「非日常の中にも日常はある」―『散歩する侵略者』黒沢清監督&恒松祐里インタビュー

お気に入りに追加

恒松祐里と黒沢清監督

恒松祐里と黒沢清監督

黒沢清監督の『散歩する侵略者』が滅法面白く、そして、感動的だ。身近な人が、「侵略者」に侵略され、別人になってしまう。そこから、予想もつかない場所に、私たちは辿り着く。恒松祐里は、高杉真宙と共に侵略者を演じているが、抜群の存在感で映画を牽引している。

黒沢:キャスティングの理由としては、まず、演技が確実であろう、ということがありました。あと、本音としては、恒松さんも高杉くんも、これからきそうな人だったから。いまや、ふたりともスケジュールを押さえるのが大変な人になりましたが(撮影時は)伸び盛りでこれから注目の人をいち早く使おうという邪な欲望もありましたね。

未知なる存在だからこそ、侵略者になる。その確信があったのだろう。まさに映画は、恒松扮する女子高校生・立花あきらの登場で幕を開ける。そのインパクトが、作品の強度を決定している。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

恒松:私もびっくりしました。台本ではわかっていたんですが、まさか『散歩する侵略者』というタイトルが、私の顔に出てくるとは!(笑) ああ、まさに私だったのか! と試写を観て感動しました。あのシーンはクランクインの日でしたよね?

黒沢:外を歩いているところは(撮影)初日でしたね。恒松さんも初日。スタッフも初日。一発目がアレだったという。イチかバチかで狙ってみました。ほら、侵略者が散歩してるでしょう、と(笑)

それにしても、画面の中の恒松は、どこからどう見ても侵略者そのものである。

恒松:撮影のときは無でいたほうがいいのかなと。人間の役を演じるときって、裏に意味が隠れていて、人間的な感情がぐるぐるしてて、その上で台詞言ったりするんですけど、今回の役はそういう感情がなかったので、かなり無でその場その場のお芝居の流れだったり、長谷川さんや高杉さんの掛け合いを観察して、彼女だったらこう喋るだろうな、こう行動するだろうなと、考えないで本能的に、その場その場にいた感じはあります。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

人間と、人間ならざる者との境界線はいったいどこにあるのだろう。

黒沢:そこはほんと難しいですね。これは意図的なんですけど、今回3人怪しい侵略者が出てくるわけですけど、侵略者になる「前」はほぼ描いてないんです。恒松さんに関しては「ただいまー」と言うところだけ(笑)

恒松:20秒くらい(笑)

黒沢:あれが唯一でした。それ以外(の2人)は、侵略者に「なった後」からしか出てこない。だから、前はこんな人だったのに、こんなふうに変わったという「変化」を見せるのが主眼ではない。最初から、こんな人がいますと。「元」は重要じゃないんだと。この映画が始まったときはもう、侵略者として存在していればいいと、どこか割り切っていたので。特に俳優の方に、ああしろ、こうしろ、とは言ってないんですけど、前、どんな人だったか、考える必要はありませんと。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

ビフォー/アフターがない。それが、この映画の美徳でもある。

恒松:でも、少しは考えましたよ。(脚本を)読んだときは(そもそも)性格があるのかないのか思いましたね。侵略者に乗っ取られた側のもともとの性格が反映して、いまのあきらになっているのか? とか。でも、きっと、侵略者自身もわかってないなと(笑)。監督も(そのあたりは)ほんわかしていたので(笑)

黒沢:ざっくりでしたね(笑)

恒松:私も(そこはこだわらずに)いいかと思って(笑)。深いことを考えて、うじうじ悩むよりも次の日の撮影をどういうふうに乗り切っていこうか、どういうふうに見せていこうか、そっちを大切にしていました。

黒沢:ほんと、助かりました。そういう俳優の方ばかりで(笑)。恒松さんは特殊な者の日常をさらりと演じる。これはなかなかできないことだと思います。すごいなと。矛盾そのものを演じてしまっている。天性のものに加え、ご本人は何か計算されているのだとは思いますが。ドラマが要求する何かに、ふっとなってしまう。人間を演じる場合は、観察や学習でなんとかなるかもしれない。でも、(ここで演じるのは)人間じゃないですからね(笑)。ドラマが要求するある役割に、はっとなれてしまう。それはすごいなと思いましたね。

恒松:(参考になる存在を)探したんですけど、いなかったですね(笑)

