実現。また、フランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞した。

⇒作品紹介・レビューを見る

3度目のスピルバーク監督作出演は…?

『ターミナル』(2004 年/アメリカ)

『ターミナル』(2004 年/アメリカ)

好評レンタル&発売中

スピルバーグ監督とトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続き3 度目の顔合わせを果たした感動ドラマ。

東ヨーロッパの小国からニューヨークの空港に着いたナボルスキー(トム・ハンクス)だったが、祖国で突如起きたクーデターのためパスポートが無効になり入国を拒否されてしまう。だが、彼にはどうしてもニューヨークで果たさなければならないある誓いがあった。彼は入国を目指して空港内に住み着き、ターミナル内の従業員や様々な人々との交流、恋模様が描かれたヒューマンドラマ。

⇒作品紹介・レビューを見る


『王様のためのホログラム』
2月10日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督・脚本:トム・ティクヴァ(『クラウド アトラス』『パフューム ある人殺しの物語』『ラン・ローラ・ラン』)
原作:デイヴ・エガーズ「王様のためのホログラム」(吉田恭子訳、早川書房刊/2016 年12 月発売)
出演:トム・ハンクス(『インフェルノ』『ハドソン川の奇跡』)、サリタ・チョウドリー(TV「HOMELAND/ホームランド」)、アレクサンダー・ブラックベン・ウィショー(『007』シリーズ、『パフューム ある人殺しの物語』)、トム・スケリット(『トップガン』『エイリアン』)

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・ハンクス

生年月日1956年7月9日(60歳)
星座かに座
出生地

トム・ハンクスの関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • 編集者・ツレヅレハナコさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]

人気の画像

  • 佐々木希、それとも堀北真希? 父親世代が一番ショックだった「タレント同士の結婚」カップルは?
  • 【水着ショット公開】春奈るな、ニューアルバム『LUNARIUM』収録「Fly Me to the Moon」のリリックビデオ公開!
  • 綾瀬はるか、ランニング後の入浴シーンを披露
  • “スイカップ”人妻アナ・古瀬絵理、“不倫”テーマの写真集も家では「すれ違いざまにお尻を…」
  • 浅田舞、仕上がりバッチリのセクシーママ姿で色気ふりまく
  • コムアイ、“愛人役”に挑戦「大胆な露出」も惜しまず 現場からも演技に賞賛の声
  • ショッピングセンターで大胆パンチラ姿も披露 犬童美乃梨『ハートにずっきゅん』
  • グラドル森咲智美、「氷を這わされたい」Sっ気たっぷりの芸能人とは…?
  • “健全”グラドル・朝比奈祐未「不倫もちょっとやってみたい」 最新DVD『君のヒナ。』

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS