【歴代アカデミー賞】優れたストーリーと伏線を楽しめるアカデミー脚本賞受賞作4選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

お気に入りに追加

映画のおもしろさを決定づける重要なファクターの一つにストーリー・脚本があります。アカデミー賞などの賞レースでも脚本賞受賞作が作品賞や監督賞を受賞することが多いことからも納得ですね。そんな、惹きつけられるストーリーと巧妙な伏線が楽しめる歴代アカデミー脚本賞受賞作品をご紹介します。

天才ウディ・アレンが真夜中のパリに魔法をかけた!至福のロマンティック・コメディ

  ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ

好評レンタル&発売中

ウディ・アレン監督作のチャーミングなファンタジー・コメディ。ハリウッド脚本家で作家志望のギルが、婚約者とともに向かったパリで居場所をなくし、真夜中にひとり街を彷徨っていたところ、憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的な時間を過ごすが…。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マクアダムスマリオン・コティヤール。第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。

【秀逸なストーリー、伏線Point】

実は、アカデミー脚本賞を唯一3回受賞しているウディ・アレン。そんな希代のストーリーメイカーのウディが魔法のようなロマンティックでチャーミングな世界を作り上げてくれたのが本作です。

まるでシンデレラのようにお迎えのクラシックカーに乗り込めば、そこは憧れの1920年代のパリの世界。ヘミングウェイ、ピカソ、フィッツジェラルド、ダリ、と尊敬してやまない偉人たちとの交流と、ピカソの愛人で魅惑的で美しいアドリアナとの甘い時間にギルのテンションはMAXに!そのミーハーな様子は、共感できてつい笑ってしまいます。そんな夢のようなひと時に浮足立つギルだったが、そんな彼が最後に選んだのが、「雨のパリ」。これが粋なエンディングです。 自分もパリの街を歩いているかのような至福の時間が過ごせる、まさに現代の御伽噺。しかし、そこはウディ・アレン。最後の味つけは憧れや夢だけでは語れない現実を見つめたピリッと辛いスパイスもしっかり効いています。

作品詳細・レビューを見る

現代アメリカン・ファミリーの孤独と闇がシニカルに描き出される

  アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティー

好評レンタル&発売中

あるサラリーマン家庭の崩壊劇を通して、現代アメリカの理想的家族の裏側に潜むそれぞれの孤独や不全感をシニカルな眼差しで描き出す。主演はケビン・スペイシー、共演にアネット・ベニング。郊外住宅地で妻と高校生になる娘と平和に暮らすレスター。ところがある日、勤めていた広告代理店からリストラ宣告を受けてしまう。これをきっかけに、一見幸せに思えた彼の日常の歯車が少しずつ狂い始め…。

【秀逸なストーリー、伏線Point】

第72回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞の5部門で受賞。今や007シリーズのメガホンをとる英国の俊英サム・メンデスが、監督デビュー作にして見事オスカーを獲得したファミリードラマです。

と言っても、一筋縄な”ホームドラマ”ではもちろんありません。 平凡なアメリカ中流階級家族が、父親のリストラをきっかけに少しずつ歯車が狂い始めていきます。その中心にいる父レスターを演じるケビン・スペイシーのキャラ崩壊ぶりがとにかく凄いです。妻と娘、隣一家と、娘の友人をも巻き込んで、誰もが秘めている心の闇が加速度的に表面化してゆく様子が、恐ろしくもおかしい。剥がれ続けるメッキの中にある本当の自分とは…?

壊れていく家族関係の中で、皮肉にも「本当の幸福とは何か」「自分の人生を選ぶ」ことが炙り出されます。 そして、衝撃のラストシーンで微笑んでいるように映るケビン・スペイシー。その表情を思いながらぜひ観ていただきたいです。

作品詳細・レビューを見る

「ロミオとジュリエット」誕生の陰に若きシェイクスピアの恋があった

  恋におちたシェイクスピア

恋におちたシェイクスピア

好評レンタル&発売中

「ロミオとジュリエット」の初演を背景とし、若かりし日のウィリアム・シェイクスピアと彼を信奉する上流階級の娘ヴァイオラとの恋愛を描く悲喜劇の恋愛映画。主演はグウィネス・パルトロージョセフ・ファインズ。1998年度アカデミー賞13部門にノミネートされ、作品賞、主演女優賞(グウィネス・パルトロウ)、ほか主要7部門を受賞。