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

映画の歴史には「侵略者もの」という系譜がある。異端のジャンルではあるが、綿々とかたちづくられてきたものが存在する。

黒沢:こういうジャンル、いつかはやってみたいと思っていましたし、ジャンルとしては若干違うんですが、『回路』という映画では、相手は幽霊ですが「侵略される」という似たテーマを扱っていまして。これをやるにあたって少し調べたら、SFって小説ではかなり確立したジャンルとしてありますが、映画ではいっぱいあるんですけど、ジャンルとしては曖昧ですね。じゃあ、SF専門の監督って誰? って言ったら、意外に思いつかないんですよ。ホラーだと何人か浮かぶんですけど。SFって、いろんな監督がちょっとずつ手がけている。巨匠や、世界的に有名な監督のフィルモグラフィを見ると、1本か2本はSFをやっているんですね。だからSFは幅広いジャンル・分野で、ある程度キャリアを持っている監督は、一回か二回は経験するものなのかもしれないなという気がしました。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

黒沢監督は「ホラーの監督」のイメージが強いが、その作品世界はどこかSFにも通じている。『大いなる幻影』にしろ『回路』にしろ『』にしろ、ここではないどこかに飛び立つという意味ではきわめてSF的でもあるのだ。

黒沢:日常的なものと、日常からすると異質なものがぶつかるところ。それを「怖い」という表現でやると一気にホラー化していくんですけど、怖いだけじゃないもう少し別な要素を見出そうとすると、つまりそれはSFということになっていくんだろうと思いますね。

今回で言えば、恒松が体現した「特殊な者にとっての日常」が、まさにSF的なモチーフである。そして、そこから生まれる不思議な情緒が間違いなくあり、わたしたちは、その不思議な情緒に間違いなく癒される。どうやら、わたしたちの体内には、経験したことのない不思議な情緒を感知する神経が宿っているようなのだ。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

恒松:日常にありそう……というか、宇宙とか、他の国、他の生物にならあるんじゃないか。非日常だけど、そう思わせるリアリティがこの映画にはあるんです。それで、すごく不思議な感じにもなったし、(自分の)日常が少し変わるような気がしました。これがプラスされたことで変わっていく。それがすごく面白いなと。他の考え方が芽生えてくるんです。

まさに、それが、SFの本質である。

ここでは侵略者が、人間が大事にしている「概念」を奪う。だが、この映画自体は、わたしたち観客に「あたらしい概念」を授けてくれるのだ。

黒沢:これまでは非常にプライベートなものを描いてきましたが、今回はようやく社会=「外の世界」に向かって開いていくことができました。これが、僕にとっても第一歩です。


映画『散歩する侵略者』
2017年9月9日(土)全国ロードショー

監督:黒沢清
原作:前川知大『散歩する侵略者』
脚本:田中幸子 黒沢清
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

タハール・ラヒム

生年月日1981年7月4日(36歳)
星座かに座
出生地仏・ベルフォール

タハール・ラヒムの関連作品一覧

西島秀俊

生年月日1971年3月29日(46歳)
星座おひつじ座
出生地東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

深津絵里

生年月日1973年1月11日(44歳)
星座やぎ座
出生地大分県

深津絵里の関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • デトロイト発のアメリカ最先端デザインブランド「SHINOLA」が日本上陸 [T-SITE]
  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 【年末まで毎週「坂道の日」】2017年、乃木坂46と欅坂46がタッグで写真集発売! 若月佑美、新内真衣、堀未央奈、与田祐希ら続々発売決定
  • ベイビーレイズJAPAN・傳谷英里香、初グラビアを披露
  • AKB48、乃木坂46、欅坂46…人気アイドルのグラビア満載の『BUBKA』が電子書籍開始
  • ミス・ワールド2017日本代表の山下晴加さん、壮行会で決意あらわ
  • 【銭湯マニア必見】“至福のひととき”を無料で体験できるチャンス
  • キス顔動画が話題のグラドル・星島沙也加が2ndDVD『セカンドキス』をリリース
  • 壇蜜、谷間バッチリの最強コスプレ、“セクシーカウガール”姿を解禁!
  • 博多発のくびれ美ボディ神宮寺かなん「はじめてのDVDでドキドキ。見えちゃった」
  • 【フェチ必見】グアム撮り下ろし最新作!「ふとももカフェ」期間限定オープン

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS