“検索ワード”を増やすことでアートがもっと楽しくなる! 検索上手になるためには?

お気に入りに追加

「アンディ・ウォーホール イラストレーション」で検索すると、彼のイラストレーター時代の背景と作品が見えてくる。
『ANDY WARHOL DRAWINGS & RELATED WORKS 1951-1986』

何かわからないことがあれば、すぐにGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索!

私たちの生活にすっかり溶け込んだ検索という行為。そこで重要となるのが、検索ワードだ。検索ワードの組み合わせによって得られる情報は大きく変化する。それはアートにとっても同じこと。代官山 蔦屋書店のアートコンシェルジュ・秀熊麻衣氏は、「アートの検索ワードを増やすことで、一気にアートが身近になるし、より楽しくなると思う」と語る。

「アートには社会状況や学問的な部分も関わってくるので、一見難しそうだなと思うかもしれません。ですが、ロックやパンクなど社会のひずみから生まれた音楽もあり、アーティストがCDジャケットを描いたりもしています。ネット検索の例だったら、単純に3つの単語(アーティスト、美術館、展示など)しかイメージ出来ないと情報が限られてくるけれど、『アーティスト CDジャケット ファッション』などで検索することで、一気に得られる情報が増えていきます」

アートの検索ワードを手に入れるポイント

ただ、「アートをもっと知りたいと思っても専門用語がわからない……」と二の足を踏んでしまう人も多いはず。アートの検索ワードを手に入れるために大事なことは、「専門用語を知ることではなく、ちゃんといろいろなものに反応すること」だとか。

「アートを知ろうと思わなくとも、もっとラフに、自分の好きなものとか興味を持ったもの、純粋にかっこいいと思ったことに気づいてほしいです。ひとつのものに興味を持ったら付随するものがあるはずなので、芋づる式にいろいろなものに繋がっていくんですね。だから、感覚的な部分や感動する部分、自分の趣味趣向を蓄えることが必要です。そこでポイントになるのは、固定概念で否定をしないこと。例えば自分がNGだと思っていることを検索した結果に美術作品が出てきたとします。 その時出てきた作品がものすごく美しかったり、作家の意図が自分の葛藤と同じところから生まれていると知ったとすると、それはその人にとって救いにもなると思う。そういった芸術との出会いがある事でどんな嗜好や情動を持つことも健全だと思えるし、そう思える事で自分の一番強い欲求を濃くすることもできる。勿論コントロールは必要ですが。この意味でもアートは人に寄り添ってくれるし、唯一無二の自分を見つけることができる上に仲間も見つけることができる分野だと思います」

では、具体的にどのようなワードで検索したらいいのだろうか。秀熊氏がいまおすすめする、Gagosian Gallery(ガゴシアン・ギャラリー)刊行の作品集をもとに、いくつかの検索ワードの例を紹介してもらった。

視野が広がる、アートの検索ワード

「アンディ・ウォーホール イラストレーション」で検索

『ANDY WARHOL DRAWINGS & RELATED WORKS 1951-1986』10,957円(税抜)

『ANDY WARHOL EARLY HAND PAINTED WORKS』13,671円(税抜)

ポップアートの巨匠、アンディー・ウォーホール(Andy Warhol)。キャンベルスープやマリリン・モンローなどのシルクスクリーンプリントの作品をイメージする人も多いだろうが、彼のキャリアはイラストレーターからスタートしている。

『「アンディ・ウォーホール ポップアート」ではなくて、「アンディ・ウォーホール イラストレーション」で検索すると、「VOGUE(ヴォーグ)」や「Harper’s BAZAAR(ハーパース・バザー)」などの雑誌に掲載された彼の作品が出てくると思います。イラストレーターとして売れっ子だった彼が、なぜファインアートの世界に移ったのか、なんでそうせざるを得なかったのかというストーリーが見えてくる。そうすると彼自身に興味が沸いてきますよね。作品の奥にウォーホールという一人の人間のさまざまな側面が見えてくるのがおもしろいと思います』

「リチャード・プリンス CDジャケット」で検索

『RICHARD PRINCE CHECK PAINTINGS』9,600円(税抜)

アメリカを代表するアーティスト・写真家であるリチャード・プリンス(Richard Prince)。ソニック・ユース(Sonic Youth)のアルバム『Sonic Nurce』のジャケットは、彼の作品である。

「ソニック・ユースのCDジャケットがかっこいいと思ってクレジットを見るとリチャード・プリンスと出ている。リチャード・プリンスが気になったら、名前で検索すると彼の作品や情報がたくさん出てくるかと思います。それを辿って行くと彼と関係のあった他の作家の作品にも出会えますし、所属ギャラリーにも行ってみようかなと思うかもしれない。アメリカの作家だと知って、アメリカのアーティストに興味を持ったらアメリカに行きたくなるかもしれないですよね」

「ロダン エロティック」で検索

『RODIN ―SUGIMOTO』11,014円(税抜)

彫刻家、オーギュスト・ロダンの代表作「考える人」はあまりにも有名。ガゴシアン・ギャラリーのロダンの作品集は、彼の彫刻作品の持つエロティックさが際立つ装丁。

「ロダンの作品集だとクラシカルなデザインのものが多いんですけど、ロダンの彫刻のセクシーさが引き立った作りになっています。ロダン作品がエロティックな見え方がするというのは、作品に本来込められていたものだと思うんです。ジャケットの妙をすごく感じた作品集です」


ここに紹介した検索ワードは本当にごく一部でしかない。あなた自身の自由な発想で気軽に検索してみると、知らなかったアートのおもしろさに出会えるかもしれない。

(文:岡崎咲子)

【代官山 蔦屋書店】
アートコンシェルジュ 秀熊麻衣 氏

都内ギャラリーでのサポートをした後、2011年に同店のコンシェルジュに。自身も現代アート作家として、現在も制作を続けている。アート界の最先端をチェックすべく、美術館だけでなくギャラリーをチェックすることをライフワークにしている。好きな日本人作家は大竹伸朗。今注目している作家はリー・キット。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

あなたへのおすすめ

  • あなたのT会員番号でTポイントが当たる!T-SITEナンバーくじ[T-SITE]
  • TSUTAYA TVオリジナル番組「イケメンPLANET」
  • お仕事発見T-SITE 希望のアルバイト・パート情報が見つかる!
  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYAランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

SNS・RSS