【秀逸なストーリー、伏線Point】

何百年も繰り返し上演され続けるシェイクスピア作品の誕生秘話がロマンティックに描かれる本作。 「ロミオとジュリエット」の舞踏会やバルコニーでの逢瀬も描かれていて、シェイクスピア物語の甘美な雰囲気に胸キュンすること間違いなしです!男装して忍び込むが結局ばれてしまう韓流ドラマさながらの展開も、先は読めるけどやっぱりときめきます(笑)。そんな重厚な世界観の中の王道ラブストーリーの甘さを是非楽しんでいただきたいです。

そして、何と言ってもグウィネス・パルトロウが素晴らしい。お嬢様ヴァイオラと少年ケントを見事に演じ分けていて本当に魅力的です。

2つの役の間で変わる表情や仕草もお見事!彼女あっての作品といっても過言ではありません。 フィクションではあるが精巧なストーリーに「もしかして本当にシェイクスピアはそうだったかも…」と思ってしまう説得力がこの映画の醍醐味です。あなたもシェイクスピアの世界に飛び込んでみませんか?

作品詳細・レビューを見る

カイザー・ソゼは誰だ…。ラストの大どんでん返しに驚愕必至

  ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ

好評レンタル&発売中

銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者を主人公に、歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いたサスペンス・ミステリー。回想によって物語を錯綜させる手法で謎の事件を描く作品であり、アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』を下敷きにしたという計算された脚本が話題を呼び、アカデミー脚本賞を受賞。また、ケヴィン・スペイシーがアカデミー助演男優賞も受賞。

【秀逸なストーリー、伏線Point】

映画ランキングやオススメに何度も挙げられる、ラストの大どんでん返しが有名すぎる本作。

犯罪計画に巻き込まれた5人の前に立ちはだかった「カイザー・ソゼ」とはいったい何者なのか、そして彼らの行く末は―。と、ハラハラドキドキの100分間を楽しめる傑作です。 しかし、この作品の本当の魅力はラストの一点に向かって巧妙に仕掛けられた伏線です。「犯人探し」だけを気にして観るのはもったいないですよ!映画だからこその伏線演出として「視点」の描き方が絶妙なところに注目ください。語りはヴァーバルであるものの、途中の回想シーンはキートンの視点で描かれています。そして現在のシーンは捜査官のクラインの視点です。この3人の視点が絡み合うことで、それぞれの真実と正義が交錯していき、嘘が隠されてしまうのです(そして、ラストで一気に明かされます)。2回目以降に観る際は、その精巧さをゆっくり味わう大人の鑑賞方法で是非ご堪能ください。

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:小谷恵梨

中学時代の愛読書がTSUTAYAの映画ハンドブックだったことから、気が付けばTSUTAYAで働くことに。世代的にはレオ&ブラピ全盛期、いまは英国俳優に夢中。ワイン片手に海外ドラマをおうちでみることが日課です。
好きなジャンルはヒューマンドラマとラブコメ。ミュージカル。観終わった後にハッピーな気持ちになれる映画がやっぱり好き!

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきのおすすめ映画はコチラ

恋におちたシェイクスピア

恋におちたシェイクスピア

出演者 グウィネス・パルトロー  ジョセフ・ファインズ  ジェフリー・ラッシュ  コリン・ファース  ベン・アフレック  ジュディ・デンチ  トム・ウィルキンソン  サイモン・カロウ  ジム・カーター  マーティン・クルーンズ
監督 ジョン・マッデン
製作総指揮 ボブ・ウェインスタイン  ジュリー・ゴールドスタイン
脚本 マーク・ノーマン  トム・ストッパード
音楽 スティーブン・ウォーベック
概要 16世紀末のロンドン。スランプに陥っていた劇作家シェイクスピアはオーディションにやって来た一人の若者トマス・ケントを追ってとある屋敷へたどり着く。そこには以前、芝居の最中に目を留めた美しい女性ヴァイオラの姿があった。シェイクスピアと彼を信奉するヴァイオラはたちまち恋におちてしまう。燃え上がる恋心が創作意欲をかき立てたのか、シェイクスピアの台本は急ピッチで仕上がって行き、トマス・ケントを主役とした芝居の稽古も順調に進んでいた。ヴォイオラの別れの手紙をトマスから受け取ったシェイクスピアは納得できず再びトマスの後を追うのだが、そこで彼はトマスこそヴァイオラの男装した姿だった事を知るのだった……。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

キャシー・ベイツ

生年月日1948年6月28日(69歳)
星座かに座
出生地米テネシー州メンフィス

キャシー・ベイツの関連作品一覧

グウィネス・パルトロー

生年月日1972年9月28日(44歳)
星座てんびん座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

グウィネス・パルトローの関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS