【おさらい】シーザー『猿の惑星:聖戦記』に至るまでの特別映像が到着!

お気に入りに追加

『猿の惑星:聖戦記』

『猿の惑星:聖戦記』/(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

クライマックスを迎えるシリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が10月13日(金)に公開。この度、いかにして赤ちゃん猿が高度な知能を得て、聖戦を戦わなくてはならなくなったのかに迫った特別映像が到着した。

最新作で、遂に地球が“猿の惑星”に…

今回到着した映像では、最新作『聖戦記(グレート・ウォー)』に至るまでの、主人公・シーザーの成長と葛藤の物語が映し出される…。

映像の冒頭で、アルツハイマー病を患う父親を持つ若き科学者ウィル(ジェームズ・フランコ)は、この病気を劇的に治癒する新薬の開発に没頭していた。その薬を投薬されたチンパンジーは脳が活性化し、並外れた知能を示した。そのチンパンジーが産んだ赤ん坊のシーザーも母親の特殊な遺伝子を受け継ぎインテリジェンスを発揮していく。しかし、あるトラブルが原因で動物保護施設に収容されると、猿たちが人間に虐待されている残酷な現実を目の当たりにし、苦悩の末、仲間を率いて、人類への反乱を実行した。シリーズを通してシーザーを演じ続けているアンディ・サーキスは「常に、家族と自分の種を守るためのバランスをとることが問題だ。より大きな全体像に対して、誰もが生き残れるように、人間と猿の間をのバランスをとること。そういうプレッシャーを彼は感じていている」と新薬開発という希望から始まった物語が、戦いへと発展する中でのシーザーの苦悩について明かす。

この言葉を裏付けるように新世紀(ライジング)でも、シーザーと生存者グループの穏健派マルコム(ジェイソン・クラーク)は和解の道を探るが、憎しみを抑えられない猿と人間の両陣営の対立は激化していった。「創世記(ジェネシス)で、他の猿と一緒にされるまでは、彼は自分を人間だと思っていた。そのため、人間に対する敬意と、第一に自分の種を助けようという思いの間で揺れる葛藤に陥り、彼は自分の猿らしさを見つけなければならなかった。その後、彼は、社会を、コミュニティを全力で築き、自分の種である猿を前進させる道を作ることに取り組んだ。前作で描かれたこの部分は、今回は、より大きな脅威のせいで、さらにレベルアップされている」と過去作を振り返り、本作がスケールアップされていることを明かす。

本作では、最愛の家族を失い、復讐の旅に出たシーザーと、彼の宿敵で軍隊を率いる大佐との種の存亡をかけた壮絶にしてエモーショナルな物語が展開。さらに口のきけない謎めいた少女ノバの出現、そして予期せぬ人類の退化により、この惑星の運命が大きく変わろうとしていく…。

前作に引き続きメガホンを執ったマット・リーヴスは「この物語は、シーザーの内面と感情を強く押し出したレベルで見せるが、前2作とはちがうスケールの大きさを見せなくてはならないとも思っていた。なぜならこれは文明の始まりでもあるからだ」といよいよ地球が猿の惑星へと移行することをほのめかす。猿にとっても人類にとっても負けることのできない〈聖なる戦い〉、その歴史的瞬間が遂に明かされる!


映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
2017年10月13日(金) 全国ロードショー

監督:マット・リーヴス  
出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン

猿の惑星:新世紀(ライジング)

猿の惑星:新世紀(ライジング)

出演者 アンディ・サーキス  ジェイソン・クラーク  ゲイリー・オールドマン  ケリー・ラッセル  トビー・ケベル  ニック・サーストン  ジュディ・グリア  コディ・スミット=マクフィー  J・D・エヴァーモア  カーク・アセヴェド
監督 マット・リーヴス
製作総指揮 マーク・ボンバック  トーマス・M・ハメル
脚本 リック・ジャッファ  アマンダ・シルヴァー  マーク・ボンバック
概要 SF映画の金字塔「猿の惑星」を装いも新たにリブートした大ヒット・アクション「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、存亡の危機に陥った人類の対立の行方を描く。監督は新たに「クローバーフィールド/HAKAISHA」「モールス」のマット・リーヴス。シーザーをリーダーとする猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。一方、絶滅の危機に立つ人類は、荒れ果てた都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。そんなある日、生存者グループはダムの水力発電を利用しようと猿のテリトリーに足を踏み入れてしまい、一触即発の事態を招いてしまうのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

出演者 ジェームズ・フランコ  フリーダ・ピント  ジョン・リスゴー  ブライアン・コックス  トム・フェルトン  アンディ・サーキス  デヴィッド・オイェロウォ  タイラー・ラビーン  ジェイミー・ハリス  デビッド・ヒューレット
監督 ルパート・ワイアット
製作総指揮 トーマス・M・ハメル
脚本 リック・ジャッファ  アマンダ・シルヴァー
音楽 パトリック・ドイル
概要 SF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、その起源となる人類文明崩壊への道のりを明らかにしていくSFアクション大作。現代のサンフランシスコを舞台に、最新の生体実験によって脳が飛躍的に発達した一頭のチンパンジーが、やがて自我に目覚めて人類に反旗を翻すさまを、シリーズ初のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使したリアルなVFX映像で描き出す。アルツハイマー治療の目的で開発中の新薬の実験によって、チンパンジーの知能が驚異的に向上する。しかし、投与されたチンパンジーが突然暴れ出し、射殺されてしまう。実験は中止されるが、研究者のウィルは、死んだチンパンジーの赤ちゃんを引き取り、シーザーと名付けて自ら育て始めるのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

映画・音楽・芸能の最新エンタメ情報ならT-SITEニュース エンタメ。公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのクチコミ・レビュー、人気アイドル・バンドのライブレポートから、芸能人・セレブのインタビュー記事まで。TSUTAYA/ツタヤのランキング情報や豊富な画像・写真・動画・ムービーとあわせてお届けします。

T-SITEニュース エンタメの記事を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 下着姿でフットボール?『フリンジマン』“セクシーすぎる”イメージカットを公開
  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS