【映画クロスレビュー】ソー&ハルクが「みんなお待たせ!とばかりに大暴れ! とにかく楽しい『マイティ・ソー バトルロイヤル』

お気に入りに追加

【ストーリー】
アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。
復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。 果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?
死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。

監督:タイカ・ワイティティ

ソー:クリス・ヘムズワース
ブルース・バナー/ハルク:マーク・ラファロ
ロキ:トム・ヒドルストン
ヘラ:ケイト・ブランシェット
ヴァルキリーテッサ・トンプソン

http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br/

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

ハルクとソーが大暴れ! ヴィランのヘラ様も最高にステキ

『マイティ・ソー バトルロイヤル』、できるだけ情報を入れないで観たのですが、こんなに楽しい作品とは思いませんでした!!! 

アベンジャーズのまじめキャラといえば、キャップことキャプテン・アメリカとハルクことブルース・バナー博士、それに対するゆるキャラ(意味が違う)は、社長ことトニー・スタークと兄上ことソー。『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』では、キャップと社長コンビがメインでしたが、今回はハルクと兄上という重量級コンビが、周囲の物をかたっぱしから破壊しながら、ケイト・ブランシェット演じるシリーズ最強の敵、死の女神ヘラと闘います。このヘラさまがそれはもうステキでございまして、いっそヴィラン側についちゃおうかしら、と思う方が続出するのでは。

そしてなによりも本作、明らかに“公式二次創作”としか思えないんですが!!  ハルクと兄上のセリフがどうにもヤバすぎて心拍数上がりました(笑)。えー、それなら観たいんだけど、シリーズ全然観てないし…というあなた! とりあえず『アベンジャーズ』と『マイティ・ソー』だけ観ておけばなんとかなるはず。ソコヴィアとかヴィジョンとか知らない言葉が出てきても、それは本作を観た後でおさらいしましょう! でもやっぱり兄上はロン毛がいいなあ。

【プロフィール】♪akira
翻訳ミステリー・映画ライター。ウェブマガジン「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」、翻訳ミステリー大賞シンジケートHP、月刊誌「本の雑誌」、「映画秘宝」等で執筆しています。

全世界の女子お待たせ! ロキ様ガッツリ出てますよ〜

しばらくご無沙汰だったソー&ハルクを再び大スクリーンで観れる! ということで予告編を観てからずっと楽しみにしておりました。『アベンジャーズ』の面々の中でもソーとハルクって一歩離れて見ている感というか、アイアンマンとキャップの様にとことんこじれていないのが、作品に“抜け”を与えてくれていて大好きなんです。まあ、ソーもハルクも並々ならぬ苦悩を抱えてはいるんですが……。

本作では、これまたスクリーンにはお久しぶりなロキもガッツリ登場。私服ショットまで披露してますから、ロキファンの方は必ず劇場に足を運んでください。って言われなくても観にいきますかね!

逆にアベンジャーズにあんまり興味無いよ、シリーズ多すぎだよっていう方にも『マイティ・ソー バトルロイヤル』はオススメ出来ます。なぜなら、監督がコメディ畑出身の方で会話劇がめちゃくちゃ面白いから。もちろんマーベルシリーズを観ている方が面白さは倍増するとは思いますが、演者が全員魅力的なので観ているうちにあなたもきっとソー達のファンになっちゃうはずです。

有名俳優がどんどんアメコミ作品に出演している昨今ですが、ケイト・ブランシェットの適役起用は驚きました! 『ブルー・ジャスミン』『キャロル』のケイト様が、『シンデレラ』の継母以上に魅力的な敵キャラクターを演じあげています。『ロード・オブ・ザ・リング』のガラドリエルも完全に憑依していた彼女ですし、演技力の高さは私が言わずもがな。美しく恐ろしく強いヘラを堪能してください。

【藤本エリ】
クリス・ヘムズワースを過去にインタビュー。あまりの格好良さに汗だくになったライター。
http://getnews.jp/archives/1465737

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

ガジェット通信

ガジェット通信は、ネットでみつけた面白いもの、使ってみて便利だったガジェット、くすっと笑える出来事などを、楽しく伝える「やわらかニュースサイト」です。

ガジェット通信の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ケイト・ブランシェット

生年月日1969年5月14日(48歳)
星座おうし座
出生地オーストラリア

ケイト・ブランシェットの関連作品一覧

クリス・ヘムズワース

生年月日1983年8月11日(34歳)
星座しし座
出生地豪・メルボルン

クリス・ヘムズワースの関連作品一覧

関連サイト

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!

人気の画像

  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!
  • 久松郁実、海での撮影は砂が「めちゃくちゃ水着に入ってくる」
  • 長澤茉里奈、ニーハイで悩殺? “合法ロリ”は「続けたい」 『まりなだって好きなんだもん』芸能界復帰DVDイベント

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS