櫻井孝宏と宮野真守がお互いを絶賛し合う中、監督がまさかのバッドタイミング!? 映画『BLAME!』完成披露舞台挨拶

お気に入りに追加

(左から)副監督の吉平“Tady”直弘、宮野真守、櫻井孝宏、雨宮天、瀬下寛之監督

(左から)副監督の吉平“Tady”直弘、宮野真守、櫻井孝宏、雨宮天、瀬下寛之監督

(撮影:杉野正和)

講談社『アフタヌーン』にて1997年から2003年に連載され、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉のデビュー作『BLAME!』。本作が劇場アニメとなって、2017年5月20日(土)より2週間限定で全国公開となる。本作は、人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔だ。

本作の公開を間近に控えた4日、都内にて完成披露上映会が開催され、霧亥(キリイ)役・櫻井孝宏、捨造(すてぞう)役・宮野真守、づる役・雨宮天と、監督の瀬下寛之、副監督の吉平“Tady”直弘が登壇した。

>写真をもっと見る

『声優さんって凄いな!(笑)』と

ちなみに本作は、プレスコ(プレスコアリング)という手法が用いられている。先に声優の芝居を録り、そこから絵を作っていくというものだ。つまり、完成まで声優陣たちは絵を見ていないわけだが、「色々想像はしていたけど、完成された映像は斜め上を行く凄まじいビジュアルで大感動でした。で、霧亥『カッコいいな!』って(笑)。語りだすとキリがないけど、敷居が高いものではなくて、ドラマチックな素敵な作品です」という櫻井。

櫻井孝宏

櫻井孝宏

「出来上がった作品は、観ている間中、体に力が入りっぱなしで…。話が落ち着いたと思ったら希望と絶望の繰り返しで。観終わったあと、正直疲れたというか、それはただの疲労感でなく、幸せな満足感とは違う、でも充足感がありました」(雨宮)、「観た時に『こんなにSFだったんだ!』って感動しましたね。台本はト書きの方が多いくらいで、現場の皆で共有して想定しながら喋っていきましたが、それが絵になるとこんなにカッコよくてスピーディーでスリリングなんだって。のめり込んで観てしまいましたし、プレスコにも関わらず『声優さんって凄いな!(笑)』と最初から皆の芝居に掴まれてしまって」(宮野)と続いた2人も興奮ぎみに本作の完成度を絶賛した。

声優陣の熱い言葉を聞いた瀬下監督と吉平副監督も「とにかく感無量」と口を揃えて改めてこの作品を映像化できたことを喜んでいた。

褒めていたのに、監督、まさかのバッドタイミング

この日は、上映後のイベントのため、登場するなり「へい!」と劇中の台詞で会場をわかせて、現場さながらに空気作りをする宮野。プレスコについて改めて当時を振り返ると、宮野は「イメージの共有がすごく大切」と力説。櫻井と雨宮も大きく頷くなか、櫻井がプレスコ初経験の雨宮に「戸惑いあった?」と聞くと「はい、結構…。全く初めてだったのでもの凄く緊張していましたね。一瞬でも集中が切れてしまったら、他の人の演技をより集中してひたすら聞いて反応する作業だったので、かなり必死でしたね」とその緊張感を振り返っていた。

宮野真守と櫻井孝宏は息ピッタリの褒め合い(!?)

宮野真守と櫻井孝宏は息ピッタリの褒め合い(!?)

トークで演技について真面目に話している中、櫻井は冒頭から宮野が半分ネタにしかけていた「へい!」について、改めてその場面(山路和弘演じるおやっさんとの掛け合い。「油断するんじゃねぇぞ」という台詞に対する返事)を説明しながら「(返事の)間が最高ですね。アニメ史上最高、アニメ史に残る『へい!』です」と絶賛。瀬下監督も「今のアニメを見ているような子にはちょっと耐えられないような渋い間で。ギリギリのところをやっていただきました」と続き、櫻井はさらに「(完成した)この場面何度も繰り返し観ましたよ」と、よほどお気に入りの様子。

瀬下監督たちは、こういった役者の良い芝居を受け作品を作っていったわけだが、台詞の少ない霧亥に関して、間があってもその存在感が伝わることに宮野が「伝わる!」としみじみ言ったかと思えば、すぐさま「凄いと思いません??」とお客さんにテンション高く問いかけていく。さらに「少ないから簡単ってことじゃないんですよ。全然!」とまくし立てて会場からは拍手が巻き起こった。ノッた宮野はさらに「櫻井さんの説得力は凄い。あれができるのは櫻井孝宏しかいない。世界探してもいないですよ!」とべた褒め。

そんな空気感の中、瀬下監督は櫻井に言われた「霧亥って何考えているんですか?」という「櫻井さんが僕にボソっと言った、一生忘れないレベルの台詞」を暴露。すぐさま宮野に「めっちゃ褒めてたのに…今、(この話しを出すのは)バッドタイミングですよ!」と突っ込まれて笑いを誘った。

『シドニア』の時に応援してくださったファンの皆様のおかげ

盛り上がったトークもあっという間に終焉の時間に。最後にはそれぞれ見どころを語ってイベントを締めくくった。

雨宮天

雨宮天

雨宮:『BLAME!』は無機質なものが多い中で、人間が生きている息遣いが感じられる作品ですし、戦闘シーンは見どころです!

宮野:オーディションの資料の段階では難しい話かと思ったけど、観て触れてみたらこんなにわかりやすく入り込める作品で。専門用語で突き放してはいないですし、登場キャラクターそれぞれの気持ちを追っていける映画ですね。僕らの集落の話も、生の人間の気持ちが現れているし、霧亥がめちゃめちゃカッコ良いので、楽しんでいたけたら。

櫻井:舞台がとてつもなく広大で、そのスケールの大きさに最大の魅力ですね。ちょっとした怖さに自分の心が揺らぐ作品でもあって。本当に限定公開だというのががもったいないくらい。繰り返し見ていたければと思います!

瀬下:ただただ二瓶先生の独自のSF世界を映像化できて、これも『シドニア』の時に応援してくださったファンの皆様のおかげです。皆さんに愛していただける作品になったと思いますんじゃうような作品。ありがとうございました。

吉平:ドルビーアトモスで音の仕掛けもしているので、大きな画面でSFに没入してもらって、人間ドラマを楽しんでいたければ。

5月20日(土)初日舞台挨拶決定!!

5月6日よりチケットのプレリザーブ(先行抽選)開始。詳細は公式サイトまで。

場所:新宿ピカデリー
時間:【1回目】8:00の上映後 【2回目】11:35回上映前
登壇者:櫻井孝宏、早見沙織、洲崎綾、瀬下寛之監督、吉平“Tady”直弘副監督(予定)


劇場アニメ『BLAME!』
5月20日(土)より2週間限定で全国公開

【キャスト】
霧亥:櫻井孝宏/シボ:花澤香菜/づる:雨宮天/おやっさん:山路和弘/捨造:宮野真守
タエ:洲崎綾/フサタ:島﨑信長/アツジ:梶裕貴/統治局:豊崎愛生/サナカン:早見沙織

【スタッフ】
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
副監督/CGスーパーバイザー:吉平"Tady"直弘
脚本:村井さだゆき
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
主題歌:angela「Calling you」
音楽制作:キングレコードアニメーション
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:クロックワークス
製作:東亜重工動画制作局

フォトギャラリー

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS